むくみ

5/5ページ

【アロマ】レモンバーベナ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

呼び名の通りレモンや柑橘系を連想させる、スッキリとした中に甘さを含む香りが特徴的なレモンバーベナ。精油は化粧品類や食品類の香料としても利用されおり、主成分はリモネンやシトラールなどで消化機能のサポートや風邪予防に役立つと考えられています。鎮静作用が期待できる成分が多く、スッキリ

【アロマ】カルダモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系をスパイシーにしたよう複雑かつ爽やかな香りを持つカルダモン。紀元前から香料・生薬として人々に愛されてきた歴史があり、現在もリラックス効果や1,8-シネオールによる抗菌作用が期待されています。伝統的に消化器サポートに使用されてきたハーブのため胃腸サポートに良いという声もあり

【アロマ】ヤロウ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ヤロウはカモミールジャーマンと同じくアズレン誘導体(カマズレン)を含む濃い青色をしていることが特徴で、抗アレルギー作用・抗炎症作用や皮膚組織再生促進作用など皮膚ケアに役立つ可能性があると注目されています。香りはスパイシーを含んだ濃厚なハーバル調で、重い印象があるので好き嫌いが

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘くほろ苦い、ハーブ系の芳香が特徴的なマジョラム。精油は香辛料として使われるマジョラムよりもスパイシーさが薄く、温かみのある印象です。マジョラムは古くからメンタル面や胃腸機能のサポートなど様々に使用されきたハーブ。精油も鎮静作用や抗不安作用が報告されており、リラックス系の香りとして使われています。そのほかマジョラム精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】レモングラス精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

レモングラスはスッキリとした芳香が特徴的なアジアのハーブ。精油もレモンとハーブを混ぜたような爽やかで親しみやすい芳香があり、香りを楽しむ・ブレンド用としても使い勝手の良い存在。抗菌・抗真菌作用や抗炎症作用を持つことが報告されているほか、鎮静・抗不安作用などメンタル面のサポートなどレモングラス精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】フェンネル・スイート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘く華やかな香りが特徴的なフェンネル。紀元前から薬として利用されてきたハーブで、日本でも茴香(ウイキョウ)として活用されています。芳香には抗不安作用などメンタル面のサポート、トランス-アネトールを含むことから女性ホルモンの乱れによって起こる更年期障害などにも用いられています。そのほかフェンネル・スイート精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】ライム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系特有のサッパリ感と、大人っぽいビター感を併せ持ったライム精油。系統問わずにブレンドしやすい精油でもあります。芳香成分としてはリモネンが主で、リラックス効果や胃腸機能のサポートが期待されています。そのほか抗炎症作用や抗酸化作用を期待してのスキンケアなど、ライム精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】アンジェリカルート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アンジェリカはヨーロッパ伝統医療で古くから用いられてきたセリ科のハーブで、精油は精神面の不調軽減に優れた存在と考えられ「不安と力の精油」とも称されいます。自律神経・女性ホルモンのバランスを整える作用が期待できることに加え、加温作用・利尿作用など女性のサポートに

1 5