ペパーミント精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

眠気覚ましの定番、乗り物酔いや二日酔いにも

ペパーミント(Peppermint)

ペパーミントとは

眠気覚ましのガムや歯磨き粉などの口腔ケア用品でもお馴染みのペパーミント。爽やかでクールな印象から男性用香水や化粧品をはじめ、服や空間用の消臭芳香剤・入浴剤・洗剤類などラベンダーと並んでメジャーな存在ですね。
ハーブとしての利用幅も広く、ラムやマトンなど羊肉料理用・魚の詰めもの料理などの臭み消しとしても利用されていますし、夏場にはハーブティーも良く紹介されていますね。お菓子類やマウスウォッシュなどでも「ミント感」を強く押し出したい場合はペパーミントを用いることが多いようです。ペパーミント精油というとミントリキュールのような青緑色を連想される方もいらっしゃいますが、あの色は着色されたものであり精油自体は淡い黄色をしています。

ミントの種類は数百とも言われるほど多く存在していますが、ハーブ・芳香用(精油など)として利用されるのはペパーミント系とスペアミント系が大半を占めています。日本の場合はこれに和ハッカを加えた3つがミントもしくは薄荷としてよく知られていますね。ペパーミントはウォーターミントとスペアミントの自然交配種とされています。スペアミントより小ぶりで、シャープな形の葉をしているのが特徴です。精油の主成分はメントールですが和ハッカよりも含有率が低く、香りに甘みがありますので他の精油とブレンドする場合にも利用しやすいでしょう。

ミントの属名Menthaはギリシャ神話に登場する妖精“Minthes(メンター)”が由来とされています。メンターは冥界の王ハーデスに愛されたことで彼の妻ペルセポネーに嫉妬され、姿を変えられミントになったという伝説があるのだとか。種子名のpiperitaは「コショウのような」という意味を持ち、ペパーミントのメントールの香りが刺激的であったことに由来しています。
ペパーミントがいつ頃出来たかは定かではありませんが、ミント類自体は人との関わりの深いハーブと考えられています。紀元前1000年頃のピラミッドからペパーミントの葉が発見されていますし、古代ローマではペパーミント・スペアミントを区別した記録が残っていますので、紀元前のうちには存在が認識されていたと考えられています。

古代ローマではハーブとして飲食物の香り付けに使われただけではなく、お酒で酔いが回っているときに良いとしてペパーミントで編んだ冠を被っていたという逸話も残っていますし、現在で言う入浴剤のような形で利用されていたという説もあります。現在でもイギリスなどではペパーミント精油が医薬品として利用されていますが、古代ギリシャ時代から利用されており“医学の父”ヒポクラテスも胃腸薬や気付け薬として処方していたと伝えられています。

基本データ

通称
ペパーミント(Peppermint)
学名
Mentha piperita
和名
セイヨウハッカ(西洋薄荷)、コショウハッカ(胡椒薄荷)、目覚め草
原料植物
ペパーミント
湿気のある気候条件で良く育ち、雨の多いイギリス産のものは最上級品と言われています。繁殖力が強く爆発的に増えるので、お庭で栽培するときは要注意なのだとか。
科名/種類
シソ科ハッカ属/多年生植物
主産地
イギリス、アメリカ、イタリア、オーストラリア
抽出部位
葉と花の咲いた先端部分
抽出方法
水蒸気蒸留法
淡い黄緑色
粘性
低い
ノート
トップノート
香り度合い
とても強い
代表成分
ℓ-メントール、ℓ-メントン、1,8-シネオール、メントフラン、リモネン
おすすめ
入浴、芳香浴、ヘアケア、スキンケア

清涼感のあふれる強いメントールの香り

こんなお悩みにオススメ

【精神面】

  • 気分をシャッキリさせたい
  • 眠気覚まし・集中力アップ
  • 冷静になりたい時に
  • 集中力を高めたい時に
  • リフレッシュしたい時に
  • イライラ・情緒不安定
  • ストレス・神経疲労
  • 気持ちの落ち込みに

【肉体面】

  • 消化不良・便秘・お腹の張り
  • 胃もたれ・胸焼け・吐き気
  • 二日酔い・乗り物酔い緩和
  • 頭痛・筋肉痛や打撲の鎮痛
  • 鼻ずまり・花粉症の軽減に
  • 風邪・インフルエンザ予防
  • 日焼け・皮膚炎症に
  • 虫刺されや水虫の痒みに
  • 脂性肌・ニキビケア
  • 体臭予防・暑さ対策に
  • 抗菌・虫よけ剤代わりに

ペパーミントに期待される効果・効能

心への作用

ペパーミントの香りはメントールなどによりシャッキリするような清涼感があり、眠気を冷まして意識をはっきりとさせたい・集中力を高めたい時に役立つ香りとして親しまれています。気分のリフレッシュ効果に優れていることもあり、ドライバー用の香りや眠気覚ましのガムなどでもお馴染みですね。集中力を高めることで作業効率を高めたり、インスピレーションが欲しい時などにも良いと言われています。

ペパーミントというとシャッキリ・覚醒というイメージが強いですが、主成分のメントールには鎮静作用があると言われておりイライラ・怒り・興奮を落ち着けて心を冷静にする作用もあると考えられています。リフレッシュ効果と気持ちを落ち着ける働きがありますので、ストレスや神経疲労などで気持ちが落ち込んでしまっている時にも元気や前向きさを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。鎮静と覚醒の両作用で心のバランスをとって精神安定効果が期待できます。

Sponsored Link

体への作用

ペパーミントの代表的な作用として健胃作用など消化器系への働きかけがあります。ヨーロッパではおなかを壊したときにペパーミントティーというのも民間療法として一般的なほど。この作用をもたらすのは主に芳香成分メントールの働きとされていますから、ペパーミントの精油も消化不良や食欲不振、便秘、吐き気、胃痛などに有効とされています。胃の神経の末端を麻痺させる働きもあると言われており、二日酔いや車・船などの乗り物酔いによる気分の悪さや吐き気止めとしても活用されています。

加えてメントールには鎮痛作用があり頭痛や偏頭痛、筋肉痛、捻挫や打撲などの外傷まで、様々な痛みの緩和にも有効とされています。鎮痛作用のほか若干の通系作用もありますので、生理痛や少量月経にも効果が期待できると言われています。精神面への働きと合わせて生理前~生理中のイライラ・ぼんやり感の緩和などにも効果が期待できるでしょう。

また呼吸器関係のトラブルにも効果的で、特に風邪や花粉症による鼻ずまりの解消に役立つとされています。抗菌、殺菌、抗ウィルス作用などもありますので、風邪やインフルエンザなど感染症予防対策として室内に拡散させておいても良いかもしれません。

その他作用

肌への働きかけ

ペパーミントの精油は抗炎症作用や軽い麻酔・冷却作用がるとされており、日焼け後の肌や炎症を起こした肌のケアに役立つと考えられています。またかゆみを抑える作用にも優れているほか、抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用がありますので、虫刺されや水虫(白癬)の痒み止や炎症改善にも取り入れられています。

そのほかに収斂作用があるため、脂性肌のケアや頭皮に利用することで髪の脂っぽさ・ベタツキの解消に役立つとされています。メンズ用のシャンプーなどにも配合されていますね。収斂作用と殺菌・抗炎症作用が複合して働くことでニキビのケアなどにも有効とされていますし、脂漏性皮膚炎やそれに伴うかゆみ軽減などにも効果が期待できるでしょう。

肌に対しても様々な働きが期待されているペパーミントですが、皮膚への刺激が強いため敏感肌の方や炎症が思い方の場合は使用に注意が必要です。肌の状態を悪化させてしまう可能性もありますので、低濃度に希釈してパッチテストを行った後に利用するようにしてください。

暑さ対策・入浴剤として

近年夏になるとミント系を使った暑さ対策グッズが多く流通しています。冷涼感ある香りも勿論ですが、メントールには「冷感作用」と呼ばれる冷感受容体というタンパク質を刺激する働きがあるため、皮膚につくと冷たく感じるというのも大きなメリットとなっていますね。このメントールの冷感作用は実際に体を冷やしているわけではなく、いわば脳を騙しているような状態です。

実際に体を冷やしているわけではありませんから、オフィス内での冷えが気になる方なども安心して利用することが出来ますし、入浴剤として利用すると暑さを感じずに体を温めることが出来ます。メントールには消臭効果もありますので、入浴剤やボディーローションとして利用することでお風呂上がりもサッパリと過ごすことが出来ます。メントール含有量の多さで見ると和ハッカ(ハッカ油)の方が高いのですが、ペパーミントのほうが甘さのある香りですので香りが残った際や、化粧品や香水の香りと混じる可能性がある方の場合は使いやすいかもしれません。

抗菌・消臭・虫よけ剤として

ニキビや体臭予防だけではなく、メントールはお部屋の抗菌・消臭用としても活用することが出来ます。またメントールには昆虫忌避性もあり、蚊やアリをはじめゴキブリ避けにも効果が期待できます。ペパーミントの香りはネズミが嫌うとも言われていますから、台所やゴミ箱などにスプレーして利用してみてください。完全に駆逐するには至るかは微妙なところですが、消臭も兼ねてくれますので使い勝手は良いでしょう。天然香料なので安心感があることも嬉しいですね。

ペパーミントの利用について

相性の良い香り

柑橘系の香りと相性がよく、ウッディー系のやハーブ系の香りとも比較的組み合わせやすいでしょう。

【ペパーミントのブレンド例】

ペパーミント精油の注意点

  • 妊娠中・授乳中の使用は避けてください。
  • 皮膚への刺激が強いため使用量に注意し、敏感肌の方は事前にパッチテストを行いましょう。目の周りへの使用は避けてください。

  • アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • 当サイトに掲載している情報は各種検定とは一切関わりがありません。

こちらもオススメ