ハーブ系一覧

スパイクラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクラベンダーは真正ラベンダーと同属で外見もよく似た植物ですが、その香りはカンファー系寄りでのシャープな印象であることが特徴。力強い香りや他のラベンダー類よりも強靭な植物であることから「男のラベンダー」と呼ばれることもあります。真正ラベンダーと同様に神経系の鎮静や抗うつへの働きかけが期待されるリナロールも含まれていますが、スッキリとした香りからリフレッシュ用としてよく取り入れられています。カンファーや1,8-シネオールも含むことから風邪予防や呼吸器系の不調緩和のほか、血行促進効果や鎮痛・消炎作用も期待されていますよ。そのほかスパイクラベンダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カラミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スッキリとしてシャープな香りを持つカラミント。ペパーミントやペニーロイヤルなどをブレンドしたような印象の香りが特徴で、植物としてはシソ科カラミント属に分類されています。好き嫌いの少ない香りで使いやすい精油ではありますが、経毒性と堕胎作用があるメントンを含むため扱いに注意が必要とされていつため、あまり一般的とは言えない精油です。ただしメントンには胆汁分泌を促進することで消化を助ける働きがあるという説もあります胸焼けや食欲不振時などにごく少量取り入れられたり、リモネンと合わせてストレス軽減やリフレッシュ用として用いられることもあります。そのほかカラミントについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用を持つとされる1.8-シネオールが多く含まれており、リラックスとしてのほか風邪予防にも役立つと考えられています。そのほかロザリーナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タナセタム/ブルータンジー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タナセタムの精油はハーバル感の中にフルーティーさを含んだ、濃厚な香り。またブルータンジーと呼ばれるようにインクのような青色をしており、カモミール・ジャーマン同様に精油成分「カマズレン」を含むことからスキンケア用精油としても注目されています。アトピー性皮膚炎症や花粉症・喘息などへの緩和効果が期待されていますし、香りはリラックス・リフレッシュにも繋がる可能性がありますよ。そのほかタナセタム精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つで、キリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」とも言われています。土を燻したような個性的かつ濃厚な香りのため、好き嫌いは別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待

リンデン/アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リンデンはリラックス用のハーブティーとしても使われている植物で、リンデンフラワー(ライムフラワー)から精製されるアブソリュートもまた芳醇な花の香りからリラックス効果が期待されています。フローラル調とグリーン調の混ざった繊細な香りは、甘すぎずサッパリした印象なので男性にも支持されやすいそう。香水や化粧品の原料としても重宝されています。ゆったり優雅なリラックスタイムを演出してくれるリンデン・アブソリュートについて期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

紫蘇(シソ)は香味野菜や着色料として和食を支える、日本を代表するハーブの一つ。和精油・国産アロマの1つとしても注目されており、シソそのものに近い香りが楽しめます。精油成分としてもリモネンを含むことからリラックス効果が期待されているほか、シソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液分泌を促す働きをもつ可能性も報告されていますよ。共に抗菌作用を持つ成分でもあるので風邪予防にも役立ってくれるでしょう。そのほかシソ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link