ウィンターセイボリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フレンチやドイツ料理に使われるスパイスの一つ、セイボリー。主にサマーセイボリーとウィンターセイボリーの二種類が使われており、サマーセイボリーの方が香気が柔らかいとされていますが、日本で精油としてはウィンターセイボリーの方が多く流通しています。消毒薬を連想させるようなツンとした香りを持ち、カルバクロールやパラシメン・チモールなどのフェノール類を多く含んでいることが特徴。優れた抗菌・抗真菌作用や抗炎症作用を持つとして欧米では風邪などの感染症予防・皮膚トラブルのケアに使われることもありますが、自己判断での皮膚利用は避けるべき精油でもあります。そのほかウィンターセイボリーについてや、精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

アガーウッド(沈香/伽羅)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本では“沈香”もしくは高品質の沈香を指す“伽羅”の名で知られるアガーウッド。香木でもありますし精油原料となるのも木部ですが、他の樹木のように元々芳香を持っているのではなく、傷や病気によって分泌された樹脂が分解・変質して香気成分になるという特徴があります。このためアガーウッドは世界的な高級品で、精油も「最も稀少かつ最も高価」と称されています。香りはややバルサミックで濃厚。希少なこともあり自然療法で提唱される効果効能の真偽ははっきりしていませんが、リラックスや安眠を見守ってくれる香りとして取り入れてみても良いかも知れません。そのほかアガーウッド精油に期待されている働きについてや、使用時の注意点などをご紹介します。

ランタナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

和名で“七変化(シチヘンゲ)”と呼ばれカラフルな花の色から、香料としてよりも観賞用・園芸用植物として人気のあるランタナ。ランタナの花の香り自体は甘くパウダリーですが、ランタナ精油はウッディー系もしくはスパイシー系に分類される個性的な香りが特徴的。毒性のあるケトン類が含まれていることからアロマテラピーでは利用されておらず、取扱に注意が必要なため家庭内でのセルフケアとしての使用には適していません。しかし抗菌性や抗アレルギー作用に優れているという報告もなされていることから、今後の研究に期待されているハーブの一つでもありますよ。そのほかランタナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シラントロ/コリアンダーリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シラントロやコリアンダーリーフとも呼ばれる、タイ料理などでもお馴染みのパクチーから抽出された精油。パクチーと言えば別名“カメムシソウ”とも呼ばれる独特の芳香がありますが、精油はパクチーよりも柔らかく柑橘系っぽさを含む爽やかな香りが楽しめます。精油の歴史が新しくアロマテラピーでは利用されていませんが、モノテルペンアルコール類のリナロールを含むことからストレス軽減やリラックスに役立つのではないかと考えられています。近年はデセナールなどいくつかの精油成分に有害物質・化学物質の解毒や排泄を促す作用を持つ可能性があることも報告され注目されています。そのほかコリアンダーリーフの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックバーチ/スイートバーチ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブラックバーチオイルは精油成分のうち約95~99%を“サリチル酸メチル”が占めていることが特徴です。毒性・刺激性の指摘されるサリチル酸メチルを多く含むため、使用に注意が必要とされる精油の一つで、ウィンターグリーンに似た湿布を連想させる薬品系の香りを持っています。毒性や取扱の難しさから使用自体避けるべき・専門家の監修がない場合の使用を避けるべきという見解も多く家庭用として販売されることはほとんどありませんでしたが、近年は鎮痛作用や抗炎症作用に優れる精油として一部で取扱されるようになっています。当サイトでは知識としてブラックバーチやサリチル酸メチルに期待される働き・注意点を紹介しますが、使用を推奨するものではありません。

ホーリーバジル/トゥルシー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドの伝統医術アーユルヴェーダで用いられるハーブとしてや、神聖なハーブ・万能のハーブとして紹介されることもあるホーリーバジル。近年はストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンの一つとしても注目されているハーブの一つで、精油もストレスへの抵抗力を高める働きが期待されています。重めのハーバル調と称される香りですが、主成分はオイゲノールでクローブに似た甘さとスパイシーさを含むことも特徴的です。オイゲノールの働きから消化機能系のトラブル軽減や風邪予防、歯痛・頭痛・関節炎などの痛み緩和にも効果が期待されています。そのほか抗菌・抗カビ作用などホーリーバジル精油に期待される働きや、皮膚刺激性など使用時の注意点についてもご紹介します。

モミ(トドマツ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年“和精油”の一つとして注目されているモミ精油。モミは狭義で学名Abies firmaを指しますが、精油として流通しているのは北海道に分布しているトドマツを原料としたものが多くなっています。トドマツ精油は軽いカンファー感のある爽やかな森の香りで、ボルニルアセテート(酢酸ボルニル)・α-ピネン・リモネンなどが含まれているためリラックスや安眠サポートにも役立つと考えられていますよ。また抗菌作用を持つ成分を多く含むため風邪やインフルエンザなどの感染症予防に、抗炎症作用を持つカンフェンを含むことから呼吸器系の不調軽減にも効果が期待されています。そのほかモミ(トドマツ)精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ガランガル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガランガルはインドネシアやタイなどで香辛料として用いられているショウガ科植物で、月桃と同じくハナミョウガ属に分類されています。精油の原料として使われるのは主に大ガランガルと呼ばれる種類で、やや甘さのある生姜に似た香りが特徴とされています。酢酸ゲラニル・リナロールなど様々な成分が含まれており、リフレッシュ効果や気持ちを前向きにするためのサポートにも役立つと考えられていますよ。また主成分が1,8-シネオールのため風邪予防や呼吸系の不調軽減に、伝統医療における利用の歴史と合わせて消化器系の不調緩和にも効果が期待されています。そのほか疲労回復促進などカランガル精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link