むくみ一覧

ロベージ/ラベージ/ラベッジルート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロベージは日本ではあまり馴染みのないものの、ヨーロッパでは広く用いられているセリ科ハーブの一つ。葉・茎・種・根とほぼ全てがハーブもしくは野菜として利用でき、古代ギリシア・ローマ時代から利用されていたこのが分かっています。中世には媚薬の原料に使われたため愛のパセリ(Love Parsley)とも呼ばれているんだとか。ロベージの根を原料とするラベッジルート精油はアンジェリカなどに似た重く甘いハーバル調の香りで、鎮静作用や消化器系のサポートに優れた働きを持つと考えられています。そのほかフタライド類を多く含むため抗色素沈着作用・美白効果なども期待されているロベージ精油や成分についてや、使用時の注意・禁忌などをご紹介します。

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

ターメリック精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやカルダモンと共にカレーの材料として知られるターメリック。ポリフェノールの一種であるクルクミンによる肝臓の保護・回復効果や認知症予防などでも注目されているスパイスです。香辛料としても精油としても一般的に「ターメリック」と呼ばれているものは秋ウコンと呼ばれる種類(学名:C. longa)が使用されています。精油はスパイシーさとウッディー感のある温かい香りが特徴で、心に対しての刺激・強壮作用や消化機能サポートなどに役立つと考えられています。そのほか集中力向上・関節痛や神経痛などの緩和などにも効果が期待されていますが、カンファーなどのケトン類をはじめ様々な微量成分が含まれているため刺激性・毒性・感作作用なども指摘されている精油でも

オレンジ・ビター精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オレンジスイートとグレープフルーツオイルをブレンドしたような渋めの香りを持つオレンジビター(橙オイル)。果実を原料としたオレンジビターの他に花からはネロリ・葉や枝からはプチグレンも採油されますが、この2つと異なりオレンジビター精油はフロクマリン類による光毒性(光感作作用)が強いこと・毒性が指摘されるケトン類などを若干含むことから一般家庭での使用には適さないとされています。成分としてはリモネンが90%以上、加えて酢酸リナリルやリナロールも含まれるため鎮静効果が期待され、気持ちのバランスを整えるのではないかという説もあります。風邪やインフルエンザ予防にも役立つと考えられますが、デイリーに使用したい場合はオレンジスイートの方が適している

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒバやアスナロと呼ばれ建材の青森ヒバなどでも馴染みのある樹木を原料としたヒバ精油。「ヒノキチオール」という精油成分が低毒性かつ幅広い抗菌作用を持つことが報告され、化粧品・医薬品・食品などに添加されています。ご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれますし、フレッシュな樹木の香りでリラックス効果も期待

ヘムロックスプルース/ツガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スプルース系精油の中では比較的メジャーなヘムロック(ツカナダツガ)は、同じ北アメリカ原産のブラックスプルースよりも明るく爽やかな印象のある香りが特徴。緊張を和らげたり自律神経のバランスを整える・強壮などに役立つ香りと考えられている他、疲労回復や冷え性・循環不全の改善・呼吸器系トラブルや風邪予防などにも効果が期待

バルサムファー/カナディアンファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米原産のバルサムモミ(カナディアンファー)を原料とするバルサムファーはやや甘みのあるライトな香りが特徴で、清々しい森の香りでリラックス・リフレッシュ効果が期待できます。免疫力向上や抗菌作用による風邪予防や、血液・リンパ液の循環を改善する働きから冷え性やむくみの緩和にも役立つと考えられています。心と体をクリアに

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コパイババルサムノキは古くから南米のインディオ達が樹液などを薬用として利用し「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」と呼ばれています。精油は甘みのあるウッディー系で、抗不安やストレス軽減、風邪予防や呼吸器系トラブル緩和などに利用されています。またエモリエント作用や抗炎症作用があるためスキンケアや皮膚炎症緩和

Sponsored Link