精神安定一覧

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ディルの精油はややスパイシーながらミントに似たスッキリした香りを持ちますが、「鎮める・なだめる」などの意味を持つ”dilla”という言葉が語源と言われる通り、精神安定や不眠の緩和に高い効果が期待出来ます。お腹の張りなど消化器系の不調や、咳・痰・鼻水・鼻詰まりなど呼吸器系の不快感の緩和、しゃっくり止めなどにも

黒文字/クロモジ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキと並ぶ和アロマ・森林の香り黒文字(クロモジ)。シャープすぎない丸みのある香り、国内製造であること、生薬として利用されてきた植物であることなどから人気が高まっている精油です。リラックス効果に優れ、精神安定・神経疲労回復・安眠などに役立つほか、血行を促進し体を温める、抗菌・抗ウィルス・免疫力向上にも効果が期待

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バイオレット(ニオイスミレ)は西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持ちます。アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ないですが、その香りは鎮静作用が強く気持ちを落ち着ける・ストレスや不眠の解消に有効とされています。鎮静・鎮痛作用からストレス・精神面による体の不調全般

チュベローズ/月下香アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

甘く清楚なホワイトフローラル系の香りを持つチュベローズ。月下香や晩香玉という名前でも知られています。精油は芳香浴に用いるより高級香水原料としての利用が主ですが、その陶酔感ある香りに精神面のサポートにも効果が期待されており、ストレス性の不調や免疫力低下改善などに繋がるという説も。催淫作用・血液循環を良くして体を温める

セロリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

野菜としてお馴染み「セロリ」の種子から採油されるセロリシードの精油。クセの強い香りですが、精神面に対しては鎮静と強壮両作用があるとされ、リラックス・精神安定・不眠・抗ストレスなど様々な働きが期待されています。消化器系改善・むくみ改善・月経促進作用などのほかメラニン色素沈着防止(美白)用としても注目が

クミン/クミンシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

セリ科のハーブの一つで、カレー粉の原料として日本でもお馴染みのクミン。クミンシード精油は消化器系への働きかけに優れた精油とされており、消化不良や腹部膨張感(ガスによるお腹の張り)の改善・食欲不振などの軽減に有効とされています。また強力な強壮作用と催淫作用による精神面のサポート、殺菌消毒作用があるため風邪予防などにも効果が期待されていますが、強い光毒性があるため使用には注意が必要と

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

独特の甘い芳香を持つアニシード精油。消化器系のサポートに高い効果が期待され、お腹の張りや便秘ケアにも役立つとされています。また精神に対しては鎮静と高揚と両作用を持つと考えられており、ストレス性の不調軽減効果が期待出来るでしょう。そのほか女性ホルモン様作用を持つとされる「トランスアネトール」を含むため、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性も

リツエアクベバ/メイチャン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リツェアクベバはローレルやシナモンと同じクスノキ科の樹木で、和名はアオモジ(青文字)。そのほかメイチャンやチャイニーズペッパーなど様々な呼称で呼ばれています。精油は果実から採油され、レモングラスに似たサッパリとした香りが特徴。成分的にはシトラールに加えネラール・ゲラニオール・リモネンなどが含まれているため鎮静と刺激(高揚)の両方の作用を持つと考えられています。ストレス・精神面の不快感サポートに用いられているほか、消化不良・腹部膨満感などの消化器系、風邪予防や気管支炎などの呼吸器系ケアなど幅広い働きが期待されている精油でもあります。抗菌作用やデオトラント(消臭)作用がありますので、お部屋の空気浄化や体臭対策にも役立ってくれるでしょう。

Sponsored Link