月経トラブル

3/6ページ

【アロマ】サンダルウッド(白檀)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

サンダルウッドは白檀とも呼ばれる世界最古の香料(香木)の一つにも数えられる樹木。精油はお寺や仏間を連想させるしっとりとした香りで、定着性が高く時間の経過と共に香りが成熟し品質が向上するとことが特徴。気持ちを落ち着ける働きが非常に強いと考えられていますが、抑鬱の場合は鎮静効果が強

【アロマ】ローレル/ベイリーフ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ローレルはベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれ、精油はシナモンに似た甘みのあるスパイシーな香りが特徴的。鎮静作用を持つとされるリナロールやリモネンを含むことからメンタルサポートにも取り入れられていますし、1,8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用が期待できる成分

【アロマ】ナツメグ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘くロースト感のある香りで肉と相性が良い香辛料、ナツメグ。精油もスパイスと同様に若干のムスク感を含んだ甘くスパイシーな香りで、便秘や腹部膨満感緩和など胃腸機能のサポートに優れた働きが期待されています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用が期待から女性領域のサポートに、精神面への刺激

【アロマ】コリアンダーシード精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

カレーのスパイスとしても知られるコリアンダー。コリアンダーシード(果実)を原料とする精油は甘くスパイシーな香りが特徴で、スパイス系精油の中ではクセがなく使いやすい存在です。鎮静作用を持つリナロールが主成分のため、気持ちの落ち込みを軽減したり不眠対策、消化機能系の不調全般に効果が

【アロマ】タラゴン/エストラゴン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アニスに似た甘い芳香が特徴のハーブ、タラゴン。フランス語由来のエストラゴンとも呼ばれています。精油の主成分はエストラゴールを筆頭としたフェノールエーテル類で、消化機能サポートのほか生殖器系の強壮作用を持つ可能性がある精油にも数えられています。女性領域でのサポートや、抗菌・抗ウィルス

【アロマ】セージ(コモンセージ)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

料理用ハーブ“セージ”としてもお馴染みのコモンセージ。精油はシャープでクリアな香りが特徴的で、頭をシャッキリと冴えさせる・抗うつ作用によって気分の落ち込み軽減に効果が期待されています。コモンセージ精油は刺激が強く使用に注意が必要な精油の一つにも数えられていますが、女性ホルモンの

【アロマ】レモンバーム/メリッサ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモンバームは属名からメリッサとも呼ばれるハーブで、レモンのような爽やかさを含んだハーバルかつフローラルな香りが特徴。精油は香料としての評価も高く、鎮静・抗うつ・強壮作用が期待できることから心のサポーターとしても取り入れられています。更年期障害やPMSの軽減・花粉症などのアレルギー

【アロマ】ミルラ(没薬)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

世界で歴史ある薫香の1つとも称されるミルラ。キリスト誕生時に捧げられた没薬もミルラのことを指します。精油は甘くスモーキーな香りが特徴で、鎮静作用と高揚作用によって心のバランスを整える働きが期待できる精油に数えられています。また抗炎症作用がある・シワ対策などエイジングケアに

1 3 6