ハーブ系一覧

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

薄荷(ハッカ)としてお菓子などでもお馴染みのコーンミント。クールミントと呼ばれるようにミント類の中でも特にスッキリと清涼感が強い香りが特徴で、近年はヒンヤリとした冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されています。体臭対策・防虫剤など夏場に嬉しい作用が多いほか、シャープな香りですがリフレッシュだけではなく鎮静作用も

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーにティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用のある1.8-シネオールが多く、リラックス用や風邪予防

タナセタム/ブルータンジー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タナセタムの精油はブルータンジーと呼ばれるように、青色の精油成分「カマズレン」を含みインクのような青色が特徴。カモミール・ジャーマン同様にスキンケア用精油として近年注目を集めており、アレルギー性皮膚炎症のほか花粉症・喘息などへの緩和効果が期待されています。香りはハーバル感の中にフルーティーさがあり、ストレス対策

スパイクナード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイクナードは非常に古い歴史を持つ精油の一つでキリストの足を拭う際に使われた「ナルドの香油(ナルデの香油)」としてもよく知られています。香りは重く個性的なため好き嫌いが別れますが、グラウンディング作用が高い精油として精神安定(鎮静)・精神面に起因する不調の緩和に高い効果が期待されています。血行促進や月経リズム

リンデン/アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リラックス用のハーブティーとして知られるリンデン。リンデンフラワー(ライムフラワー)から精製されるアブソリュートもまたリラック作用に優れていると考えられていますし、芳醇かつ繊細なフローラル調の香りから香水や化粧品の原料としても重宝されています。甘すぎないさっぱりとした香りは男性にも支持されやすく、ゆったり優雅

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香味野菜や香辛料、着色料として和食を支える存在でもある紫蘇(シソ)。日本を代表する和精油・国産アロマの1つとして注目される精油はリモネンを含むことから精神安定やリラックス効果が期待されています。またシソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液の分泌を促進し食欲を出させる働きがあり、リモネンと相乗して胃腸機能向上

パセリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

野菜としては独特の香りから嫌われることも多いパセリですが、種子から採油された精油(パセリシード)葉の香りよりも温かさのあるスパイシーな香りを持ちます。精神面に対しては鎮静やクールダウンに有効と考えられていますし、高い利尿作用をはじめ、駆風、緩下作用などから便秘・むくみの改善、デトックス用としても利用

ディルシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ディルの精油はややスパイシーながらミントに似たスッキリした香りを持ちますが、「鎮める・なだめる」などの意味を持つ”dilla”という言葉が語源と言われる通り、精神安定や不眠の緩和に高い効果が期待出来ます。お腹の張りなど消化器系の不調や、咳・痰・鼻水・鼻詰まりなど呼吸器系の不快感の緩和、しゃっくり止めなどにも

Sponsored Link