消化器系一覧

コリアンダーシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コリアンダーと言うとカレーのスパイスやパクチーなどの印象を持たれることもありますが、コリアンダーシード(果実)を原料とする精油は甘くスパイシーな香りが特徴とされています。スパイス系に分類されますが、クセがなく使いやすい精油の一つです。成分的にも鎮静作用を持つリナロールが主成分のため、気持ちの落ち込みを軽減するなどの精神安定効果や不眠対策など心のサポートに高い効果が期待されていますし、消化機能系の不調全般にも有効と考えられています。抗菌・抗真菌作用もあるので、お部屋の空気浄化やデオドラントにも役立ちますよ。そのほか血行促進・リフレッシュ・デトックスなどコリアンダーシード精油に期待されている働き、使用時の注意点などをご紹介します。

クローブバッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

釘に似た形が特徴的で、スパイスやハーブとしても利用されるクローブ。クローブバットの精油はクローブの花(蕾)が原料で、甘さと苦味の混じったスパイシーな香りが特徴です。人によっては「歯医者さん」を思い浮かべるとも言われるように、歯科要約剤などにも使われています。主成分であるオイゲノールには抗菌・抗ウイルス作用や免疫賦活作用が報告されていますし、加温作用により体を温める働きも期待されているため風邪などの感染症予防に取り入れられています。また精神面へは刺激・高揚作用があり、集中力アップや気持ちを明るくする働きも期待されていますよ。そのほかクローブバット精油に期待される頭痛・歯痛・生理痛の緩和などの働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックペッパー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

テーブルスパイスとしてポピュラーな存在である胡椒。同じ胡椒の果実を原料としていますが、未熟うちに収穫し乾燥させたものがブラックペッパー(黒胡椒)となります。精油はホワイトペッパーやグリーンペッパーからも若干製造されていますが採油量が多いこと・芳香が強いことからブラックペッパーが最もポピュラーで、香辛料よりも更に刺激的な香りが特徴です。また「温める」ということに優れた働きを持つ精油と称されており、心を刺激しやる気を高めたり、血行を促して冷え性の軽減をサポートする働きも期待されていますよ。そのほか消化機能サポート・風邪やインフルエンザ予防などブラックペッパー精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

パルマローザ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パルマローザは植物としてはイネ科・レモングラスやシトロネラの近縁種にあたりますが、名前の通りハーバル調の中にバラに似たフローラル感のある香りがあることが特徴。精油はバラ調の香りを作るための香料としても芳香剤や化粧品などにも使われています。主成分は鎮静作用や抗不安・抗うつ作用などメンタル面への働きかけが期待されるゲラニオールで、鎮静作用と高揚作用を併せ持った精油として心のサポートにも取り入れられています。また免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などから感染症予防にも効果が期待できますし、華やかな香りは芳香剤も兼ねてくれるので一石二鳥ですね。そのほかパルマローザ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイム・リナロール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・リナロールはコモンタイム(T.vulgaris)を原料とする精油で、リナロールを多く含むケモタイプ精油の一つ。作用が穏やかで敏感肌の方・お子様に対しても利用されることから、コモンタイムを原料とする精油の中で最もポピュラーな精油とも言えます。特徴成分であるリナロールは鎮静・抗不安作用に優れていると考えられることからストレス・神経疲労の回復や精神安定に、また抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上作用があることから風邪やインフルエンザなどの感染症予防にも役立ってくれるでしょう。そのほか消化促進作用による下痢や便秘の軽減・皮膚利用についてなど、タイム・リナロール精油に期待される作用や使用時の注意点をご紹介します。

コモンタイム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてもお馴染みのタイム。単に「タイム」と呼ぶ場合はコモンタイム(T.vulgaris)のことを指すのが一般的ですが、精油の場合は含有成分により多くのケモタイプが存在しています。その中でコモンタイムと呼ばれている精油は、再蒸留されたホワイトタイムを指すのが一般的。チモールなどフェノール類の含有率が高めのため刺激性がありますが、神経強壮・強心作用が期待できることから血行促進作用や低血圧の軽減・集中力の向上などが期待されています。またチモールやカルバクロールは優れた抗菌・抗ウィルス作用が報告されているので感染症予防にも注目されています。そのほかコモンタイム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タラゴン/エストラゴン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タラゴンもしくはフランス語から「エストラゴン」と呼ばれるハーブは、アニスに似ていると称される甘い芳香が特徴。精油の主成分はエストラゴールを筆頭としたフェノールエーテル類で、消化機能サポートのほか生殖器系の強壮作用を持つ可能性がある精油として無月経・生理不順・生理痛など女性特有の不調軽減効果が期待されています。心を刺激して活力を与えると言われていることと合わせてPMSや更年期障害の不調にも役立ってくれるでしょう。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策などタラゴンの精油に期待される働き、エストラゴールに指摘されている毒性や刺激性・使用時の注意点などをご紹介します。

メリッサ/レモンバーム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンのような爽やかさを含みつつ、ハーバルかつフローラルな香りが特徴のレモンバーム。属名からメリッサとも呼ばれており、古くから様々な用途で使用され「生命のエリキシル(万能薬)」とも呼ばれた歴史があるハーブです。人を選ばない爽やかな香りや、鎮静・抗うつ・強壮作用を兼ね備え精神安定のサポートに優れていると考えられることから精油も人気がある定番商品の一つと言えます。近年は更年期障害やPMSの軽減や、花粉症などのアレルギー対策としても注目されていますが、採油率が低く偽和も多いため購入時には注意が必要です。そのほかレモンバーム精油に期待される作用やスキンケアなど皮膚利用について・使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link