憂鬱一覧

ヘリクリサム/イモーテル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヘリクリサムは園芸植物としてはカレープラントやエバーラスティング、香料としてはイモーテルとも呼ばれるキク科植物。精油は甘さを含んだウッディーな香りが特徴で、温もりを感じる香りからストレスケアにも使われています。また抗アレルギーや抗ウィルス作用が期待できることからアレルギー対策としてや、皮膚刺激が低いこと、細胞成長促進・瘢痕形成作用を持つとされることからスキンケアにも取り入れられていますよ。そのほかヘリクリサム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・シトリオドラはレモンユーカリという別名のとおり、レモンに似た甘酸っぱさがあるハーブ系の香りが特徴の精油。ユーカリよりもレモングラスなどに近い印象で、成分としてもシトロネラールやシトロネロールが多く含まれています。このためユーカリ系の精油の中では珍しく鎮静・リラックス効果が期待されている精油でもあり、気持ちを落ち着けることが得意と考えられています。また抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用が高いとされていますから、風邪予防や空気清浄用としても役立ってくれるでしょう。昆虫忌避性が高く、好き嫌いのない香りのため虫除けスプレーなどの用途でも人気があります。そのほかユーカリ・シトリオドラに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ベンゾイン・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドシナ半島・インドネシアなどに自生するアンソクコウノキの樹脂を原料とするベンゾインは、古くから使用されてきた歴史のある香料の一つ。日本では「安息香」という呼び名でも知られています。バルサム系精油(アブソリュート)ですが脂っぽさやクセは少なく、バニラのよう甘く濃密な香りが特徴。この香りには不安や緊張を和らげ、疲労や疎外感で冷え・ささくれた心を温めて癒す働きが期待されていますよ。安息香という名前通り呼吸器系全体の強壮作用が期待され喉の痛みや声枯れなどにも利用されていまし、肌に対しても保湿効果や皮膚軟化作用・抗炎症作用などがあると考えられています。そのほかベンゾイン・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などもご紹介します。

ニアウリ・シネオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ニアウリはティートリーなどと同じくフトモモ科メラレウカ属に分類される樹木で、精油で最もポピュラーなのは“ニアウリ・シネオール”と呼ばれる1,8-シネオールを多く含むもの。甘さを含んだ軽めの印象の香りで作用も穏やかなことが特徴とされ、風邪予防や鼻炎・喘息・気管支炎など呼吸器系の不調に効果が期待されています。またニキビ・水虫や真菌性皮膚炎などスキンケアに役立つことも評価されています。そのほか心のサポートなどニアウリ精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

ジュニパーベリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジュニパーはセイヨウネズと呼ばれるヒノキ科樹木。ジュニパーベリー(実)が原料ですが、ヒノキに似たライトで甘いウッディー系の香りが特徴です。精油の効果としては“浄化”作用に優れていると称され、気持ちを整えたり負の感情をリセットしたい時に使われたり、老廃物排出促進作用を持つとしてデトックスサポートに活用されることもあります。そのほか脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどスキンケア面でも利用されている、ジュニパーベリーの精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

パチュリー/パチョリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面においても柔らかくハリのある肌に導く働きが期待され、抗菌・抗真菌作用などもあることから皮膚トラブル対策にも注目されています。そのほかパリュリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローレル(ベイリーフ/月桂樹)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれるローレル。料理用ハーブとしてもお馴染みの存在ですね。また古代ギリシア・ローマ時代には勝者へ与える冠としても利用されており、現在でも勝利や名誉を表す植物として愛されています。ローレルの精油はシナモンに似た甘みのあるスパイシーな香りが特徴的で、鎮静作用が期待できることからメンタルサポートにも役立つと考えられています。1,8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用が期待できる成分も多いので空気浄化や風邪予防にも効果が期待できるでしょう。そのほか肉体面への働きかけや皮膚利用など、ローレル精油に期待される働きや注意点・ブレンドしやすい精油などをご紹介します。

シナモンリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香から「スパイスの王様」と称されることもあるシナモン。樹皮は生薬「桂皮/肉桂」としても冷え性改善や消化機能向上など用いられており、葉を原料としたシナモンリーフ精油も同様に冷えによる消化器系の不調・関節痛の緩和などに用いられます。刺激・高揚作用もあるので気持ちが落ち込みがちな時にも適していると考えられていますし、集中力を高める働きも期待されています。オイゲノールの働きからカビ対策にも役立つので鬱々とした梅雨時期にも適していますよ。そのほか風邪予防などシナモンリーフの精油に期待される働きや、樹皮を原料としたシナモンバーク・近縁種のシナモンカッシアとの違いや使用時の注意点などもご紹介します。

Sponsored Link