憂鬱一覧

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド濃度が高いこと・長期間の継続利用で毒性(肝機能障害)の危険があるクマリン類を含んでいることから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて前向きさややる気を取り戻す手助けをしてくれると考えられています。またシナモンリーフと同様に血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されていますが、デイリー使いには適していません。ブレンド用としてごく少量加えたり、香水作りなどに活用して下さい。そのほか抗菌・抗カビ特性についてなど、シナモンバーク精油に期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

カーネーション・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

母の日に贈る花・恋愛運アップに良いとも言われるカーネーション。オイル(アブソリュート)は採油率が低いため入手困難かつ高価ですが、甘みのあるフローラル感・クローブのようなスパイシー感・草のようなグリーン感を併せ持つ濃厚な香りは香料として高く評価されています。また芳醇で温かみのある香りはストレス軽減やリラックスにも

クミン/クミンシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カレー粉の原料として日本でもお馴染みのクミンは、セリ科のハーブの一つでキャラウェイシードやフェンネルと似た外見が特徴です。クミンシード精油は消化器系への働きかけに優れた精油とされており、消化不良や腹部膨張感(ガスによるお腹の張り)の改善・食欲不振などの軽減に有効とされています。加えて鎮痛・抗痙攣作用が期待できることもあり腹痛をはじめ関節痛など様々な痛みの緩和にも効果が期待されています。そのほか精神面に対しては強力な強壮作用と催淫作用によるストレス対策・殺菌消毒作用から風邪予防や空気浄化などクミンシードに期待されている働き、強い光毒性があることなど使用時の注意点に付いてもご紹介します。

ラヴィンサラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラヴィンサラはマダガスカル原産のクスノキ科樹木(学名:Cinnamomum camphora)を原料とする精油です。長らくラベンサラと混同されてきた歴史があり、現在でも統一されたとは言えない状態が続いています。学名表記とも混沌としていますが、精油としてはラベンサラは甘みのありスパイス系寄り・ラヴィンサラは清涼感が強く樹木系寄りの香りを持つことが特徴とされています。ラヴィンサラの成分としては1,8-シネオールが多く含まれているため、免疫力向上や風邪やインフルエンザなど感染症予防・呼吸器系の不調軽減に役立つと考えられています。そのほか鎮静・リラックス効果などラヴィンサラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

オレガノ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてもお馴染みのオレガノ。別名「ワイルド・マジョラム」とも呼ばれるように、マジョラムと同じシソ科ハナハッカ属に分類されるハーブでもあります。古くから原産地である地中海沿岸で薬用植物としても利用されてきた存在ですが、精油はカルバクロールやチロールなどのフェノール類の含有量が多く毒性・刺激性があるためアロマテラピーでは使用を避けたほうが良い精油とされています。近年は抗菌・抗ウィルス作用や耐性菌に対する有効性が報告され「天然の抗生物質」としても注目されていますが、デイリー使いには適さないという難点もあります。そのほか精神面へのサポートなどオレガノ精油に期待される作用や刺激性について・使用時の注意点などをご紹介します。

バレリアン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西ヨーロッパが原産とされるバレリアンは古代ギリシアでは既に神経の高ぶりを抑え眠りに導くハーブとして用いられていたと言われるほど歴史のある薬草の一つ。古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」と呼ばれ、現在もドイツを筆頭とした欧州では伝統的医薬品(THMPD)として承認されています。ハーブやサプリメントと比べるとバレリアンの精油というのはマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きでメンタル面のサポートに有用であると考えられています。ラベンダーやマジョラムよりも合う人もいるそうですよ。そのほか睡眠サポートなどバレリアン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・カンファー/ボルネオン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしても観賞用植物としても広く親しまれているローズマリー。古くは万能薬として重宝されたほか、頭の働きをよくするハーブとしても利用されていたと言われています。ローズマリー精油は成分によって3種類のケモタイプがありますが、カンファータイプは神経毒性が指摘されるケトン類のカンファー(ボルネオン)を含むため使用に注意が必要です。しかし心臓強壮など有用な作用もありますし、神経と筋肉への働きかけに優れると考えられることから血行促進による筋肉痛・関節痛・リウマチ・神経痛などの緩和効果が期待されています。そのほかやる気や集中力アップをサポートするなどローズマリー・カンファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・ベルベノン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされるシソ科植物、ローズマリー。古代には万能薬とも考えられていたハーブの一つで、悪魔から守る神秘的な力を持つとも言われていました。若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られていますね。精油はシネオール・ベルベノン・カンファーと3種類のケモタイプがありますが、このうちローズマリー・ベルベノンはケトン類の「ベルベノン」を含むことから肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられています。血行を促す成分も含まれているためダイエット目的でも用いられています。またスキンケアやヘアケアにもローズマリー系精油の中で特に優れていると言われ、細胞再生・代謝促進作用からエイジングケアまで様々な目的で

Sponsored Link