ハーブ系一覧

タイム・ツヤノール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ツヤノールはツヤノールという成分を多く含むタイムのケモタイプ精油です。ミントのような爽やかさとほのかな甘さのある香りが特徴で、刺激性・毒性が強いとされるフェノール類をほとんど含まないためタイム系統の中では扱いやすい精油と言えるでしょう。ツヤノールを筆頭に抗感染症作用や免疫強壮作用などが期待されるモノテルペンアルコール類の含有が高いことから風邪やインフルエンザの予防に効果が期待されています。爽やかな香りはリフレッシュやメンタルサポートにも役立ちますし、肝臓強壮による二日酔い軽減や疲労回復に良いという説もあります。そのほかタイム・ツヤノール精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイムのケモタイプ精油。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれており、ハーバル感が強いタイム系精油にはめぐらしく薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴です。ゲラニオールや酢酸ゲラニルなどの含有が高いため鎮静・抗不安作用など精神面のサポートに優れた働きを持つと考えられていますし、女性領域でのサポートも期待されています。また抗菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪などの感染症予防に有効とされ、フェノール類をほとんど含まないことから刺激が低く皮膚利用も可能な精油とされています。そのほかタイム・ゲラニオール精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

レモンタイム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

名前の通りレモンのような爽やかな香りを持つタイムの仲間、レモンタイム。精油もレモンとタイムを合わせたようなハーバルで優しい香りがあり、コモンタイム類よりもチモール・カルバクロールなどフェノール類の含有率が低いことから作用も穏やかであると考えられています。柔らかくスッキリした香りはリフレッシュやリラックスを手助けしてくれると考えられていますし、抗菌作用や抗炎症作用が期待できる1.8-シネオールやシトラールを含むため風邪予防や呼吸器系の不調緩和にも有効と考えられています。神経強壮や消化器サポートに良いとする説もありますよ。そのほかレモンタイム精油に期待される働きやオススメのブレンド、使用時の注意点などをご紹介します。

イニュラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イニュラはハーブとして使われるエレキャンペーンの近縁種で、デイジーに似た黄色い花が特徴的な植物。精油はカンファー感の強め、かつフローラル感のある奥行きのある香りがあります。日本ではあまりポピュラーな精油ではありませんがアロマテラピーにおいて最も強い粘液溶解作用を持つとも言われており、花粉症対策効果が期待できる精油として近年少しずつ日本でもイニュラの注目度が高まっています。抗菌・抗ウィルス作用なども期待できるので風邪予防としても役立ってくれるでしょう。香りの印象に反して鎮静作用があると考えられているのでストレス対策にも取り入れられていますよ。そのほかイニュラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タジェット(マリーゴールド)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タジェットは通常マリーゴールドとも呼ばれている、Tagetes(コウオウソウ)属の植物の総称。精油の原料としても何種類かが利用されていますが、日本ではメキシカンマリーゴールド(Tagetes minuta)から抽出されたものが多く使われています。タジェット精油はハーブ調の中に柑橘系に似たフルーティーさを含む濃厚な香りが特徴。作用が強く皮膚感作性や光毒性(光感作性)があるため取扱が難しい精油とされていますが、鎮静作用によるストレス軽減・タコや魚の目のケアなどに取り入れられています。伝統的に殺虫剤として用いられていた事もあり虫除け効果も期待されていますよ。そのほかタジェット精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイムマストキナ/スパニッシュマジョラム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイムの仲間ですが、一般的なタイムより甘さのあるハーバルかつスパイシーな香りが特徴のタイムマストキナ。スペインが原産であり、マジョラムに近い香りがすることからスパニッシュマジョラムとも呼ばれています。日本ではあまり一般的ではありませんが、欧米では口腔洗浄剤やルームリフレッシュナーとしても用いられていますよ。成分的に見ても1.8シネオールが多く含まれているため抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待され、風邪予防や呼吸器系トラブル軽減用に役立つと考えられています。爽やかな香りは気分のリフレッシュにも役立ってくれるでしょう。そのほかタイムマストキナの精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパニッシュセージは別名ラベンダーセージとも呼ばれていますが、ラベンダー調と聞いてイメージする香りというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近い香りを持つことが特徴。また芳香関係ではスパニッシュセージをラベンダーセージと呼ぶことが多いですが、園芸植物としては花の形状がラベンダーに似ている“Salvia cv. Indigo Spires”のことを指すのが一般的のため注意が必要です。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高いことが特徴で、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として空気清浄・風邪予防にも活用されていますよ。そのほかスパニッシュセージの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ダバナ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

洋酒のようなフルーティーで芳醇な香りを持つダバナ。日本ではあまりポピュラーな香料植物ではありませんが、香水原料としての需要が高く、皮膚に付くことで人によって異なった芳香を放つとも言われています。ヨモギ属に分類される植物であり、原産地のインドでは伝統医学アーユルヴェーダで使われるハーブでもあります。ダバナの精油にはメンタルバランスを整える・喉の不調緩和などの効果が期待できるという説もありますが、デイリー使いよりも手作り香水などに使う方が多い精油です。特有の甘くしっとりとした香りはハマると病み付きになるとも言われていますよ。そのほかダバナについてや精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link