ハーブ系一覧

パルマローザのアロマ(精油):効果効能紹介

レモングラスやシトロネラの近縁種ですが、名前のとおりフローラルな香りを持つパルマローザ。鎮静作用と高揚作用を併せ持っており、精神安定に高い効果が期待出来ます。強壮作用もありますからストレス対策にピッタリです。また鎮痛作用、内分泌系・リンパの活性化、免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用などによる感染症予防

タイム・リナロールのアロマ(精油):効果効能紹介

タイム・リナロールはタイム精油の中では作用が穏やかで敏感肌の方・お子様も利用できます。リナロールの含有率が高いため鎮静・抗不安作用に優れており、精神安定や神経疲労回復に役立ちます。また抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力向上による風邪・インフルエンザ予防効果や、消化促進作用による便秘や下痢の改善にも

コモンタイムのアロマ(精油):効果効能紹介

タイムには多くのケモタイプ精油がありますが、単に「タイム」と言われた場合はコモンタイムを指し、刺激性の問題からホワイトタイムを用いるのが主流です。神経強壮や脳細胞活性作用があるとされ、活力や集中力を高めるため仕事中など活動時の香りとして用いられます。そのほか血行促進・貧血改善・感染症予防・健胃・食欲

タラゴン/エストラゴンのアロマ(精油):効果効能紹介

フランス語の「エストラゴン」の名で料理用ハーブとして知られているタラゴン。通経作用や生殖器系の強壮作用を持ち、無月経・生理不順・生理痛・PMSなどの改善に役立つ女性に適した精油とも言われています。その他に花粉症緩和、血行促進による冷えの改善、抗菌・抗ウィルス作用による風邪やインフルエンザ予防対策など

コモンセージのアロマ(精油):効果効能紹介

コモンセージはシャープでクリアな香りが特徴で、頭をシャッキリと冴えさせるほか抗うつ作用によって気分の落ち込みを緩和してくれます。消化器系の働きを高めるほか、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分を多く含み、生理不順や少量月経などの月経トラブルや、更年期障害・PMSなど女性特有の不調・不快症状に

レモンバーベナのアロマ(精油):効果効能紹介

「レモンの香り」香料として用いられることの多いレモンバーベナは柑橘系に似た甘みのある香りが特徴です。鎮静作用から副交感神経を活発化させ、ストレス症状の緩和や精神・神経疲労の回復に役立つほか、リフレッシュ・高揚作用、血液やリンパ循環促進から冷えやむくみの解消、消化器系補助、風邪などの感染症予防と幅広く

Sponsored Link