むくみ一覧

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りによる鎮静効果も知られており、興奮を落ち着けるときや就寝用としても古くから利用されてきたのだとか。花から香りを抽出したバイオレッドアブソリュートは採油量が少なく高級ですし、アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ない存在。しかし優れた鎮静作用が期待されており、ストレス・怒り・イライラなどの軽減や不眠対策に役立つと考えられています。また穏やかな鎮痛作用や利尿・発汗・循環器系刺激作用からむくみや血行不良・冷え性などに有効とする説もあるバイオレット精油についてや、使用時の注意点などをご紹介します。

セロリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

セロリの種子であるセロリシード。野菜として食される茎部分よりも利用されてきた歴史は長く、香辛料・ハーブティーなどに活用されています。精油はスパイシーかつ苦さを感じるクセの強い香りですが、リラックス・精神安定・不眠軽減効果などが期待されています。また消化器系機能サポートやむくみ改善・セルライトケアにも取り入れられており、フタライド類などにはメラニン色素沈着防止(美白)作用がある可能性が報告されていますよ。そのほかセロリシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ウインターグリーン精油/冬緑油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ウインターグリーンは英名チェッカーベリー、和名ヒメコウジと呼ばれるツツジ科植物。精油(冬緑油)は甘さのある消毒液っぽい香りで、サリチル酸メチルを含むことが特徴。アスピリン様作用=抗炎症・解熱鎮痛を持つと考えられており、筋肉痛や神経痛など緩和効果が期待されています。また、痩身用にも注目されていますが、毒性・刺激性が高いため長時間の芳香浴や高濃度での使用は厳禁。そんな取り扱いが難しいウインターグリーン精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・カンファー/ボルネオン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

料理用ハーブとしても観賞用植物としても広く親しまれているローズマリー。古くは万能薬として重宝されたほか、頭の働きをよくするハーブとしても利用されていたと言われています。ローズマリー・カンファーの精油は神経毒性が指摘されるケトン類のカンファー(ボルネオン)を含むため使用に注意が必要ですが、神経と筋肉への働きかけがあり筋肉痛・関節痛・リウマチ・神経痛などの緩和効果が期待されています。そのほかローズマリー・カンファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・ベルベノン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬とも考えられていたハーブの一つで、若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られるローズマリー。ケトン類の「ベルベノン」含有が多いローズマリー・ベルベノンタイプは、肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられています。血行を促す成分も含まれているためダイエット目的でも用いられています。そのほかスキンケアにもローズマリー系精油の中で特に優れているローズマリー・ベルベノン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・シネオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされ、古くから殺菌消毒作用に優れた薬草・ハーブとして利用されてきたローズマリー。精油にはケモタイプが存在しますが、ケトン類の含有量が少ないローズマリー・シネオールが最も扱いやすい精油とされています。1,8-シネオールによる抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が期待できることで、風邪予防や呼吸器系の不調・花粉症などの軽減に効果が期待されています。そのほか集中力向上やリフレッシュ効果などローズマリー・シネオールに期待される作用、使用時の注意点もご紹介します。

ユーカリ・ディベス/ペパーミントユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・ディベスは別名ペパーミントユーカリとも呼ばれる通り、ペパーミントに似たマイルドさや甘さを感じさせる清涼感ある香りが特徴。樹木系の精油ですが香りとしてはハーブ系に近く、ユーカリの特徴成分とされる1,8シネオールはほとんど含まれていません。かわりにケトン類のピぺリトンやα-フェランドレンなどが含まれており、利尿効果や脂肪溶解作用が期待できるので、むくみ・セルライト解消用のマッサージにも用いられます。スッキリとした香りからリフレッシュにも役立ってくれますし、鎮咳・粘液溶解作用から咳や気管支炎をはじめ蓄膿症など呼吸器系トラブルの軽減にも利用されています。そのほかユーカリ・ディベスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

キャロットシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

キャロットシードはワイルドキャロット(野良人参)と呼ばれる野生種ニンジンの種子を原料とする精油で、漢方薬を思わせるようなやや土臭い香りが特徴的。あまりポピュラーな精油ではありませんが、抗酸化作用や皮膚細胞の活性化などの効果が期待できることからアンチエイジング用として注目されています。また「心身を浄化する」精油とも称され、心のリセット・リフレッシュ効果やキャロトール(カロトール)による肝臓強壮によるデトックス促進効果なども期待されています。リンパ系への刺激・利尿・赤血球増進などの働きも期待されており、貧血やむくみ・冷え性軽減用としても注目されています。そのほかキャロットシードに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link