エイジングケア一覧

イリス/アイリスのアロマ(精油):効果効能紹介

イリス/アイリスはフローラルな香りを持ちますが、オリスルートと呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根から採油されます。製造に手間と時間がかかり、貴重で高値な精油です。アロマテラピーでは一般的に利用されませんが、スミレに似た温かみのある香りには心を落ち着ける効果があるとされ、またイリス抽出物には抗酸化作用とメラニン色素の生成を抑える

オポパナックス/スイートミルラのアロマ(精油):効果効能紹介

オポパナックス(スイートミルラ)は呼び名のとおりミルラ(没薬)の近縁種カンラン科の樹木の樹脂で、ミルラと似た香り・作用を持つとされています。精神に対しては鎮静作用と刺激高揚作用があり疲労や落ち込んだ心を回復させる効果が、肉体面に関しては消化器系の不調の緩和に有効とされており、抗菌・抗真菌・消毒作用から口腔トラブルやニキビや水虫(白癬)などの皮膚感染症のケアにも利用されています。

リナローウッドのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズウッドの減少を受け代用品として用いられることの多いリナローウッド(リナロエウッド)は、ローズウッドと非常に良く似た成分構成を持つことから精神安定や感染症予防などに有効と考えられています。また細胞の成長促進・組織再生促進作用によるエイジングケア、抗菌・抗真菌作用と合わせて皮膚炎症ケアに効果が期待

ローズウッドのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズウッドはバラに似た香りをもつクスノキ科の樹木。大量伐採により絶滅が危惧され近年入手困難の精油です。中枢神経に働きかけ、鎮静・高揚両作用をもたらすことから精神安定に役立つとされているほか、感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアにも有効と考えられています。近年は代用品としてリナローウッドや

シダーウッド・バージニアン/レッドシダーのアロマ(精油):効果効能紹介

シダーウッド・バージニアンはヒノキ科の樹木で、ヒノキに似た温かみのある香りは心を落ち着けさせ安心感を与えてくれます。リンパの流れを良くする働き・利尿作用がありむくみの解消に有効で、脂肪の蓄積防止・脂肪溶解を促す効果が期待できるためセルライトケアにも利用されます。妊娠中はNGですが月経不順などの改善に

Sponsored Link