18/22ページ

18/22ページ

バジル・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

食材としてもお馴染みのスイートバジル。バジル・リナロールはスイートバジルを原料とする精油のうちリナロールを多く含むケモタイプ精油。リナロールは鎮静・抗不安作用が期待出来ることからメンタルサポートに効果が期待されいますし、1,8-シネオールなど抗菌・抗ウィルス作用を持つ成分が多い

プチグレン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

タンジェリン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タンジェリン精油は日本人にとって「みかん」を連想させる香りが特徴で、親しみある香りやリモネン含有量の高さからリラックス・神経疲労緩和などメンタルサポートに効果が期待されています。主成分がリモネンですからお腹の軽減にも使用されていますし、マッサージオイルとして利用することで血行促進作用

マンダリン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

マンダリン精油はフローラル感のある甘めの柑橘系の香りがあり、作用が穏やかで扱いやすい精油の一つ。成分としてはリモネンが多いので消化器系への働きを助ける働きも期待でき、交感神経を鎮静させ精神疲労やストレス緩和を手助けしてくれる精油とも考えられています。風邪・インフルエンザなど

ヤロウ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから薬草として利用されてきた歴史を持つハーブ、ヤロウ。精油は薬草感の強い香りで、カモミールジャーマンのような濃い青色が特徴。アズレン誘導体(カマズレン)による抗炎症作用が期待され皮膚トラブル緩和・スキンケア用として注目されています。また気持ちを落ち着ける手助け、女性ホルモン

ジンジャー/生姜精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

世界中でスパイスとして利用されているジンジャー(生姜)。精油はウッディー調とスパイシーさの入り混じった印象で、私達の思う生姜のイメージとは異なる香りです。作用成分は違いますが、精油も食材のショウガと同様に血行促進・加温作用によって体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用

ラバンジン(ラバンディン)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。力強くシャープ香りはカンファーによる所が大きく、鎮痛作用によって筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待されています。安価なラベンダー風香料と考えられた時期もありますが、近年は

クラリセージ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クラリセージの精油はフルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴で、セージ系精油の中では扱いやすい存在。酢酸リナリルが多いため心のバランスを整えることが得意な精油とされていますし、エストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから月経不順・PMS・更年期障害など女性

1 18 22