むくみ一覧

サイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキに似た軽めで爽やかさのある森林系の香りから、ウッディー系の中でも特に好き嫌いが少ないと言われるサイプレスの精油。精油成分としてもα-ピネン含有量が高めのため、香りを嗅ぐことで森林浴状態を作り出しリラックスやリフレッシュに役立ちます。ストレスケアやメンタルサポートに役立つと考えられていますし、セロドールという成分には不眠改善に有効性も示唆されています。また女性ホルモンのバランスを整える・循環系を整える作用などから女性のお悩みの軽減にも広く利用され、セルライト対策やダイエットにも取り入れられています。そのほか呼吸器系ケアやデオドラントなどサイプレス精油に期待されている作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・バージニアン/レッドシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッドバージニアは名前に“シダー”と付くものの、マツ科ではなくヒノキ科に分類される樹木を原料とした精油です。香りはややバルサミック感のあるヒノキと言った印象で、温かみのある香りは心を落ち着けさせ安心感を与えてくれるとも言われています。肉体面に関してはリンパの流れを良くする働き・利尿作用が期待できることからむくみ改善やセルライトケアなどに取り入れられています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つとされるため妊娠中などの使用は出来ませんが、殺菌消毒作用や昆虫忌避作用に優れることからハウスキーピングにも広く用いられています。そのほかシダーウッドバージニア/レッドシダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・アトラス/ホワイトシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

別名ホワイトシダーとも呼ばれているシダーウッド・アトラスは、モロッコ周辺が原産と考えられるマツ科樹木。精油はサンダルウッドをライトにしたような甘めのウッディーの香りですが、ややドライで男性的な印象があるためメンズコロン・男性用化粧品の香り付けなどにも利用されています。作用としては心を深く落ち着けたり強壮する働きがあると考えられており、ストレス対策や安眠サポートなどにも利用されています。またリンパの流れを良くする働きが期待されるためむくみ対策・セルライトケア用のマッサージオイルなどにも取り入れられていますよ。そのほかシダーウッド・アトラス精油に期待される作用や、妊娠中の使用を避けるなど使用時の注意点・オススメのブレンドもご紹介します。

サンダルウッド/白檀精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

サンダルウッドの精油は白檀の木部を原料としており、日本人からするとお寺や仏間を連想する静かで深い香りが特徴です。定着性が高く香りが長く残りますし、時間の経過とともに香りが成熟し品質が向上するタイプなので使いやすい精油でもあります。白檀は世界最古の香料(香木)の一つにも数えられる存在で、古くから瞑想様・意識を集中させたいときなどに利用されてきました。アロマテラピーでも気持ちを落ち着けたい時に適した精油とされていますが、抑鬱の場合は鎮静効果が強すぎて気分がいっそう落ち込む可能性があることも指摘されています。そのほか不眠緩和・冷えやむくみの改善・セルライト対策などサンダルウッド精油に期待される作用や効果、使用時の注意点などをご紹介します。

ジュニパーベリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジュニパーはセイヨウネズと呼ばれるヒノキ科樹木。ジュニパーベリー(実)が原料ですが、ヒノキに似たライトで甘いウッディー系の香りが特徴です。精油の効果としては“浄化”作用に優れていると称され、気持ちを整えたり負の感情をリセットしたい時に使われたり、老廃物排出促進作用を持つとしてデトックスサポートに活用されることもあります。そのほか脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどスキンケア面でも利用されている、ジュニパーベリーの精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

パチュリー/パチョリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面においても柔らかくハリのある肌に導く働きが期待され、抗菌・抗真菌作用などもあることから皮膚トラブル対策にも注目されています。そのほかパリュリー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ヒノキ/檜の精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本人にはお風呂や高級建材としてもお馴染みのヒノキ(檜/桧)。精油もどこか懐かしさを感じるような親しみのある木の香りで、芳香商品が苦手な男性やお年寄りにも受け入れられやすい存在とも言われています。成分的にも森林浴効果やリラックス・強壮作用が期待されるαピネンを主成分とするため、ストレス対策としてやリラックス用として優れた働きが期待されています。また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用からお部屋を綺麗に保つ手助けなど、幅広く活用できる精油と言えるでしょう。そのほか肌・頭皮のケアなどにも利用されているヒノキ精油に期待される様々な働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックペッパー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

テーブルスパイスとしてポピュラーな存在である胡椒。同じ胡椒の果実を原料としていますが、未熟うちに収穫し乾燥させたものがブラックペッパー(黒胡椒)となります。精油はホワイトペッパーやグリーンペッパーからも若干製造されていますが採油量が多いこと・芳香が強いことからブラックペッパーが最もポピュラーで、香辛料よりも更に刺激的な香りが特徴です。また「温める」ということに優れた働きを持つ精油と称されており、心を刺激しやる気を高めたり、血行を促して冷え性の軽減をサポートする働きも期待されていますよ。そのほか消化機能サポート・風邪やインフルエンザ予防などブラックペッパー精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link