真正ラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとしても定番であり、アロマテラピーが出来るきっかけになったとも言われるラベンダー。近縁種にはスパイクラベンダーやラバンジンなどもありますが、ハーブとしては真正ラベンダー(Lavandula offinalis)が最も広く用いられています。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含むため、鎮静作用や抗不安・抗うつ作用が期待されています。優れたリラックス効果から安眠サポートとしても用いらるほか、肌を柔らかく潤いある状態へ整えるエモリエント成分としてスキンケアにも取り入れられています。そのほか鎮痛・消化器促進・抗炎症作用・殺菌・免疫力強化など真正ラベンダー精油に期待される働きや、ハーブの紹介・オススメのブレンドについても紹介します。

イランイラン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の由来が“花の中の花”とも言われるように、甘く濃厚な香りが特徴的なイランイラン。かつては「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれていた時期もありますが、現在では華やかでセクシーかつブレンドしやすいことが高く評価されています。精油は同じ原料から分留されるため、エクストラもしくはスーペリアと呼ばれるものが最高ランク。鎮静・高揚両方の作用を持つため心のサポート役立つと考えられていますし、血行促進作用やホルモンバランス調整作用と合わせて生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調軽減にも取り入れられていますよ。そのほか催淫作用についてやスキンケアへの活用など、イランイラン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アンジェリカルート/アンジェリカシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンジェリカはヨーロッパで古くから用いられてきたセリ科ハーブで、日本では西洋当帰(ヨーロッパ当帰)とも呼ばれています。現在でもハーブティーなど様々な形で用いられていますが、精油の場合は「不安と力の精油」とも称され精神面の不調を緩和・解決に優れた存在と考えられています。ルートオイルはやや土っぽい香りですがストレスケアとして広く用いられており、自律神経のバランスを整える働きが期待されるため消化器系など肉体面の不調にも利用されています。そのほか女性ホルモンのバランスを整える作用や加温作用・利尿作用などから“女性の為の朝鮮人参”とも称されているアンジェリカとその精油について、期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

生理前のむくみと女性ホルモンの関係

女性ホルモンのうち生理前(黄体期)に分泌量が多くなるプロゲステロンには水分を蓄積させる働きがあり、PMSの代表症状の一つともされているように生理前はむくみやすくなります。また月経期間や終了後もむくみが残るのはエストロゲンの働きで血管が拡張され一時的に水分不足状態になる・プロゲステロン分泌量の低下が少ないことなど

血行不良・冷え性とむくみの関係

主に冷え性は動脈系の流れが悪いこと・むくみは静脈系(リンパを含む)の流れが悪いことから起こりますが、体が冷えると代謝低下や筋肉のこわばりで静脈やリンパの流れが悪くなる⇒セルライトが循環を邪魔するなどの関わりがあると考えられます。体を温めようと血行促進だけに重視すると静脈の流れが追いつかず、むくみが悪化する可能性

水分過剰・水分不足とむくみの関係

みくみと切っても切れない関係にある水分。水分は血液やリンパ液などの体液・体温調節を行うために利用されますが、水分が不足した場合は脱水予防のため抗利尿ホルモンが分泌され水分を溜め込もうとします。と言って摂りすぎると血液やリンパ液が増えるものの循環・処理が追いつかなくなってしまいます。正しい水分補給は少しずつマメに

栄養不足によってむくみが起こる理由

むくみの解消に摂取したい栄養素と言えばミネラルの一つ「カリウム」が知られていますが、むくみ対策において天敵のように扱われている塩分(ナトリウム)も不足するとむくみの原因になりますし、それ以外のビタミン・ミネラル・タンパク質不足などもむくみを気に起こしますから、一つの成分の大量摂取ではなく、バランスの良い栄養摂取

塩分・アルコール過剰でむくむ理由

お酒を飲んだ翌日や、味付けの濃いものを食べた後にむくみやすい事はよく知られています。これは血中ナトリウム・アルコール濃度が高くならないように水分で希釈しようとすること、脱水を防ごうとという反応にによるもの。この結果としてもむくみは起こりますが、習慣化することで塩分の場合は腎臓・アルコールの場合は肝臓を疲労させる

Sponsored Link