冷え性一覧

ヒソップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれつと考えられています。名前の由来が「聖なるハーブ」を意味する言葉であるとされること・聖書に登場することなどから神聖なハーブとして大切にされてきました。中世では教会でストローイング・ハーブとして使われ厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。成分的にも去痰・作粘液溶・殺菌作用があると考えられるため、空気浄化や呼吸器系の不調全般に用いられています。また行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待されている精油です。グリーン調の香りを含む精油との相性が良いので

ローズマリー・カンファー/ボルネオンのアロマ(精油):効果効能紹介

ケトン類のカンファー(ボルネオン)は神経毒性がありアロマテラピーでは要注意成分とされていますが有用な作用もあります。ローズマリー・カンファーは神経と筋肉への働きかけに優れており、筋肉を緩め血行を促進して肩こりや筋肉痛の緩和、関節痛、リウマチ、神経痛緩和に役立ちます。やる気や集中力アップにも

カンファー/楠のアロマ(精油):効果効能紹介

楠(クスノキ)として馴染み深いカンファー・ホワイトの香りには精神の刺激と鎮静両作用があり、精神面の様々な不調やストレス・心因性の身体の不調改善に有効。呼吸器系不調緩和や血行促進に役立つことから風邪などのケアにも用いられます。天然物の場合、衣装箱の防虫剤「樟脳」でイメージするツンとするキツイ香りは無い

ベンゾイン精油(アブソリュート)アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

孤独感や喪失感に苛まれた時に 代表的な効果 【心】心を温める、孤立感・抑うつに 【体】咳・喉の痛み・声枯れに 【他】乾燥・ひび、エイジングケア ベンゾインとは 基本データ こんなお悩みに ベンゾインの効果と効能 心への作...

サンダルウッド/白檀のアロマ(精油):効果効能紹介

サンダルウッド(白檀)の精油は優れた鎮静作用によって心を落ち着かせてくれます。瞑想や意識を集中させたいとき、変に頭が冴えてしまって眠れない時にも有効です。また体内の巡りを整える作用があり冷えやむくみなどの改善にも役立ちます。皮脂分泌調整やエリモント効果があるのでスキンケアにも適しておりセルライト対策

Sponsored Link