不眠一覧

アガーウッド(沈香/伽羅)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本では“沈香”もしくは高品質の沈香を指す“伽羅”の名で知られるアガーウッド。香木でもありますし精油原料となるのも木部ですが、他の樹木のように元々芳香を持っているのではなく、傷や病気によって分泌された樹脂が分解・変質して香気成分になるという特徴があります。このためアガーウッドは世界的な高級品で、精油も「最も稀少かつ最も高価」と称されています。香りはややバルサミックで濃厚。希少なこともあり自然療法で提唱される効果効能の真偽ははっきりしていませんが、リラックスや安眠を見守ってくれる香りとして取り入れてみても良いかも知れません。そのほかアガーウッド精油に期待されている働きについてや、使用時の注意点などをご紹介します。

バルサムペルー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサム・ペルーの精油はバニラを連想させる温かく甘い香りが特徴的。南米原産でバルサムトルーの近縁種Myroxylon balsamum var.pereiraeという樹木の樹脂が原料とされ、香料以外にバルサムペルー樹脂から抽出される精油もしくは抽出物はヨーロッパで傷やかぶれ用の軟膏にも使われています。トルーバルサムよりも甘くお菓子っぽい香りがありますが、同様に消毒・去痰・抗炎症作用などがあると考えられていますよ。ただし接触性アレルギーを起こしやすいことが指摘されている精油でもありますから、使用には注意が必要です。そのほかバルサムペルーの精油に期待される精神面や肌のケアに対しての働き、使用時の注意点をご紹介します。

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既にポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほどで、嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多くエストロゲン様作用なども不明瞭であること、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性が強いなど注意点についてもご紹介します。

ブルーサイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ブルーサイプレスはオーストラリアヒノキと呼ばれる樹木を原料とする精油で、ジャーマンカモミールに含まれているカマズレンと同じ“アズレン誘導体”に含まれるグアイアズレン(ガイアズレンとも)を含むことから濃い青色をしていることが特徴です。香りは樹木系ですが甘さやスパイシーさを含んでおり、ストレス対策としても期待されています。またアズレン誘導体を含むことから優れた抗ウィルス作用や抗炎症作用・抗アレルギー作用などがあると考えられており、風邪やインフルエンザ予防・花粉症などのアレルギー症状軽減をはじめ、皮膚の治癒・再生促進などにも取り入れられています。そのほかブルーサイプレス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

キンモクセイ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

秋の風物詩の一つとも言われる金木犀と近い、どこかノスタルジックな甘くスパイシーな香りを持つキンモクセイアブソリュート。あまり流通しておらずアロマテラピーでもほぼ用いられませんが、親しみやすい香りの香料として愛されています。成分的にもリナロールやゲラニオールが含まれていることから鎮静・抗うつ・抗不安などの働きが期待されており、芳香を楽しむことで皮膚に対する抗炎症作用が期待できるという説もあるようです。また食欲を促す物質(オレキシン)を減少させる・香りを嗅いだマウスに体重減少が見られたという報告もあることからダイエットサポートにも注目されています。そのほかキンモクセイについてや、期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用を持つとされる1.8-シネオールが多く含まれており、リラックスとしてのほか風邪予防にも役立つと考えられています。そのほかロザリーナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

リンデン/アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リンデンはリラックス用のハーブティーとしても使われている植物で、リンデンフラワー(ライムフラワー)から精製されるアブソリュートもまた芳醇な花の香りからリラックス効果が期待されています。フローラル調とグリーン調の混ざった繊細な香りは、甘すぎずサッパリした印象なので男性にも支持されやすいそう。香水や化粧品の原料としても重宝されています。ゆったり優雅なリラックスタイムを演出してくれるリンデン・アブソリュートについて期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フェンネルやキャラウェイと似た外見・香りを持つディルシード。石器時代から利用されてきた歴史のあるハーブで、古くは古代エジプトの医師が用いていたとも言われています。精油はミントに似たフレッシュさにスパイシーさを含む香りを持ち、主成分はd-カルボン。リモネン含有率も高めで、この2つが相乗することで高い鎮静効果・精神安定効果をもたらすと考えられています。英名dillも「鎮める/なだめる/穏やかにする」などの意味を持つ"dilla(ジーラ)"という言葉が語源だとか。そのほか消化器系・呼吸器系への働きかけなどディルシード精油に期待される作用や、ケトン類による毒性・使用時の注意点などをご紹介します。使用には注意が必要な精油の一つでもありますよ。

Sponsored Link