塩分・アルコール過剰でむくむ理由

お酒を飲んだ翌日や、味付けの濃いものを食べた後にむくみやすい事はよく知られています。これは血中ナトリウム・アルコール濃度が高くならないように水分で希釈しようとすること、脱水を防ごうとという反応にによるもの。この結果としてもむくみは起こりますが、習慣化することで塩分の場合は腎臓・アルコールの場合は肝臓を疲労させる

熱生成低下は筋肉量不足・栄養不足の可能性大

冷え性の改善には、体内で熱を作って循環させ内側から温めることが必要。その熱を生むためために必要な筋肉が少ないと冷えてしまいます。筋肉のエネルギー生成の割合(基礎代謝量)が少ないと結構が良くても温まっていない血液が流れてしまうため冷えは解消されません。また熱を生み出すためには食べ物から摂取されるビタミンやミネラル

ストレス・自律神経の乱れと冷え性

ストレスで冷えると言われるのは「自律神経が乱れる」ことが直接的な原因です。精神的なストレスだけではなく肉体・環境ストレスや女性ホルモンの変動などによっても、自覚症状がないままに自律神経の乱れや冷えが悪化している可能性もあります。大抵の場合交感神経が活発化していますから、副交感神経を活発化させるよう意識すると良い

血液循環・皮膚感覚と冷え性

冷えの原因はストレス・自律神経・ホルモンバランスなど様々なものがありますが、最終的には血液循環が低下してしまうことと体温を維持する熱量を発生させられないことに行き着きます。代謝によって生成された“熱”を血液が温かいうちに運ぶ、体が冷えているから温めようと指示を出す「皮膚感覚」がしっかりと働くことで体温を適正に

生理痛の原因・悪化要因、プロスタグランジンとの関係

生理痛原因物質として子宮を収縮させて月経を促す作用を持つプロスタグランジンという物質が挙げられます。プロスタグランジン過剰はエストロゲンなどのホルモン過剰からも引き起こされますし、血液循環が悪いとプロスタグランジンが骨盤内に滞ってしまうことで生理痛が長引く、ストレスによる自律神経の乱れでホルモンバランスが乱れる

Sponsored Link