感染症予防一覧

ブルーサイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジャーマンカモミールに含まれているカマズレンと同じ“アズレン誘導体”に含まれるグアイアズレン(Guaiazulene/ガイアズレンとも)を含み、濃い青色が特徴のブルーサイプレス。抗ウィルス作用や抗炎症作用・抗アレルギー作用などあると考えられ、花粉症などのアレルギー症状軽減、皮膚の治癒・再生促進効果などが期待

フレンチラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ストエカスラベンダーやスパニッシュラベンダーとも呼ばれるフレンチラベンダーは、カンファー感のあるハーバルな香りが特徴。ケトン類の含有量が高いため取扱の難しい精油とされていますが、殺菌・抗菌・粘液溶解・去痰作用などが期待できることから風邪予防や空気浄化に役立つと考えられています。脂肪溶解作用があるとして痩身用にも

レモンタイム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

名前の通りレモンのような爽やかな香りを持つタイムの仲間、レモンタイム。レモンとタイムを合わせたようなハーバルで優しい香りを持つ精油はリフレッシュやリラックスに役立つと考えられています。成分的には抗菌作用や抗炎症作用が期待できる1.8-シネオールやシトラールを含むため、呼吸器系の不調や風邪予防などに有効と考えられ

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュートは、インドなどで神聖な木とされているキンコウボク(金香木/金厚朴)の花を原料としています。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で用いられるようになりました。アロマテラピーでは使われませんが、華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つのでは

シベリアモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロシアでは“伝統療法の万能薬”とも呼ばれているシベリアモミを原料とした精油は、カンファー感がありファー系精油の中でもスッキリとした香りが特徴。他モミ系の精油と同様にα-ピネンやリモネンを多く含むことからメンタルバランスを整える働きや強壮、風邪・インフルエンザ予防に役立つと考えられています。また血行を促進する成分

イニュラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

デイジーに似た黄色い花を持つエレキャンペーンの近縁種イニュラ。精油はややカンファー感が強いですがどことなくフローラルな印象もある奥行きのある香りを持ちます。アロマテラピーにおいて最も強い粘液溶解作用を持つとも言われており、花粉症対策効果が期待できる精油として近年少しずつ注目度が高まっています。ストレス対策や風邪

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド類の含有率が高いことから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて気分ややる気を高める働き・血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されています。ブレンド用としてごく少量加える

カヤ(榧)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

榧(カヤ)の精油は柑橘系のスッキリとした香りを持ち、持続性が比較的長いことが特徴です。リモネンが主成分でα-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果が期待されているほか、さっぱりとした香りでリフレッシュや空間演出にも役立つでしょう。成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも効果が期待

Sponsored Link