だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

生理痛の原因・悪化要因、プロスタグランジンとの関係

「プロスタグランジン」以外にも生理痛を引き起こす要因が

腹痛イメージ

体調不良を始め、経血の漏れを気にしたりナプキンの持ち運びが面倒なことなど、「ブルーデイ」と表現されることもある通り月経期間は女性にとって何かと憂鬱な時期。そんな月経期間で最も嫌なのは生理痛という方も多いのではないでしょうか?キリキリした痛み・憂鬱になるような鈍痛…どちらにせよ辛い現象です。

冷えやドロドロ血液、ホルモンの関係など様々なことが生理痛を引き起こす要因として紹介されていますが、そのメカニズムはあまり知られていません。生理痛がなぜ起きるのか・なぜ悪化するのかを考えることで自分に合った生理痛緩和対策を見つけやすくなります。

プロスタグランジンによる生理痛

月経はプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きで妊娠に備えて厚くなった子宮内膜を、受精卵が着床しなかった際に、はがれ落として、血液と共に体外へ排出するために起こります。妊娠した場合は赤ちゃんのクッションとして利用されますから月経が起こらないのもこのため。

この子宮内膜をはがして体外へ排出することを促す物質がプロスタグランジンです。陣痛促進剤として使われるほど子宮を収縮させる働きが強いため、過剰に分泌されると陣痛のような腹痛(子宮の痛み)が起こってしまいます。またプロスタグランジンは痛みを強める・血管収縮などの作用を持つため頭痛・肩こり・腰痛・胃痛・冷え・だるさ・吐き気などの症状を引き起こす場合もあります。

このため生理痛の主な原因として「プロスタグランジン過剰」が挙げられており、重い生理痛を訴える女性は子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジン量が多いことも報告されています。生理痛用の鎮痛剤としては非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)というプロスタグランジンの生成を阻害する薬も利用されています。

エストロゲン過剰による生理痛

エストロゲンは美肌ホルモン・女性らしさのホルモンとも言われ、美肌やバストアップなどの美容効果を期待してフィトエストロゲンなどを取り入れている方も多いかもしれません。しかしエストロゲンが多ければ良いのかというと、エストロゲン過剰もまたホルモンバランスの乱れの原因となりて女性の様々な不調を引き起こすことが示唆されています。
かつては妊娠出産を除いた女性の体にとってはエストロゲン=善玉、プロゲステロン=悪玉というような印象が強くありました。しかし現在、若い女性の生理痛やPMSの原因としてエストロゲン過剰・プロゲステロン欠乏説も提唱されています。

生理痛に関係する点としては、エストロゲンには月経によって脱落した子宮内膜を再び厚くする働きがあります。排卵後にはプロゲステロンが分泌されることで子宮内膜は肥厚し、着床(妊娠)への準備が整います。このことからエストロゲンが過剰に分泌されすぎている場合、子宮内膜が厚くなりすぎることで経血量を増やす・古くなった子宮内膜の排出が困難になると考えられます。ちなみに不正出血などもエストロゲン過剰が示唆されています。

経血量の問題からも痛みを生じますが、排出がスムーズに行われないことで排出促進物質であるプロスタグランジンの分泌量が増加する場合もあります。生理痛の痛みに加え、経血が多い・月経期間が長いなどのケースはエストロゲン過剰の可能性もあるでしょう。

血行不良による生理痛

血行不良のせいで体が冷えるのか、冷たい飲食物やエアコンなどの冷えから血行不良が起こるのかはさておき、血行不良(うっ血)は生理痛を重くする要因の代表選手とも言える存在。生理痛の緩和策として「お腹を温める」ようにしている方も多いでしょう。

血流がスムーズでない場合は骨盤周りに血液が溜まり、腰の重苦しさや下腹部の鈍い痛みを引き起こします。また血液循環が悪化してプロスタグランジンが骨盤内に滞ってしまうことから、痛みが強くなる・長引いてしまうこともあります。月経前半の痛みはプロスタグランジンの分泌過多によるものが多いとされていますが、月経後半の鈍痛・腰の重さを感じる場合は血行不良によるものが多いと考えられています。

「骨盤の歪みで生理痛が悪化する」「体が冷えていると生理痛が重くなる」と言われるのも血液循環悪化に繋がることが主と考えられていますが、そのほか子宮機能低下や子宮内膜の肥厚化などにも繋がります。二重三重の要因で生理痛を重くしてしまうことになりますから、日頃から体を温める・正しい姿勢を心がけるようにすると良いでしょう。

ストレスによる生理痛

人間関係や仕事のストレス、生活環境の変化、などの精神・肉体・環境ストレスを長期間感じ続けていることで、自律神経が乱れやすくなります。自律神経と女性ホルモンは共に脳の視床下部で分泌量がコントロールされており、どちらかがバランスを崩すと、もう一方も引きずられるような形でバランスを崩してしまいます。つまりストレスによって女性ホルモンのバランスも乱れてしまう可能性があります。

ホルモンバランスが乱れることで、子宮機能が低下したり子宮内膜が厚くなりすぎるなどの弊害が起こりますし、血流がスムーズに循環しなくなるなどの可能性もあります。上記で紹介した生理痛の発生・悪化要因とされるものを引き起こす可能性が高いため、生理痛の悪化に繋がってしまいます。
また自律神経やホルモンバランスが乱れていると精神的にも肉体的にも“打たれ弱い”状態に陥りがちですから、痛み・不快感を強く感じてしまう可能性も高いでしょう。

その他による生理痛

子宮口の形状の問題

若い女性の場合は子宮がまだ未発達であり、子宮内膜を経血として排出するための子宮出口も狭い場合があります。細い穴から無理やり経血を押し出すような形になることで痛みを感じます。10代~20代くらいの女性に多いタイプで、年齢とともに子宮が成熟する・出産を経験することなどで出口が広がり生理痛が軽くなるという方も多いそうです。

女性器疾患がある場合

子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・骨盤内の炎症などから生理痛が悪化しているケースもあります。月経に伴って痛みを強く起こすものもあり「生理痛だと思っていた」痛みが炎症・病気によるものだったというケースも多く存在しています。自分では気付きにくい問題のため、毎月の痛みが辛いと感じるようであれば一度婦人科を受診して器質性の問題ではないかを調べるようにしましょう。

 - 女性の不調(生理痛・月経不順・PMS), 気になる不調・だるさ

  関連記事