ハーブ系

5/7ページ

バレリアン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バレリアンは古代ギリシア時代から神経の高ぶりを抑え眠りに導くハーブとして用いられ、古くは「オールヒール」や「神様の睡眠薬」とも呼ばれたハーブ。バレリアン精油はマイナーな存在ですが、イソ吉草酸バレレニル・バレレノール・バレレナールなどの特徴成分の働きからメンタル面のサポート

ローズマリー・カンファー/ボルネオン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬として重宝されたほか、頭の働きをよくするハーブとしても利用されていたローズマリー。ローズマリー・カンファーの精油は神経毒性が指摘されるケトン類のカンファー(ボルネオン)を含むため使用に注意が必要ですが、神経と筋肉への働きかけがあり筋肉痛・関節痛・リウマチ・神経痛など

ローズマリー・ベルベノン精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くは万能薬とも考えられていたハーブの一つで、若返りの水とも呼ばれるハンガリアンウォーターの原料としても知られるローズマリー。ローズマリー・ベルベノンタイプは肝機能調整・脂肪溶解・代謝促進などの働きがあると考えられ、血行を促すことからダイエットにも用いられています。スキンケアにも

ローズマリー・シネオール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

地中海沿岸が原産とされ、古くから殺菌消毒作用に優れた薬草・ハーブとして利用されてきたローズマリー。ローズマリー・シネオールは1,8-シネオールによる抗菌・抗ウィルス・抗炎症作用が期待できることから、風邪予防や呼吸器系の不調・花粉症などの軽減に効果が期待されています。集中力向上や

キャロットシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

キャロットシードはワイルドキャロット(野良人参)の種子を原料とする精油で、漢方薬を思わせるようなやや土臭い香りが特徴的。あまりポピュラーな精油ではありませんが、抗酸化作用や皮膚細胞の活性化促進が期待できるアンチエイジング精油として注目されています。また心身を浄化する精油とも称され

パルマローザ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パルマローザはレモングラスやシトロネラの近縁種です。名前の通りバラに似たフローラル感のあるハーバル調の香りが特徴で、精油の主成分はゲラニオール。鎮静作用や抗不安・抗うつ作用などメンタルサポートが期待されるほか、免疫賦活作用や抗菌・抗ウィルス作用から感染症予防にも役立つと考えら

タイム・リナロール精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・リナロールはコモンタイムを原料ととしたケモタイプ精油の一つ。リナロールは鎮静・抗不安作用に優れていると考えられているため心のサポートにも取り入れられていますし、作用が穏やかで敏感肌の方・お子様に対しても使いやすい精油とされていますよ。抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用や免疫力

コモンタイム精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイムには多くの種類がありますが、一般的なのはコモンタイム(T.vulgaris)。精油は更にケモタイプが存在していますが、単にコモンタイムと呼ぶ場合は再蒸留されたホワイトタイムを指します。刺激性が高いため注意が必要ですが、チモールやカルバクロールには優れた抗菌・抗ウィルス作用が報告されて

1 5 7