リフレッシュ一覧

セントジョーンズワート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

抗鬱作用が期待できるとしてハーブティーやサプリメントでよく利用されるセントジョーンズワート。精油(エッセンシャルオイル)は流通量が少なく高価たなめかなりマニアックな部類に属しますが、深みのあるハーバルな香りで、リフレッシュ・リラックス効果が期待できます。PMSや更年期障害など女性特有のイライラや落ち込み緩和にも

ウインターグリーン精油/冬緑油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ウインターグリーンは英名チェッカーベリー・和名ヒメコウジとも呼ばれるツツジ科植物。古くから原産地の人々は鎮痛薬や解熱剤として利用されており、葉や実からは湿布の成分として用いられているサリチル酸メチルが抽出されています。精油(冬緑油)もサリチル酸メチルが主成分のためアスピリン様作用=抗炎症・解熱鎮痛による痛みの緩和、特に筋肉痛や神経痛の緩和に役立つと考えられています。サリチル酸メチルは毒性・刺激性が高いため闇雲に用いるのは危険な面もありますが、適切に利用した場合は高い効果が期待でき、かつ副作用が少ないと考えられるため需要が高まっていると言われています。むくみケアなどとしても注目されていますが長時間の芳香浴や高濃度での使用を避けて

リツエアクベバ/メイチャン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リツェアクベバはローレルやシナモンと同じクスノキ科の樹木で、和名はアオモジ(青文字)。そのほかメイチャンやチャイニーズペッパーなど様々な呼称で呼ばれています。精油は果実から採油され、レモングラスに似たサッパリとした香りが特徴。成分的にはシトラールに加えネラール・ゲラニオール・リモネンなどが含まれているため鎮静と刺激(高揚)の両方の作用を持つと考えられています。ストレス・精神面の不快感サポートに用いられているほか、消化不良・腹部膨満感などの消化器系、風邪予防や気管支炎などの呼吸器系ケアなど幅広い働きが期待されている精油でもあります。抗菌作用やデオトラント(消臭)作用がありますので、お部屋の空気浄化や体臭対策にも役立ってくれるでしょう。

リナローウッドのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズウッドの減少を受け代用品として用いられることの多いリナローウッド(リナロエウッド)は、ローズウッドと非常に良く似た成分構成を持つことから精神安定や感染症予防などに有効と考えられています。また細胞の成長促進・組織再生促進作用によるエイジングケア、抗菌・抗真菌作用と合わせて皮膚炎症ケアに効果が期待

ローズウッドのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズウッドはバラに似た香りをもつクスノキ科の樹木。大量伐採により絶滅が危惧され近年入手困難の精油です。中枢神経に働きかけ、鎮静・高揚両作用をもたらすことから精神安定に役立つとされているほか、感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアにも有効と考えられています。近年は代用品としてリナローウッドや

ローズマリー・カンファー/ボルネオンのアロマ(精油):効果効能紹介

ケトン類のカンファー(ボルネオン)は神経毒性がありアロマテラピーでは要注意成分とされていますが有用な作用もあります。ローズマリー・カンファーは神経と筋肉への働きかけに優れており、筋肉を緩め血行を促進して肩こりや筋肉痛の緩和、関節痛、リウマチ、神経痛緩和に役立ちます。やる気や集中力アップにも

Sponsored Link