月経トラブル一覧

ロベージ/ラベージ/ラベッジルート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロベージは日本ではあまり馴染みのないものの、ヨーロッパでは広く用いられているセリ科ハーブの一つ。葉・茎・種・根とほぼ全てがハーブもしくは野菜として利用でき、古代ギリシア・ローマ時代から利用されていたこのが分かっています。中世には媚薬の原料に使われたため愛のパセリ(Love Parsley)とも呼ばれているんだとか。ロベージの根を原料とするラベッジルート精油はアンジェリカなどに似た重く甘いハーバル調の香りで、鎮静作用や消化器系のサポートに優れた働きを持つと考えられています。そのほかフタライド類を多く含むため抗色素沈着作用・美白効果なども期待されているロベージ精油や成分についてや、使用時の注意・禁忌などをご紹介します。

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイムのケモタイプ精油。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれており、ハーバル感が強いタイム系精油にはめぐらしく薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴です。ゲラニオールや酢酸ゲラニルなどの含有が高いため鎮静・抗不安作用など精神面のサポートに優れた働きを持つと考えられていますし、女性領域でのサポートも期待されています。また抗菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪などの感染症予防に有効とされ、フェノール類をほとんど含まないことから刺激が低く皮膚利用も可能な精油とされています。そのほかタイム・ゲラニオール精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュートは、インドなどで神聖な木とされているキンコウボク(金香木/金厚朴)の花を原料としています。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で用いられるようになりました。アロマテラピーでは使われませんが、華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つのでは

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド類の含有率が高いことから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて気分ややる気を高める働き・血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されています。ブレンド用としてごく少量加える

フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

南国を連想するような甘くフローラルな香りのフランジュパニ(プルメリア)アブソリュート。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されています。血行不良や冷え性軽減に良いとも言われていますが血圧降下

ダバナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インド原産で植物としてはヨモギと近い種になりますが、洋酒のようなフルーティーで芳醇な香りを持つダバナ。香水原料としての需要が高く、皮膚に付くことで人によって異なった芳香を放つとも言われています。香りの働きとしてはメンタルバランスを整える・喉の不調緩和などの効果が期待されていますが、デイリー使いよりも手作り香水用

アンブレットシード/ムスクシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

麝香(ムスク)に似た香りの種子から採油されるアンブレッドシード。アロマテラピーというよりは香水・香料としての利用が主体ですが、植物性ムスクのため動物保護的な観点からも注目されています。甘く陶酔感を持つ香りは神経・精神を落ち着かせる働きがあると考えられていますし、女性ホルモン(エストロゲン)分泌促進作用も報告され

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つでキリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」としてもよく知られています。香りは重く個性的なため好き嫌いが別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神安定(鎮静)・精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待されています。血行促進や月経リズム

Sponsored Link