冷え性

7/7ページ

【アロマ】カルダモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系をスパイシーにしたよう複雑かつ爽やかな香りを持つカルダモン。紀元前から香料・生薬として人々に愛されてきた歴史があり、現在もリラックス効果や1,8-シネオールによる抗菌作用が期待されています。伝統的に消化器サポートに使用されてきたハーブのため胃腸サポートに良いという声もあり

【アロマ】ジンジャー(生姜)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界中でスパイスとして利用されているジンジャー(生姜)。精油はウッディー調とスパイシーさの入り混じった印象で、私達の思う生姜のイメージとは異なる香りです。作用成分は違いますが、精油も食材のショウガと同様に血行促進・加温作用によって体を温める働きが期待されていますよ。殺菌作用

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

肉と相性の良いハーブとしても親しまれているマージョラム。精油はほのかに苦くスパイシーさを感じる香りが特徴で「心を温める精油」とも称されています。神経系の緊張を緩めてリラックスさせる事が得意な精油と考えられているほか、体を温める働きや痛みを緩和する働きも期待され、冷え性や生理痛

【アロマ】レモングラス精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモングラスは呼び名の通りレモンに似た柑橘系の爽やかさと、ハーブ調のグリーンな香りの両方を楽しめるハーブ。アーユルヴェーダで活用されてきたハーブでもあり、鎮静作用や解熱作用を持つとされています。精油成分としてもシトラールには鎮静作用が期待されていますし、胃腸サポートや風邪予防

【アロマ】ジャスミン・アブソリュート
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

濃厚でエキゾチックな花の香りを持つジャスミン。精油と言われているものは一般的にアブソリュートですが、エンファリンやドーパミン・GABAの分泌を促すという報告もあり精神面でのサポートに効果が期待されています。また古くから子宮強壮・ホルモンバランス調整作用を持つ「子宮のハーブ」

【アロマ】レモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモンは強烈な酸味と爽やかな香りが印象的な香酸柑橘類で、精油もスッキリと爽やかな香りを持ちます。消化器系の不調や風邪予防に良いとされており、フランスの医師ジャン・パルネ博士による精油や芳香の薬理作用の研究にも一役買ったのだとか。血行促進作用から冷え性やむくみの改善にも

【アロマ】イランイラン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

濃密で甘い香りを持つイランイラン。香水や化粧品香料などにも多用されていますし、アロマテラピーでも初心者向けセットに高確率で含まれている代表的な精油の一つです。好き嫌いは分かれるものの甘い香りは“男性が最も女性らしさを感じる香り”とも称されるように女性の魅力を引き立ててくれると考えられていますし、気持ちのトラブルを軽減することで毎日を素敵にすごす手助けも期待されています。

【アロマ】アンジェリカルート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アンジェリカはヨーロッパ伝統医療で古くから用いられてきたセリ科のハーブで、精油は精神面の不調軽減に優れた存在と考えられ「不安と力の精油」とも称されいます。自律神経・女性ホルモンのバランスを整える作用が期待できることに加え、加温作用・利尿作用など女性のサポートに

1 7