精神安定一覧

黒文字/クロモジ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

黒文字(クロモジ)は小枝や葉を折ると香気を放つことから「疲れを癒す木」としても親しまれてきた存在で、黒文字油も明治から製造されていました。ローズウッドに似た甘みのあるウッディーな香りが特徴ですが、採油率が非常に低いため高価で貴重な和精油の一つ。リナロールが主成分でありゲラニオールなども含まれているため気持ちを落ち着ける手助けが期待されているほか、血行を促進し体を温める働きもあると考えられています。そのほかクロモジ精油について、使用時の注意点などをご紹介します。

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りによる鎮静効果も知られており、興奮を落ち着けるときや就寝用としても古くから利用されてきたのだとか。花から香りを抽出したバイオレッドアブソリュートは採油量が少なく高級ですし、アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ない存在。しかし優れた鎮静作用が期待されており、ストレス・怒り・イライラなどの軽減や不眠対策に役立つと考えられています。また穏やかな鎮痛作用や利尿・発汗・循環器系刺激作用からむくみや血行不良・冷え性などに有効とする説もあるバイオレット精油についてや、使用時の注意点などをご紹介します。

チュベローズ/月下香アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

チュベローズはバラ属ではなくリュウゼツラン亜科の植物で、月夜の晩に咲いた花は特に濃厚な香りを放つという謂れから月下香や晩香玉とも呼ばれています。アブソリュートは甘くマスカットのような香りを含んだ清楚なホワイトフローラル系の香り。アロマテラピーでは用いられませんが、陶酔感ある香りには精神面のサポート効果が期待されておりストレス性対策に役立つという説もあります。そのほか催淫特性や血液循環改善などのチュベローズ精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

セロリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

セロリの種子であるセロリシード。野菜として食される茎部分よりも利用されてきた歴史は長く、香辛料・ハーブティーなどに活用されています。精油はスパイシーかつ苦さを感じるクセの強い香りですが、リラックス・精神安定・不眠軽減効果などが期待されています。また消化器系機能サポートやむくみ改善・セルライトケアにも取り入れられており、フタライド類などにはメラニン色素沈着防止(美白)作用がある可能性が報告されていますよ。そのほかセロリシード精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

クミン/クミンシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カレーの原料として日本でもお馴染みのクミン。クミンシード精油は消化器系への働きかけが高いと考えられており、鎮痛・抗痙攣作用が期待できることもと合わせて腹痛をはじめ関節痛など様々な痛みの緩和効果が期待されています。精神面に対しては強壮作用と催淫作用・殺菌消毒作用からは風邪予防や空気浄化なども期待されていますが、強い光毒性があるため使用には注意が必要な精油でもあります。そのほかクミンシードに精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アニスシード精油はスパイスの時と同じく甘い香りがあり、柑橘系やスパイス系の香りと相性も良いのでブレンドにもよく使われています。昆虫忌避作用があるので天然成分の防虫剤としても重宝しますよ。アニスも他スパイス系精油と同様にお腹の張りや便秘ケアなど消化器系のサポートが得意な精油とされていますし、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性もあると考えられています。そのほかアニスシード精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

リツエアクベバ/メイチャン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リツェアクベバは和名はアオモジ(青文字)というクスノキ科の樹木で、メイチャンやチャイニーズペッパーとも呼ばれています。精油はレモングラスに似たサッパリとした香りが特徴。成分的にはシトラールに加えネゲラニオールなどが含まれており、鎮静と刺激(高揚)の両方の作用を持つ精油としてストレス・精神面サポートに用いられていますよ。そのほか消化器系や呼吸器系のケア・風邪予防・消臭用など幅広く活用されているリツェアクベバ精油について、期待される作用は使用時の注意点などをご紹介します。

ホーリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ホーリーフ精油はクスノキの仲間の「芳樟(ホウショウ)」から採油される精油で、フローラルな香りが特徴。ローズウッドと成分が近く代用品になること・葉が原料で木を伐採しなくても良いことから環境保護の面でも注目されています。ローズウッドと同様にメンタル面のサポートに優れた存在と考えられており、リナロール含有量が高いため感染症予防や抗炎症効果なども期待されています。そのほかスキンケア用としても注目されるホーリーフ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link