憂鬱

2/4ページ

ヘリクリサム/イモーテル精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヘリクリサムは香料としてはイモーテルとも呼ばれるキク科植物。精油は甘さを含んだウッディーな香りが特徴で、温みのある香りからストレスケアにも使われています。また抗アレルギーや抗ウィルス作用が期待できることからアレルギー対策として、皮膚刺激が低く細胞成長促進・瘢痕形成作用を持つと

ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・シトリオドラはレモンに似た芳香からレモンユーカリとも呼ばれる植物。精油成分としてもシトロネラールやシトロネロールが多く、ユーカリ系の精油の中では珍しく鎮静・リラックス効果が高いと考えられています。高い抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用や昆虫忌避性から風邪予防や空気清浄、虫除け

ベンゾイン・アブソリュート
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本では安息香という呼び名でも知られるベンゾイン。歴史のある香料の一つで、アンソクコウノキの樹脂を原料とするバルサム系精油(アブソリュート)ですが、クセは少なく、バニラのよう甘く濃密な香り。安息香という呼び名の通り、心には不安や緊張を和らげる働きが、体には呼吸器系全体の強壮が

ニアウリ・シネオール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ニアウリはティートリーなどと同じくフトモモ科メラレウカ属に分類される樹木で、精油で最もポピュラーなのは“ニアウリ・シネオール”と呼ばれる1,8-シネオールを多く含むもの。甘さを含んだ軽めの印象の香りで作用も穏やかなことが特徴とされ、風邪予防や鼻炎・喘息・気管支炎など呼吸器系の不調軽減に

ジュニパーベリー精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジュニパーベリーはセイヨウネズの実が原料ですが、ヒノキに似たライトで甘いウッディー系の香りが特徴です。精油の効果としては“浄化”作用に優れていると称され、負の感情をリセットしたい時に使われたり、老廃物排出促進作用を持つとしてデトックスサポートに活用されることも。そのほか脂性肌

パチュリー/パチョリ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面において

ローレル(ベイリーフ/月桂樹)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ローレルはベイリーフや月桂樹(ゲッケイジュ)とも呼ばれ、精油はシナモンに似た甘みのあるスパイシーな香りが特徴的。鎮静作用を持つとされるリナロールやリモネンを含むことからメンタルサポートにも取り入れられていますし、1,8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス・免疫力向上作用が期待できる成分

シナモンリーフ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

甘くスパイシーな芳香を持つスパイスの王様、シナモン。葉から抽出されたシナモンリーフの精油もシナモン感のある香りで、主成分はオイゲノール。消化器系の不調軽減や、優れた抗菌作用・抗ウイルス作用から風邪やインフルエンザ予防にも役立つと考えられています。精神面に対しては刺激・高揚

1 2 4