不眠

3/4ページ

【アロマ】サンダルウッド(白檀)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

サンダルウッドは白檀とも呼ばれる世界最古の香料(香木)の一つにも数えられる樹木。精油はお寺や仏間を連想させるしっとりとした香りで、定着性が高く時間の経過と共に香りが成熟し品質が向上するとことが特徴。気持ちを落ち着ける働きが非常に強いと考えられていますが、抑鬱の場合は鎮静効果が強

メリッサ/レモンバーム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンバームは属名からメリッサとも呼ばれるハーブで、レモンのような爽やかさを含んだハーバルかつフローラルな香りが特徴。精油は香料としての評価も高く、鎮静・抗うつ・強壮作用が期待できることから心のサポーターとしても取り入れられています。更年期障害やPMSの軽減・花粉症などのアレルギー

プチグレン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

タンジェリン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タンジェリン精油は日本人にとって「みかん」を連想させる香りが特徴で、親しみある香りやリモネン含有量の高さからリラックス・神経疲労緩和などメンタルサポートに効果が期待されています。主成分がリモネンですからお腹の軽減にも使用されていますし、マッサージオイルとして利用することで血行促進作用

マンダリン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

マンダリン精油はフローラル感のある甘めの柑橘系の香りがあり、作用が穏やかで扱いやすい精油の一つ。成分としてはリモネンが多いので消化器系への働きを助ける働きも期待でき、交感神経を鎮静させ精神疲労やストレス緩和を手助けしてくれる精油とも考えられています。風邪・インフルエンザなど

【アロマ】クラリセージ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

芳醇でフルーティーな香りを持つクラリセージ。精油は酢酸リナリルとリナロールの含有率が高くストレスケアや不眠対策に期待されているほか、更年期障害など女性ホルモンの乱れに起因する精神的な不調軽減に役立つ可能性も注目されています。エストロゲンと似た構造を持つ「スクラレオール」を含む

【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系の爽やかさとフローラル感の混じった、柔らかく上品な香りを持つベルガモット。紅茶アールグレイの香りとしても有名ですね。柑橘類精油では唯一“酢酸リナリル”を含んでおり、精神や神経バランスを整える働きに優れた精油としても注目されています。そのほか消化器トラブル緩和、抗菌・抗ウィルス

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

肉と相性の良いハーブとしても親しまれているマージョラム。精油はほのかに苦くスパイシーさを感じる香りが特徴で「心を温める精油」とも称されています。神経系の緊張を緩めてリラックスさせる事が得意な精油と考えられているほか、体を温める働きや痛みを緩和する働きも期待され、冷え性や生理痛

1 3 4