エイジングケア一覧

シダーウッド・アトラス/ホワイトシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

別名ホワイトシダーとも呼ばれているシダーウッド・アトラスは、モロッコ周辺が原産と考えられるマツ科樹木。精油はサンダルウッドをライトにしたような甘めのウッディーの香りですが、ややドライで男性的な印象があるためメンズコロン・男性用化粧品の香り付けなどにも利用されています。作用としては心を深く落ち着けたり強壮する働きがあると考えられており、ストレス対策や安眠サポートなどにも利用されています。またリンパの流れを良くする働きが期待されるためむくみ対策・セルライトケア用のマッサージオイルなどにも取り入れられていますよ。そのほかシダーウッド・アトラス精油に期待される作用や、妊娠中の使用を避けるなど使用時の注意点・オススメのブレンドもご紹介します。

マートル/銀梅花精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

マートルは地中海沿岸地域が原産の、ティートリーやユーカリなどと同じフトモモ科の樹木です。古代ギリシアやローマでは愛の女神に捧げる花だったとも言われており、現在でも「愛・純潔」を表すとして花嫁のブーケや髪飾りに使われています。精油はユーカリに似た爽やかさをベースに甘酸っぱさを含んだマイルドな香りで、作用も穏やかであることから広く利用されています。成分的にはα-ピネンや1,8-シネオールなどが多く含まれているため優れた消毒・抗菌作用が期待され絵地ますし、鎮静作用を持つことや柔らかい香りからリラックスタイムから睡眠時のルームアロマとしても役立ってくれるでしょう。そのほかマートル精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

サンダルウッド/白檀精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

サンダルウッドの精油は白檀の木部を原料としており、日本人からするとお寺や仏間を連想する静かで深い香りが特徴です。定着性が高く香りが長く残りますし、時間の経過とともに香りが成熟し品質が向上するタイプなので使いやすい精油でもあります。白檀は世界最古の香料(香木)の一つにも数えられる存在で、古くから瞑想様・意識を集中させたいときなどに利用されてきました。アロマテラピーでも気持ちを落ち着けたい時に適した精油とされていますが、抑鬱の場合は鎮静効果が強すぎて気分がいっそう落ち込む可能性があることも指摘されています。そのほか不眠緩和・冷えやむくみの改善・セルライト対策などサンダルウッド精油に期待される作用や効果、使用時の注意点などをご紹介します。

パルマローザ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パルマローザは植物としてはイネ科・レモングラスやシトロネラの近縁種にあたりますが、名前の通りハーバル調の中にバラに似たフローラル感のある香りがあることが特徴。精油はバラ調の香りを作るための香料としても芳香剤や化粧品などにも使われています。主成分は鎮静作用や抗不安・抗うつ作用などメンタル面への働きかけが期待されるゲラニオールで、鎮静作用と高揚作用を併せ持った精油として心のサポートにも取り入れられています。また免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などから感染症予防にも効果が期待できますし、華やかな香りは芳香剤も兼ねてくれるので一石二鳥ですね。そのほかパルマローザ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

エレミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エレミはフランキンセンスやミルラと同じくカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油で、レモンやパイナップルなどに例えられる爽やかな芳香が特徴です。古代エジプトではミイラ作りの防腐剤として、ヨーロッパでは皮膚軟膏の原料などにも使われていたのだとか。成分としてはリモネン含有量が高く、気持ちを落ち着けるほかポジディプな気持ちや楽観的になるための手助けをしてくれるとも言われていますよ。消化器系のサポートにも効果が期待されていますし、免疫力向上・抗菌・抗ウィルス作用から風邪などの感染症の予防にも利用されることがあります。そのほか癒傷・瘢痕形成作用による皮膚トラブル軽減など、エレミ精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

ミルラ/没薬精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古代文明時代から広く使用され“世界で歴史ある薫香の1つ”とも称されるミルラ。キリスト誕生時にフランキンセンス・黄金と共に捧げられた没薬もミルラのことを指します。精油は甘くスモーキーな香りが特徴で、鎮静作用と高揚作用を持ち合わせていると考えられています。このため心を癒やしてくれる精油として精油としてメンタルサポートにも広く利用されています。抗炎症作用やシワ対策などエイジングケア面でも注目されており、スキンケア用としても親しまれていますよ。また各地で伝統医薬として喉の炎症などにも利用されてきた歴史もあり、消化器系の不調の緩和・風邪などの感染症の予防などに有効と考えられているミルラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

フランキンセンス/乳香/オリバナム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イエス・キリスト誕生時に東方三博士が黄金、ミルラ(没薬)とともに捧げたと伝えられるフランキンセンス。オリバナムもしくは日本では“乳香”という名でも知られています。微かにレモンのような爽やかさを持つ神秘的な香りは鎮静効果に優れていることから古来より瞑想にも利用され、金と同等以上に価値あるものとして扱われていたとも言われています。バルサム系精油ですが癖のなくスッキリとした香りですし、α-ピネンやリモネンなど抗菌作用を持つ成分が多いので空気浄化にも役立ちますよ。そのほか近年ではスキンケア・アンチエイジングにも注目されているフランキンセンス精油や期待されている作用について、また使用時の注意点などをご紹介します。

月桃(ゲットウ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

沖縄県の特産品でサンニンとも呼ばれる月桃。赤ワインの34倍のポリフェノールが含まれているアンチエイジング植物として話題となり、精油やフローラルウォーターも高い抗酸化作用や収斂・保湿作用があると考えられてることから敏感肌・エイジングケア用など様々なタイプの化粧品に配合されています。精油成分としてはテルピネン4オールや1,8-シネオールが多く含まれていることが特徴で、成分の働きから抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として風邪予防や花粉症対策にも注目されています。鎮静・神経強壮作用を持つとも言われていますから、ストレス軽減や集中力アップに繋がるという説も。そのほか月桃精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link