精神安定一覧

檜/ヒノキのアロマ(精油):効果効能紹介

私たち日本人にとって馴染み深いヒノキの香りはウッディー系の香りが苦手な方でも比較的受け入れやすい香りです。森林浴効果やリラックス・強壮作用があるαピネンを主成分とするためストレス対策やリラックス効果も高く、また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用から

ナツメグのアロマ(精油):効果効能紹介

アーユルヴェーダや漢方で生薬としても用いられているナツメグ。甘さをもちムスク感のある香りは胃腸への働きかけに優れており、便秘や腹部膨満感緩和にも用いられます。体を温める働きがあるほか女性ホルモン(エストロゲン)様作用があるため女性の不調にも効果が期待。精神面には刺激作用があり、リフレッシュや神経疲労

パルマローザのアロマ(精油):効果効能紹介

レモングラスやシトロネラの近縁種ですが、名前のとおりフローラルな香りを持つパルマローザ。鎮静作用と高揚作用を併せ持っており、精神安定に高い効果が期待出来ます。強壮作用もありますからストレス対策にピッタリです。また鎮痛作用、内分泌系・リンパの活性化、免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などによる感染症予防

メリッサ/レモンバームのアロマ(精油):効果効能紹介

古くは生命のエリキシル(万能薬)と呼ばれたこともあるレモンバーム。属名からメリッサとも呼ばれ、爽やかな香りや用途の広さから人気の精油。鎮静・抗うつ・強壮作用を兼ね備え精神安定用として非常に優れており、落ち込み・興奮どちらの場合にも利用できます。また抗アレルギー症状があるとされ花粉症・アトピー性皮膚炎

エレミのアロマ(精油):効果効能紹介

フランキンセンスよりも更に柑橘系寄りな爽やかな香りを持つエレミ。穏やかな気持ちに導くとともに集中力を高めてくれるので瞑想時の香りとしても用いられています。ネガティブ思考の緩和に役立ってくれるでしょう。免疫力向上・抗菌・抗ウィルス作用から風邪などの感染症の予防に、癒傷・瘢痕形成作用などから皮膚トラブル

ミルラ/没薬のアロマ(精油):効果効能紹介

ミルラは古代文明で広く使用されてきた世界で歴史ある薫香のひとつで、没薬とも呼ばれています。鎮静作用と高揚作用を持ち合わせており精神状態を整え心を癒す働きがあるとされ、肉体面に関しても消化器系の不調の緩和や風邪などの感染症の予防・ケアに役立つと考えられています。肌に対しても多くの作用があるされており、かゆみや炎症の緩和・皮膚の保護・シワなどを薄くするなどの働きが期待出来ます。

レモンバーベナのアロマ(精油):効果効能紹介

「レモンの香り」香料として用いられることの多いレモンバーベナは柑橘系に似た甘みのある香りが特徴です。鎮静作用から副交感神経を活発化させ、ストレス症状の緩和や精神・神経疲労の回復に役立つほか、リフレッシュ・高揚作用、血液やリンパ循環促進から冷えやむくみの解消、消化器系補助、風邪などの感染症予防と幅広く

ベチバーのアロマ(精油):効果効能紹介

ベチバーの精油は安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があり、緊張やストレスで張り詰めた精神や、傷ついた心を癒すことに優れています。心と体両方への強壮作用があり、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きが沢山ありますし、免疫強化にも役立ちます。めまいや疲労感などだるさ

Sponsored Link