リフレッシュ一覧

クラリセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フルーティーさとハーバル感を併せ持った香りが特徴のクラリセージ。マスカットワインの香り付けにも利用されるためマスカット・セージとも呼ばれています。セージ類の精油の中では扱いやすこと・優しく温かみのある香りから需要も多い精油ですよ。成分としては酢酸リナリルが多く含まれており、優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させる働きが期待されています。またエストロゲンと似た構造を持つスクラレオールを含むことから、子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つとして月経不順・PMS・更年期障害など女性の不調軽減にも取り入れられています。そのほか不眠対策や頭痛対策・皮膚利用についてなど、クラリセージ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

グレープフルーツ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

生の果物の時とさほど変わらない、親しみやい香りのグレープフルーツ精油。サッパリとした香りはリフレッシュにもピッタリで、気持ちを明るく前向きするサポートをしてくれると考えられていますよ。主成分はリモネンのため不安や緊張を軽減する働きも期待されていますし、胃腸機能のサポートにも役立ってくれるでしょう。またリンパや血液の循環を促進する働きが期待できること・近年は交感神経を活性化する事で脂肪燃焼を促進させるヌートカートンが含まれていることが報告され、ダイエットのお供の香りとしても注目されています。ただし圧搾された精油は光毒性があるため、使用には注意が必要。そのほかグレープフルーツ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

レモングラス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイ料理をはじめアジア圏で料理用ハーブとしても使われているレモングラス。呼び名の通りシトラールを含みレモンに似た爽やかな香りが特徴の精油です。サッパリとした香りは高揚作用を持つとされているほかリフレッシュ効果も高いことから仕事中・運転中の香りとしても適していますし、防虫・消臭作用があることと合わせてお部屋の芳香剤としてもよく用いられます。また気持ちを冷静にする働きや解熱作用を持つことから“冷やすハーブ”とも称されており、シトラールには抗菌・抗真菌・抗炎症作用もあるため風邪予防・初期症状ケアとしても用いられています。そのほかレモングラス精油に期待される作用や、皮膚刺激性など使用時の注意点についてご紹介します。

スペアミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

お菓子を連想するような、甘さと清涼感を併せ持った香りのスペアミント。これは主成分がペパーミントやニホンハッカとは異なるl-カルボンのためで、作用もミント類の中では穏やかとされています。香りの印象通りスペアミントは精神面に対しても柔らかく働きかけて気持ちを落ち着ける働きが期待されており、リラックスタイムの使用にはより適した存在と考えられています。また消化器系への働きかけも期待できるので食欲不振や乗り物酔いの軽減などにも取り入れられています。若干皮膚刺激性はありますが痒みを軽減する働き・防虫効果が期待できることから虫刺され対策にも役立ってくれるでしょう。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ティーツリー(ティートリー)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ニキビケアやデオドラント商品などにも使われているティートリー。オーストラリア原産のフトモモ科樹木で、アボリジニは薬として用いていたとも言われています。精油は薬箱のような清涼感のある香りで、テルピネン-4-オールや1.8-シネオールなど抗菌・抗ウイルス作用を持つ成分を多く含むことが特徴。免疫力向上作用も期待できるため風邪・インフルエンザ対策として活用されていますし、局所的にであれば原液のままでも使えるという性質からニキビ・傷・水虫・真菌性皮膚炎などあらゆる皮膚トラブルのケアにも活用されています。そのほかリフレッシュ効果や花粉症対策・デオドラント(消臭)効果などティートリーオイルに期待されている働き、使用時の注意点などをご紹介します。

ライム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柑橘系特有の爽やか差の中に、ややビターさの加わったライムの香り。精油も同様にレモンやオレンジよりもやや大人っぽい印象のある香りで、ブレンド用としても重宝するオイルのひとつとなっています。精油成分としてはリモネン含有量が高いためリラックスを促してくれると考えられていますし、リフレッシュ・集中力アップ・気持ちを明るくするなどの働きも期待されていますよ。リモネンは胃腸機能への働きかけが高いとも考えられているため食欲不振や胸焼けなどの軽減に、またγ-テルピネンとα-テルピネオールなどと合わせて感染症予防や風邪・呼吸器系トラブル予防にも用いられています。そのほかライム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

レモン(檸檬)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンは強烈な酸味と爽やかな香りが印象的な香酸柑橘類ですが、レモン精油は酸味感が無くスッキリと爽やかな香りをしています。オレンジと共に好き嫌いが少ない香りの一つにも数えられていますよ。精油成分としてはリモネンやシトラールなどが含まれており、リモネンが多いため消化器系の不調や風邪予防にも取り入れられています。レモンは古くから消毒・感染症対策に用いられ、フランスの医師ジャン・パルネ博士による精油や芳香の薬理作用の研究にも一役買ったのだとか。また頭をクリアにするリフレッシュ効果、血行促進作用から冷え性やむくみの改善・セルライトケアにも効果が期待されているレモン精油について、ベルガモテンによる光毒性の問題など注意点も合わせてご紹介します。

オレンジ・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

果物でもお馴染みの、甘酸っぱくジューシーなオレンジの香りを楽しめるオレンジスイートの精油。柑橘系精油の中でも特に好き嫌いが少なく、お子様にも利用できることから、精油の中でもラベンダーと並んで高い人気を誇っています。精油成分の大半はリモネンであり、リラックスしたい時や安眠のサポートに優れた存在と考えられています。またリモネンには消化器系の活動を促す働きがあるとされていますし、抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザなど感染症予防・血行促進作用から冷え性軽減などにも効果が期待されています。そのほかスキンケアやヘアケアにも用いられるオレンジスイート精油に期待される作用や、皮膚刺激や光毒性など使用時の注意点もご紹介します。

Sponsored Link