精神安定一覧

オポパナックス/スイートミルラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油。ミルラと似た香り・性質を持つことからスイートミルラとも呼ばれていますが、香りとしてはミルラよりもシャープやさ薬っぽさの少ないことが特徴。柔らかく甘みのある香りからオリエンタル調の香料にも使用されており、ミルラと同じく殺菌消毒作用から風邪予防や口臭・口腔・歯茎のトラブル緩和などにも用いられています。そのほか精神面・肌に対する働きかけなど、オポパナックス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

バレリアン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑えて、眠りに導いてくれるハーブとして用いられていた歴史があり、古くは「オールヒール(全てが治る)」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。ハーブやサプリメントと比べるとバレリアン精油というのはマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポートに役立つと考えられています。そのほか睡眠サポートなどバレリアン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

リナローウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

かつては工業用リナロールの供給源として、現在は減少が問題視されるローズウッドの代替えとして注目されるリナローウッド(リナロエウッド)。香りはローズウッドよりもややライトな印象で、リナロールを含有量の高さから心のバランスを整える働きが期待されています。またリナロールには抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上などの働きも報告されていることから、風邪予防にも使用されています。そのほか肌に対する効果などリナローウッド精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹

ローズウッドはバラに似た香りが特徴のクスノキ科の樹木。かつては頻繁に精油が用いられていましたが、現在は絶滅が危惧されており、ホーリーフなどで代用することも増えています。精油の主成分は中枢神経に働きかけることで鎮静・高揚両作用を持つとされるリナロール。心のバランスを整える手助けが得意な精油に数えられますが、感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアなど幅広い効果が期待されていますよ。そんなローズウッド精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズマリー・ベルベノン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬とも考えられていたハーブの一つで、若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られるローズマリー。ケトン類の「ベルベノン」含有が多いローズマリー・ベルベノンタイプは、肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられています。血行を促す成分も含まれているためダイエット目的でも用いられています。そのほかスキンケアにもローズマリー系精油の中で特に優れているローズマリー・ベルベノン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カンファー・ホワイト/楠精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カンファー系精油の中で毒性の心配が少ないとされるカンファー・ホワイト。日本人ではクスノキ精油として販売されることも多いよう。衣装箱の防虫剤「樟脳」をイメージされる場合もありますが、あの香りはナフタリンによるもの。天然物は染み透るような香りで、刺激と鎮静の両作用から精神面の様々な不調やストレス・心因性の身体の不調改善に役立つと考えられています。呼吸器系・循環器系への刺激作用があるとされ、鼻ずまり・咳・気管支炎などの呼吸器系の不調緩和や風邪のケアにも用いられています。また主成分であるカンファーは昆虫忌避作用が高いので、虫除けスプレーとしても役立ちますよ。そのほかカンファー・ホワイトに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

サイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキに似た軽めで爽やかさのある森林系の香りから、ウッディー系の中でも特に好き嫌いが少ないと言われるサイプレスの精油。精油成分としてもα-ピネン含有量が高めのため、香りを嗅ぐことで森林浴状態を作り出しリラックスやリフレッシュに役立ちます。ストレスケアやメンタルサポートに役立つと考えられていますし、セロドールという成分には不眠改善に有効性も示唆されています。また女性ホルモンのバランスを整える・循環系を整える作用などから女性のお悩みの軽減にも広く利用され、セルライト対策やダイエットにも取り入れられています。そのほか呼吸器系ケアやデオドラントなどサイプレス精油に期待されている作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ヒノキ/檜の精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本人にはお風呂や高級建材としてもお馴染みのヒノキ(檜/桧)。精油もどこか懐かしさを感じるような親しみのある木の香りで、芳香商品が苦手な男性やお年寄りにも受け入れられやすい存在とも言われています。成分的にも森林浴効果やリラックス・強壮作用が期待されるαピネンを主成分とするため、ストレス対策としてやリラックス用として優れた働きが期待されています。また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用からお部屋を綺麗に保つ手助けなど、幅広く活用できる精油と言えるでしょう。そのほか肌・頭皮のケアなどにも利用されているヒノキ精油に期待される様々な働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link