冷え性一覧

ジュニパーベリーのアロマ(精油):効果効能紹介

ジュニパーベリーはヒノキ科樹木の実から採油される精油で、心と体を浄化する精油として知られています。負の感情を洗い流すリフレッシュ作用や、尿・発汗・解毒・老廃物排出促進作用などデトックスに役立ちます。むくみや冷え性の改善にも適しておりセルライトケアにも利用できます。脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどにも

檜/ヒノキのアロマ(精油):効果効能紹介

私たち日本人にとって馴染み深いヒノキの香りはウッディー系の香りが苦手な方でも比較的受け入れやすい香りです。森林浴効果やリラックス・強壮作用があるαピネンを主成分とするためストレス対策やリラックス効果も高く、また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用から

シナモンリーフのアロマ(精油):効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香でスパイスの王様とも呼ばれるシナモン。生薬「桂皮/肉桂」として冷え性改善や消化機能向上など用いられており、精油も同様に冷えによる消化器系の不調・関節痛の緩和などに用いられます。また消毒作用、抗感染・抗ウイルス作用から感染症予防に、刺激・高揚作用から気持ちを明るくしたいときや集中力

ナツメグのアロマ(精油):効果効能紹介

アーユルヴェーダや漢方で生薬としても用いられているナツメグ。甘さをもちムスク感のある香りは胃腸への働きかけに優れており、便秘や腹部膨満感緩和にも用いられます。体を温める働きがあるほか女性ホルモン(エストロゲン)様作用があるため女性の不調にも効果が期待。精神面には刺激作用があり、リフレッシュや神経疲労

コリアンダーのアロマ(精油):効果効能紹介

コリアンダーの精油はスパイス系に分類されますがクセがなく使いやすい精油です。鎮静作用を持つリナロールが主成分のため精神安定や不眠対策として役立つほか、刺激作用によるリフレッシュ・集中力向上効果も期待できます。消化器系の不調や血行促進、デトックス効果など効能は幅広く、ゲラニオールを含むためエストロゲン

クローブバッドのアロマ(精油):効果効能紹介

クローブの花(蕾)から採油された、甘さと苦味の混じった香りを持つクローブバット精油は体を温める働きや優れた抗菌・抗ウイルス作用から風邪などの感染症予防に有効です。精神面へは刺激・高揚作用があり集中力アップや明るく元気な気分になりたい時にも適しています。頭痛・歯痛・生理痛など痛みの緩和、冷え性・低血圧

ブラックペッパーのアロマ(精油):効果効能紹介

テーブルスパイスとして日本でも身近な存在ブラックペッパー(黒胡椒)。「温める」ということに優れた働きを持つ精油で、疲れきった心を温めたり、末梢血管に血液を送って末端冷え性の改善にも有効です。ドライでシャープな香りは心を刺激しやる気を高めたり神経強壮に役立つほか、消化機能サポート、風邪やインフルエンザ

タラゴン/エストラゴンのアロマ(精油):効果効能紹介

フランス語の「エストラゴン」の名で料理用ハーブとして知られているタラゴン。通経作用や生殖器系の強壮作用を持ち、無月経・生理不順・生理痛・PMSなどの改善に役立つ女性に適した精油とも言われています。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策など

Sponsored Link