皮膚炎症

5/6ページ

【アロマ】ミルラ(没薬)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界で歴史ある薫香の1つとも称されるミルラ。キリスト誕生時に捧げられた没薬もミルラのことを指します。精油は甘くスモーキーな香りが特徴で、鎮静作用と高揚作用によって心のバランスを整える働きが期待できる精油に数えられています。また抗炎症作用がある・シワ対策などエイジングケアに

【アロマ】フランキンセンス(乳香/オリバナム)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモンのような爽やかさ含んだ香りが特徴のフランキンセンス。オリバナムもしくは日本では“乳香”とも呼ばれています。世界屈指の歴史を持つ薫香の一つで、精神的な部分でのサポートやスキンケア精油としても注目されている存在。様々なフランキンセンスの効能が囁かれていますが、精油に含まれない

【アロマ】レモンバーベナ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

呼び名の通りレモンや柑橘系を連想させる、スッキリとした中に甘さを含む香りが特徴的なレモンバーベナ。精油は化粧品類や食品類の香料としても利用されおり、主成分はリモネンやシトラールなどで消化機能のサポートや風邪予防に役立つと考えられています。鎮静作用が期待できる成分が多く、スッキリ

【アロマ】パインニードル/スコッチパイン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

スコッチ・パインの針葉を原料とした「パインニードル」は、ドライな森の香りを持つ精油。α-ピネンやリモネン含有率がく、リラックス効果や風邪予防・呼吸器系トラブルの軽減が期待できる香りとして用いられてます。近年は優れた抗炎症作用を持つ可能性がある精油としても期待されていますが

【アロマ】ヤロウ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ヤロウはカモミールジャーマンと同じくアズレン誘導体(カマズレン)を含む濃い青色をしていることが特徴で、抗アレルギー作用・抗炎症作用や皮膚組織再生促進作用など皮膚ケアに役立つ可能性があると注目されています。香りはスパイシーを含んだ濃厚なハーバル調で、重い印象があるので好き嫌いが

【アロマ】ラバンジン(ラバンディン)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ラベンダー調の香りを作るために使われることでも知られるラバンジン。力強くシャープ香りはカンファーによる所が大きく、鎮痛作用によって筋肉痛・関節痛・リウマチなどのケアに対してはラベンダーより高い効果が期待されています。安価なラベンダー風香料と考えられた時期もありますが、近年は

【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系の爽やかさとフローラル感の混じった、柔らかく上品な香りを持つベルガモット。紅茶アールグレイの香りとしても有名ですね。柑橘類精油では唯一“酢酸リナリル”を含んでおり、精神や神経バランスを整える働きに優れた精油としても注目されています。そのほか消化器トラブル緩和、抗菌・抗ウィルス

【アロマ】ペパーミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待されています。風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますし、消化器系のサポートにも使われますよ。メントールには鎮痛作用

1 5 6