エイジングケア一覧

イリス(アイリス/オリスルート)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フローラルかつ力強さを感じさせる香りを持つIris(イリス/アイリス)精油。オリスルートとも呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根が原料で、香りの持続力が高いことも特徴。しかし採油には手間と時間がかかり、また採油率も低いことから貴重で高価な香料としても知られています。一般的にアロマテラピーでは利用されませんが、温かみのある優しい香りには心を落ち着ける効果が期待されています。また近年はイリス抽出物に抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える美白作用があることが報告されており、美白ケアやエイジングケア用の化粧品にも用いられています。そのほかイリス精油に期待される作用や、皮膚刺激性など使用時の注意点などをご紹介します。

オポパナックス/スイートミルラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはミルラ(没薬)の近縁種にあたる樹木の樹脂を原料とする精油です。別名「スイートミルラ」とも呼ばれるようにミルラと似た香り・性質を持つと考えられ、古くは宗教儀式などで聖なる薫香として扱われていたという説もありますよ。ミルラと似ていると称されますがミルラよりもシャープやさ薬っぽさの少ないマイルドな香りが特徴で、柔らかく甘みのある香りからオリエンタル調の香水などにもよく用いられています。作用についてもミルラと同じく殺菌消毒作用から風邪予防や口臭・口腔・歯茎のトラブル緩和などなどに役立つと考えられています。そのほか精神面への働きかけや肌に対する効果など、オポパナックス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

リナローウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リナロールの合成法が確立されるまで、工業用リナロールの供給源として知られていたリナローウッド(リナロエウッド)。現在は減少が問題視されるローズウッドの代替え精油として用いられることもあります。成分・香り共にローズウッドと非常に似ていると称されますが、香りとしてはやや軽めの印象。リナロールを多く含有しているため不安や緊張などで疲れてしまった心を癒し、心のバランスを整える働きが期待されています。またリナロールには抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上などの働きも期待されていることから風邪などの感染症予防にも役立ってくれるでしょう。そのほか肌に対する効果などリナローウッド精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ローズウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹

ローズウッドはバラに似た香りをもつクスノキ科の樹木。かつてギアナ(カイエンヌ)やブラジルでは精油を採るために大量伐採が行われ、現在は絶滅危惧される種としてワシントン条約の規制対象植物に認定されています。そのため精油は入手困難となっており、環境保護の観点からもホーリーフなどを代用することも増えています。ローズウッド精油の主成分はリナロールで、中枢神経に働きかけることで鎮静・高揚両作用をもたらし心のバランスを整えてくれると考えられています。そのためアロマテラピーではストレス性の不調全般に用いられることが多く、また香料としてやスキンケア用としても需要が高い存在です。また感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアなど幅広い効果が期待され

ローズマリー・ベルベノン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされるシソ科植物、ローズマリー。古代には万能薬とも考えられていたハーブの一つで、悪魔から守る神秘的な力を持つとも言われていました。若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られていますね。精油はシネオール・ベルベノン・カンファーと3種類のケモタイプがありますが、このうちローズマリー・ベルベノンはケトン類の「ベルベノン」を含むことから肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられています。血行を促す成分も含まれているためダイエット目的でも用いられています。またスキンケアやヘアケアにもローズマリー系精油の中で特に優れていると言われ、細胞再生・代謝促進作用からエイジングケアまで様々な目的で

ヘリクリサム/イモーテル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヘリクリサムはキク科ムギワラギク属に属す植物で、精油の場合はイモーテル・園芸植物としてはカレープラントやエバーラスティングとも呼ばれています。精油は甘さを含んだ樹木系な香りを持ち、代表成分としては酢酸ネリル・γ-クルクメン・α-ピネンなどが挙げられます。抗アレルギーや抗ウィルス作用による風邪予防や花粉症などアレルギー症状の軽減・血流改善などの働きが期待され、温かさを感じる香りからストレスケアにも使われています。皮膚刺激が低いこと、細胞成長促進・瘢痕形成作用を持つとされることからエイジングケア~敏感肌のケアまで広く取り入れられている精油でもあります。そのほかヘリクリサム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

キャロットシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

キャロットシードはワイルドキャロット(野良人参)と呼ばれる野生種ニンジンの種子を原料とする精油で、漢方薬を思わせるようなやや土臭い香りが特徴的。あまりポピュラーな精油ではありませんが、抗酸化作用や皮膚細胞の活性化などの効果が期待できることからアンチエイジング用として注目されています。また「心身を浄化する」精油とも称され、心のリセット・リフレッシュ効果やキャロトール(カロトール)による肝臓強壮によるデトックス促進効果なども期待されています。リンパ系への刺激・利尿・赤血球増進などの働きも期待されており、貧血やむくみ・冷え性軽減用としても注目されています。そのほかキャロットシードに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・バージニアン/レッドシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッドバージニアは名前に“シダー”と付くものの、マツ科ではなくヒノキ科に分類される樹木を原料とした精油です。香りはややバルサミック感のあるヒノキと言った印象で、温かみのある香りは心を落ち着けさせ安心感を与えてくれるとも言われています。肉体面に関してはリンパの流れを良くする働き・利尿作用が期待できることからむくみ改善やセルライトケアなどに取り入れられています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つとされるため妊娠中などの使用は出来ませんが、殺菌消毒作用や昆虫忌避作用に優れることからハウスキーピングにも広く用いられています。そのほかシダーウッドバージニア/レッドシダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link