バジル・リナロール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとして、料理に使う香辛料・香味野菜としてもおなじみのバジル。バジル・リナロールはスイートバジルを原料としたケモタイプ精油ですが、バジル系精油の中では安全性が高いことが特徴。ほかバジル系精油は毒性・刺激性が高いため、単に「バジル」と呼ぶ場合はバジルリナロールを指すのが一般的となっています。また代表成分のリナロールは鎮静・抗不安作用が期待出来ることからストレスや精神的な疲労軽減をサポートしてくれるでしょう。1,8-シネオール・オイゲノールなども含むため抗菌・抗ウィルス用としても役立つと考えられています。そのほか消化器系への働きかけや皮膚利用についてなど、バジル・リナロール精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

プチグレン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油です。スイートオレンジやレモン、マンダリンもしくはタンジェリンなどの樹の葉から採油された精油も“プチグレン”と総称されることがありますが、成分比率が異なるため注意が必要。ビターオレンジを原料とするプチグレン精油は、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含んだ香りが特徴。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれるため鎮静と高揚の両作用から精神面をサポートしてくれるでしょう。そのほか自律神経を整える・不眠を軽減する・胃腸機能をサポートする・デオドラントほかプチグレン精油に期待される作用や効果、使用時の注意点をご紹介します。

タンジェリン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タンジェリンはマンダリンと植物としてはほぼ同一とされていますが、精油としてはマンダリンよりも優しい「みかん」という印象の香りを持つことが特徴。精油成分としてはリモネン含有率が高く、リラックス・神経疲労緩和などメンタルサポートにも効果が期待されています。お腹の不調、特にストレス性の胃痛・便秘・下痢・食欲不振にも効果が期待できるでしょう。またマッサージオイルとして利用することで血行促進作用を発揮し、末端冷え性などの改善にも役立つと考えられています。クセの少ない爽やかな柑橘系の香りなので、場所やシュチュエーションを選ばず利用できるもの嬉しいところですね。そのほかタンジェリン精油に期待される作用や、光毒性など使用時の注意点をご紹介します。

マンダリン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ミカンを連想させるタンジェリンに対し、フローラルさの混じった甘い柑橘系の香りを持つマンダリンの精油。作用が穏やかで扱いやすい精油の一つにも数えられていますし、交感神経を鎮静させることで精神疲労やストレス緩和にも有効とされています。成分としてはリモネンが多いので消化器系への働きを助ける働きも期待できますし、γ-テルピネンの働きから風邪・インフルエンザなどの予防や初期症状ケアにも繋がります。ティートリーなどの薬品っぽい香りが苦手な方も取り入れやすいですね。スキンケアとして利用した場合の作用や、血行促進作用や鬱滞除去作用によるむくみ・セルライト対策など、マンダリン精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

ヤロウ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから薬草として利用されてきた歴史を持ち、ギリシャ神話の英雄アキレスにちなんだ学名を持つヤロウ。精油はカモミールジャーマンのような濃い青色が特徴的で、アズレン誘導体(カマズレン)による抗炎症作用が期待できることから皮膚トラブル緩和・スキンケア用としても注目されています。スパイシーさを含む薬草っぽい香りには鎮静・高揚両作用があるとされており、精神を整える・直感力を高めるとも言われています。また女性ホルモンのバランスを整える働きから月経トラブルや生理前の不調に用いられる他、感染症予防やむくみ軽減などにも肌広く取り入れられているヤロウ精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介しています。

ジンジャー/生姜精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

世界中でスパイス・薬味として利用されているジンジャー(生姜)。日本にも3世紀頃に中国から伝えられ生薬として大切にされていましたし、近年でも体を温める働きが知られ温活・冷えとり商品などで定番と言える存在。ジンジャー精油はややウッディー調の印象を持つ「生姜」のイメージとは異なる強くスパイシーな香りですが、食材としてのショウガと同様に血行促進・加温作用による体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用と合わせて風邪予防や、胃腸の調子を整える働きもあると考えられています。そのほか気持ちを明るくしたり集中力・記憶力アップを促すなど、ジンジャー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ラバンジン(ラバンディン)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。安価なラベンダー風香料・偽和剤というマイナスイメージがあった時期もありますが、近年はそのスッキリと力強い香りや成分を持つことが認められ、アロマテラピーでも一つの種として評価されています。男性向け化粧品に用いられることが多い理由でもあるラバンジンのシャープ香りはカンファーによる所が大きく、リフレッシュ効果や鎮痛作用も期待されていますよ。特に筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待できるという声も多く、コスパの良さから虫除けや空気清浄用としても使用されています。そのほかラバンジン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

クラリセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴のクラリセージ。マスカットワインの香り付けにも利用されるためマスカット・セージとも呼ばれています。セージ類の精油の中では扱いやすこと・優しく温かみのある香りから需要も多い精油ですよ。成分としては酢酸リナリルが多く含まれており、優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させる働きが期待されています。またエストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから、子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つとして月経不順・PMS・更年期障害など女性の不調軽減にも取り入れられています。そのほか不眠対策や頭痛対策・皮膚利用についてなど、クラリセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link