ハーブ系

7/7ページ

【アロマ】スイート・マジョラム精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

肉と相性の良いハーブとしても親しまれているマージョラム。精油はほのかに苦くスパイシーさを感じる香りが特徴で「心を温める精油」とも称されています。神経系の緊張を緩めてリラックスさせる事が得意な精油と考えられているほか、体を温める働きや痛みを緩和する働きも期待され、冷え性や生理痛

【アロマ】スペアミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

スペアミントはさっぱりとしつつ、お菓子を連想させるようなマイルドな香りの精油。主成分はカルボンでメントール含有率が低いなど、ペパーミントとは芳香成分や使われ方に違いあります。抗菌性が報告されているほか、消化器系ケアや花粉症軽減、集中力サポートなどにスペアミント精油に期待されている作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】ペパーミント精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

シャープでクールな香りが特徴のペパーミント。日本のハッカよりは少しマイルドな印象がありますが、脳を刺激して眠気を覚ましたり、集中力を高める働きが期待されています。冷感作用でエコな涼しさを感じたり、花粉症対策に用いられたりと、幅広く活用されている精油の一つでもあります。そんなペパーミント精油に期待される作用、使用時の注意点をご紹介します。

【アロマ】フェンネル・スイート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘く華やかな香りが特徴的なフェンネル。紀元前から薬として利用されてきたハーブで、日本でも茴香(ウイキョウ)として活用されています。芳香には抗不安作用などメンタル面のサポート、トランス-アネトールを含むことから女性ホルモンの乱れによって起こる更年期障害などにも用いられています。そのほかフェンネル・スイート精油に期待される作用、使用時の注意点などもご紹介します。

【アロマ】アンジェリカルート精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

アンジェリカはヨーロッパ伝統医療で古くから用いられてきたセリ科のハーブで、精油は精神面の不調軽減に優れた存在と考えられ「不安と力の精油」とも称されいます。自律神経・女性ホルモンのバランスを整える作用が期待できることに加え、加温作用・利尿作用など女性のサポートに

1 7