憂鬱

1/4ページ

シナモンバーク精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド濃度が高いこと・長期間の継続利用で毒性(肝機能障害)の危険があるクマリン類を含んでいることから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて前向きさを取り戻す手助けを

カーネーション・アブソリュート
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

母の日に贈る花として馴染み深く、恋愛運アップに良いとも言われるカーネーション。香料は水蒸気蒸留の精油ではなく、溶剤抽出したアブソリュートが使われています。甘みのあるフローラル感・クローブのようなスパイシー感・草のようなグリーン感を併せ持つ濃厚な香りは高く評価されていますよ。採油率が低い

クミン/クミンシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カレースパイスとしてもお馴染みのクミン。精油は催淫作用があるとも称されるムスク調のスパイシーな香りが特徴で、消化器系への働きかけが高いと考えられています。鎮痛・抗痙攣作用と合わせて腹痛をはじめ関節痛など様々な痛みの緩和に、殺菌消毒作用から風邪予防高価なども期待されていますよ。強壮

ラヴィンサラ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラヴィンサラはマダガスカル原産のクスノキ科樹木(学名:Cinnamomum camphora)を原料とする精油です。、ラベンサラは甘みのありスパイス系寄りなのに対して、ラヴィンサラの精油は清涼感が強く樹木系寄りの香りを持つことが特徴とされています。成分としては1,8-シネオールが多く、免疫力向上や風邪

オレガノ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしてもお馴染みのオレガノは別名「ワイルド・マジョラム」とも呼ばれるマジョラムの仲間。精油は抗菌・抗ウィルス作用や耐性菌に対する有効性が報告され「天然の抗生物質」として注目されていますが、カルバクロールやチロールなどのフェノール類の含有量が多く毒性・刺激性があるため

バレリアン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑え眠りに導くハーブとして用いられ、古くは「オールヒール」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。バレリアン精油はマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポート

【アロマ】ローズマリー・カンファー(ボルネオン)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ローズマリーは地中海沿岸地域で古くから大切にされてきたハーブで、精油にはいくつかケモタイプ。カンファー(ボルネオン)タイプは1,8-シネオールとカンファーの含有率が高いことから記憶力や集中力アップのサポートが得意だと称される存在。また、カンファーには循環促進や抗炎症作用が期待できることから筋肉や関節の痛みのケアとしても役立つのではないかと考えられています。そのほか防虫や消毒などローズマリー・カンファーの精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】ローズマリー・ベルベノン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ローズマリーはハンガリー王妃が使った“若返りの水”ハンガリアン・ウォーターの材料としても使用された歴史のある、地中海沿岸が原産のハーブ。ベルベノンタイプの代表成分ベルベノンには脂肪溶解作用を持つ可能性があると報じられたこともあり痩身マッサージのサポートに、またスキンケアやヘア

1 4