エイジングケア

1/3ページ

イリス(アイリス/オリスルート)精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フローラルかつ力強さを感じさせる香りを持つイリス精油は、オリスルートとも呼ばれるように菖蒲(アヤメ)の根が原料香料としては人気ですが、一般的にアロマテラピーでは利用されていません。リラックスに繋がるという説がある他、近年はイリス抽出物に抗酸化作用とメラニン色素生成抑制効果が

オポパナックス/スイートミルラ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油でスイートミルラとも呼ばれていますが、香りとしてはミルラよりもシャープやさ薬っぽさの少ないことが特徴。柔らかい香りからオリエンタル調の香料にも使用されており、ミルラと同じく殺菌消毒作用から風邪予防や口臭・口腔・歯茎のトラブル緩和

リナローウッド精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

減少が問題視されるローズウッドの代替えとして注目されるリナローウッド(リナロエウッド)。香りはローズウッドよりもややライトな印象で、リナロールを含有量の高さから心のバランスを整える働きが期待されています。またリナロールには抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上などの働きも

ローズウッド精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹

ローズウッドはバラに似た香りが特徴のクスノキ科の樹木。かつては頻繁に精油が用いられていましたが、現在は絶滅が危惧されています。精油の主成分は中枢神経に働きかけることで鎮静・高揚両作用を持つとされるリナロール。心のバランスを整えるほか、感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症

ローズマリー・ベルベノン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬とも考えられていたハーブの一つで、若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られるローズマリー。ローズマリー・ベルベノンタイプは肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられ、血行を促すことからダイエットにも用いられています。スキンケアにも

ヘリクリサム/イモーテル精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヘリクリサムは香料としてはイモーテルとも呼ばれるキク科植物。精油は甘さを含んだウッディーな香りが特徴で、温みのある香りからストレスケアにも使われています。また抗アレルギーや抗ウィルス作用が期待できることからアレルギー対策として、皮膚刺激が低く細胞成長促進・瘢痕形成作用を持つと

【アロマ】キャロットシード精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

キャロットシードの精油はワイルドキャロットの種子が原料で、土っぽさとスパイシーさを併せ持ったハーバル調の芳香が特徵です。特徴成分であるキャトロールには肝機能をサポートする働きが報告されていることからデトックスサポートにも取り入れられている他、優れた抗酸化特性があること・皮膚修復

【アロマ】シダーウッド・バージニアン/レッドシダー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

シダーウッドバージニアはヒノキ科に分類される樹木を原料とした精油で、香りはややバルサミック感のあるヒノキと言った印象。リンパの流れを良くする働き・利尿作用が期待できることから、むくみ改善やセルライトケアなどに取り入れられています。殺菌消毒作用や昆虫忌避作用に優れた精油として

1 3