むくみ

3/6ページ

バイオレット/スミレ・アブソリュート
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並び、香料として長い歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りには鎮静作用があると考えられており鎮静や就寝用にも活用されてきました。香りを抽出したアブソリュートは希少で高価。アロマテラピーでは利用されていませんが、伝統的な利用からストレス

【アロマ】セロリシード精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘くスパイシーで、温かみのある香りが特徴のセロリシード。青っぽいセロリの香りとは異なりいくつかの精油をブレンドして作ったような複雑な香りです。古くから生薬として使われてきた関係もありストレスケアや安眠サポート、デトックスなど様々な目的で使用されることもあります。ただし芳香吸引による人に対しての有効性は研究が行われていません。デリケートな時期の使用に注意が必要な精油でもあります。そんなセロリシード精油に期待される作用、使用時の注意点をご紹介します。

【アロマ】ウインターグリーン精油/冬緑油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ウインターグリーンは英名チェッカーベリー、和名ヒメコウジと呼ばれるツツジ科植物。精油は甘さのある消毒液っぽい香りで、サリチル酸メチルを含むことが特徴。アスピリン様作用=抗炎症・解熱鎮痛作用による筋肉痛や神経痛など緩和効果が期待されています。毒性と刺激性が高いため長時間・高濃度

【アロマ】ローズマリー・カンファー(ボルネオン)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ローズマリーは地中海沿岸地域で古くから大切にされてきたハーブで、精油にはいくつかケモタイプ。カンファー(ボルネオン)タイプは1,8-シネオールとカンファーの含有率が高いことから記憶力や集中力アップのサポートが得意だと称される存在。また、カンファーには循環促進や抗炎症作用が期待できることから筋肉や関節の痛みのケアとしても役立つのではないかと考えられています。そのほか防虫や消毒などローズマリー・カンファーの精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】ローズマリー・ベルベノン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ローズマリーはハンガリー王妃が使った“若返りの水”ハンガリアン・ウォーターの材料としても使用された歴史のある、地中海沿岸が原産のハーブ。ベルベノンタイプの代表成分ベルベノンには脂肪溶解作用を持つ可能性があると報じられたこともあり痩身マッサージのサポートに、またスキンケアやヘア

【アロマ】ローズマリー・シネオール精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

料理でもお馴染みのローズマリー。地中海沿岸地域で古くから神聖なハーブとして大切にされてきた植物です。精油にはいくつかケモタイプが存在していますが、その中で最もポピュラーとされるのがシネオールタイプ。1,8-シネオールの働きから呼吸器系のサポートや風邪予防、頭の働きを高めてくれる働き

【アロマ】ユーカリ・ディベス/ペパーミントユーカリ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ユーカリ・ディベスはペパーミントユーカリとも呼ばれるように、メントール感のある香りが特徴。主成分はピぺリトンというケトン類で、神経毒性や皮膚刺激性などがあることから使用には注意が必要。しかしピぺリトンには粘液溶解作用による呼吸器系のサポートに、また利尿作用や脂肪溶解作用が期待

【アロマ】キャロットシード精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

キャロットシードの精油はワイルドキャロットの種子が原料で、土っぽさとスパイシーさを併せ持ったハーバル調の芳香が特徵です。特徴成分であるキャトロールには肝機能をサポートする働きが報告されていることからデトックスサポートにも取り入れられている他、優れた抗酸化特性があること・皮膚修復

1 3 6