エイジングケア一覧

ローズ・オットーアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから女性を魅了して止まない薔薇。バラの花を原料としたローズオイルは水蒸気蒸留のオットー・溶剤抽出のアブソリュートの2つに大きく分けられます。ローズ・オットーはよりフレッシュなバラの花の香りに近いエレガントな香りで、溶剤を含まないことから皮膚に使う場合の安心感が高いこともメリットとされています。鎮静作用や抗うつ作用などが期待されている成分が多く含まれているため、華やぐ香りと合わせて心のサポートにも役立ってくれるでしょう。そのほかPMS・更年期障害・月経不順など女性領域の不調軽減や、スキンケアまで様々な用途で利用されているローズ・オットー。精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

プチグレン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油です。スイートオレンジやレモン、マンダリンもしくはタンジェリンなどの樹の葉から採油された精油も“プチグレン”と総称されることがありますが、成分比率が異なるため注意が必要。ビターオレンジを原料とするプチグレン精油は、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含んだ香りが特徴。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれるため鎮静と高揚の両作用から精神面をサポートしてくれるでしょう。そのほか自律神経を整える・不眠を軽減する・胃腸機能をサポートする・デオドラントほかプチグレン精油に期待される作用や効果、使用時の注意点をご紹介します。

マンダリン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ミカンを連想させるタンジェリンに対し、フローラルさの混じった甘い柑橘系の香りを持つマンダリンの精油。作用が穏やかで扱いやすい精油の一つにも数えられていますし、交感神経を鎮静させることで精神疲労やストレス緩和にも有効とされています。成分としてはリモネンが多いので消化器系への働きを助ける働きも期待できますし、γ-テルピネンの働きから風邪・インフルエンザなどの予防や初期症状ケアにも繋がります。ティートリーなどの薬品っぽい香りが苦手な方も取り入れやすいですね。スキンケアとして利用した場合の作用や、血行促進作用や鬱滞除去作用によるむくみ・セルライト対策など、マンダリン精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

ネロリ/オレンジブロッサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

高級香水にも使われているネロリは、オレンジ・ブロッサム(フラワー)とも呼ばれるようにビターオレンジの花が原料の精油です。柑橘系の爽やかさを含んだフローラル調の香りが特徴で、リナロール・酢酸リナリル・リモネンなどを多く含むことから「天然の精神安定剤」と言われるほど精神面の不調に有益な精油の一つと考えられています。また酢酸リナリルを含むことから不眠の軽減や安眠サポートに、エストロゲン様作用が期待されるネロリドールを含む事から月経トラブルをはじめ更年期障害やPMSなど女性領域での不調緩和にも効果が期待されていますよ。そのほかスキンケアへの利用などネロリ精油に期待される働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link