ハーブ系一覧

スイート・マジョラム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

肉のハーブとも言われる通りイタリアンなどでよく料理に使われているハーブ、マジョラム。ほのかに苦くスパイシーさを感じる香りを持つ精油は「心を温める精油」と称されることもあるように、精神面に対して高い効果が期待されています。また体を温める働きや痛みを緩和する働きもあり、冷え性や生理痛などの冷えにより悪化する痛みの軽減にも取り入れられることがあります。神経系の緊張を解きほぐしリラックス状態へと導く働きが期待できるため、不眠の軽減や消化器系の不調があるときのサポートとしても適しているでしょう。そのほか皮膚利用についてなど、マジョラム・スイート精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

スペアミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

お菓子を連想するような、甘さと清涼感を併せ持った香りのスペアミント。これは主成分がペパーミントやニホンハッカとは異なるl-カルボンのためで、作用もミント類の中では穏やかとされています。香りの印象通りスペアミントは精神面に対しても柔らかく働きかけて気持ちを落ち着ける働きが期待されており、リラックスタイムの使用にはより適した存在と考えられています。また消化器系への働きかけも期待できるので食欲不振や乗り物酔いの軽減などにも取り入れられています。若干皮膚刺激性はありますが痒みを軽減する働き・防虫効果が期待できることから虫刺され対策にも役立ってくれるでしょう。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ペパーミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガムや歯磨き粉などのフレーバーとしてお馴染みのペパーミント。シャッキリとした強いメントール感が特徴で、眠気覚ましや集中力向上などに高い効果が期待できるほか、心を冷静にしてイライラや興奮を鎮める働きもあると考えられています。肉体面に関しては健胃作用など消化器系への働きかけに優れた精油とされていますし、風邪や花粉症による鼻づまりケアにも取り入れられていますね。メントールには鎮痛作用があることから頭痛や偏頭痛・筋肉痛など様々な痛みの軽減に、また冷感作用という皮膚につくと冷たく感じる働きがあることから、エコな暑さ対策としても注目されていますよ。そのほかペパーミント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

フェンネル・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

魚料理のハーブとして知られるフェンネルは、栽培の歴史が最も古い植物の一つとも言われ古くから利用されてきた香辛料。精油は爽やかなスパイシーさと甘さを含んだ華やかな香りで、女性ホルモン(エストロゲン)に似た分子構造を持つトランス-アネトールが含まれていることが特徴。アネトールの働きから月経不順や更年期障害など女性特有の不調軽減に効果が期待されていますし、リモネンと合わせてむくみや便秘などの胃腸トラブル緩和にも役立つと言われています。デトックスをサポートしてくれるオイルとしてマッサージなどにも取り入れられていますよ。そのほか精神面へのサポートなどフェンネル・スイート精油に期待される働きについてや、使用時の注意点などをご紹介します。

アンジェリカルート/アンジェリカシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンジェリカはヨーロッパで古くから用いられてきたセリ科ハーブで、日本では西洋当帰(ヨーロッパ当帰)とも呼ばれています。現在でもハーブティーなど様々な形で用いられていますが、精油の場合は「不安と力の精油」とも称され精神面の不調を緩和・解決に優れた存在と考えられています。ルートオイルはやや土っぽい香りですがストレスケアとして広く用いられており、自律神経のバランスを整える働きが期待されるため消化器系など肉体面の不調にも利用されています。そのほか女性ホルモンのバランスを整える作用や加温作用・利尿作用などから“女性の為の朝鮮人参”とも称されているアンジェリカとその精油について、期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link