リフレッシュ一覧

ローズマリー・ベルベノン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬とも考えられていたハーブの一つで、若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られるローズマリー。ケトン類の「ベルベノン」含有が多いローズマリー・ベルベノンタイプは、肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられています。血行を促す成分も含まれているためダイエット目的でも用いられています。そのほかスキンケアにもローズマリー系精油の中で特に優れているローズマリー・ベルベノン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・シネオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされ、古くから殺菌消毒作用に優れた薬草・ハーブとして利用されてきたローズマリー。精油にはケモタイプが存在しますが、ケトン類の含有量が少ないローズマリー・シネオールが最も扱いやすい精油とされています。1,8-シネオールによる抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が期待できることで、風邪予防や呼吸器系の不調・花粉症などの軽減に効果が期待されています。そのほか集中力向上やリフレッシュ効果などローズマリー・シネオールに期待される作用、使用時の注意点もご紹介します。

ユーカリ・ディベス/ペパーミントユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・ディベスは別名ペパーミントユーカリとも呼ばれる通り、ペパーミントに似たマイルドさや甘さを感じさせる清涼感ある香りが特徴。樹木系の精油ですが香りとしてはハーブ系に近く、ユーカリの特徴成分とされる1,8シネオールはほとんど含まれていません。かわりにケトン類のピぺリトンやα-フェランドレンなどが含まれており、利尿効果や脂肪溶解作用が期待できるので、むくみ・セルライト解消用のマッサージにも用いられます。スッキリとした香りからリフレッシュにも役立ってくれますし、鎮咳・粘液溶解作用から咳や気管支炎をはじめ蓄膿症など呼吸器系トラブルの軽減にも利用されています。そのほかユーカリ・ディベスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・ラディアータ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ系精油の中でグロブルスと並んでポピュラーに用いられているユーカリ・ラディアータ。成分構成や効果はグロブルスと似ていますが、香りと作用が穏やなため強い香りが苦手な方、お子様・お年寄りがいる場合にも選ばれることの多い精油です。1,8-シネオールやモノテルペンアルコール類を含むため抗菌・抗ウィルス作用が高いと考えらますから、風邪やインフルエンザ予防に役立ってくれるでしょう。抗炎症作用や免疫系への働きかけが期待できることから、花粉症対策としても注目されています。スキンケア・アロマバスにもよく利用され、傷や火傷・虫刺されのケアなどにも用いられます。そのほかユーカリ・ラディアータに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・グロブルス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・グロブルスは約15種類あるとされるユーカリ系精油の中でも最もポピュラーとされる存在。去痰・鎮咳作用や抗炎症作用が期待される1,8-シネオールを多く含むことから、風邪や花粉症などによる鼻・喉の不調や炎症のケアに多く取り入れられています。風邪予防にも繋がるでしょう。また意識をハッキリと冴えさせ集中力を高める・冷静な思考を取り戻すなど働きも期待できるので活動時の香りとしても適しているでしょう。抗炎症作用から虫刺されやニキビ・湿疹等などのケアにも有効とされていますし、タバコ臭の消臭にも役立つので空気浄化を兼ねたルームアロマとしても活用されています。そのほかユーカリ・グロブルスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

キャロットシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

キャロットシードはワイルドキャロット(野良人参)と呼ばれる野生種ニンジンの種子を原料とする精油で、漢方薬を思わせるようなやや土臭い香りが特徴的。あまりポピュラーな精油ではありませんが、抗酸化作用や皮膚細胞の活性化などの効果が期待できることからアンチエイジング用として注目されています。また「心身を浄化する」精油とも称され、心のリセット・リフレッシュ効果やキャロトール(カロトール)による肝臓強壮によるデトックス促進効果なども期待されています。リンパ系への刺激・利尿・赤血球増進などの働きも期待されており、貧血やむくみ・冷え性軽減用としても注目されています。そのほかキャロットシードに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カユプテ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カユプテは東南アジア原産のフトモモ科メラレウカ属の樹木から精油された精油で、近縁種であるティーツリーやニアウリと同様に優れた消毒・抗菌作用を持つことが注目されています。香りや作用がメラレウカ属の中では最も穏やかであると称されており、爽やかさの中にフルーティーさのある香りのためティートリーのような消毒薬っぽい香りが苦手な方にも好まれています。お部屋の空気浄化や風邪予防として焚いても違和感が少なく、ルームアロマとしての利用にも適しているでしょう。そのほか鎮痛作用による痛みの軽減や、皮膚・頭皮に対する効果などカユプテ精油に期待される作用や使用時の注意点、ブレンドしやすい精油などをご紹介します。

ニアウリ・シネオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ニアウリはティートリーなどと同じくフトモモ科メラレウカ属に分類される樹木で、精油で最もポピュラーなのは“ニアウリ・シネオール”と呼ばれる1,8-シネオールを多く含むもの。甘さを含んだ軽めの印象の香りで作用も穏やかなことが特徴とされ、風邪予防や鼻炎・喘息・気管支炎など呼吸器系の不調に効果が期待されています。またニキビ・水虫や真菌性皮膚炎などスキンケアに役立つことも評価されています。そのほか心のサポートなどニアウリ精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link