不眠一覧

ネロリ/オレンジブロッサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

高級香水にも使われているネロリは、オレンジ・ブロッサム(フラワー)とも呼ばれるようにビターオレンジの花が原料の精油です。柑橘系の爽やかさを含んだフローラル調の香りが特徴で、リナロール・酢酸リナリル・リモネンなどを多く含むことから「天然の精神安定剤」と言われるほど精神面の不調に有益な精油の一つと考えられています。また酢酸リナリルを含むことから不眠の軽減や安眠サポートに、エストロゲン様作用が期待されるネロリドールを含む事から月経トラブルをはじめ更年期障害やPMSなど女性領域での不調緩和にも効果が期待されていますよ。そのほかスキンケアへの利用などネロリ精油に期待される働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ジャーマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールの精油は苦さ・薬草感があるため、香りとしては好き嫌いが分かれる存在。オイルがカモミール・ブルーやアズレンブルーとも呼ばれるインクのような青色をしていることが特徴で、色の元となっているカマズレンは皮膚トラブルやアレルギー症状に効果が期待されています。このため“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、スキンケア用として需要が高い精油の一つとなっています。炎症や痒みを抑える・治癒を促進する働きがあるとされることから、皮膚炎症・湿疹などの肌トラブルケアにも活用されていますよ。そのほか鎮静作用や安眠効果などカモミール・ジャーマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カモミール・ローマン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

青りんごに例えられるフルーティーな香りを持つカモミール・ローマンの精油。数あるエッセンシャルオイルの中でも真正ラベンダーやオレンジ・スイートと並び、作用が穏やでお子様に対しても安心して使用できる事も特徴とされています。カモミールにはローマンとジャーマンがありますが、“心にはローマン/身体(肌)にはジャーマン”とも紹介されるように、ローマンカモミールは中枢神経を鎮静させ心のバランスを取り戻す手助けが得意な精油と考えられています。メンタルサポートや不眠対策として用いられるほか、鎮痛作用などと合わせて消化器系の不調にも効果が期待されていますよ。そのほかカモミール・ローマン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

オレンジ・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

果物でもお馴染みの、甘酸っぱくジューシーなオレンジの香りを楽しめるオレンジスイートの精油。柑橘系精油の中でも特に好き嫌いが少なく、お子様にも利用できることから、精油の中でもラベンダーと並んで高い人気を誇っています。精油成分の大半はリモネンであり、リラックスしたい時や安眠のサポートに優れた存在と考えられています。またリモネンには消化器系の活動を促す働きがあるとされていますし、抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザなど感染症予防・血行促進作用から冷え性軽減などにも効果が期待されています。そのほかスキンケアやヘアケアにも用いられるオレンジスイート精油に期待される作用や、皮膚刺激や光毒性など使用時の注意点もご紹介します。

真正ラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとしても定番であり、アロマテラピーが出来るきっかけになったとも言われるラベンダー。近縁種にはスパイクラベンダーやラバンジンなどもありますが、ハーブとしては真正ラベンダー(Lavandula offinalis)が最も広く用いられています。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含むため、鎮静作用や抗不安・抗うつ作用が期待されています。優れたリラックス効果から安眠サポートとしても用いらるほか、肌を柔らかく潤いある状態へ整えるエモリエント成分としてスキンケアにも取り入れられています。そのほか鎮痛・消化器促進・抗炎症作用・殺菌・免疫力強化など真正ラベンダー精油に期待される働きや、ハーブの紹介・オススメのブレンドについても紹介します。

イランイラン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の由来が“花の中の花”とも言われるように、甘く濃厚な香りが特徴的なイランイラン。かつては「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれていた時期もありますが、現在では華やかでセクシーかつブレンドしやすいことが高く評価されています。精油は同じ原料から分留されるため、エクストラもしくはスーペリアと呼ばれるものが最高ランク。鎮静・高揚両方の作用を持つため心のサポート役立つと考えられていますし、血行促進作用やホルモンバランス調整作用と合わせて生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調軽減にも取り入れられていますよ。そのほか催淫作用についてやスキンケアへの活用など、イランイラン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link