感染症予防一覧

ホーリーバジル/トゥルシー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドの伝統医術アーユルヴェーダで用いられるハーブとしてや、神聖なハーブ・万能のハーブとして紹介されることもあるホーリーバジル。近年はストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンの一つとしても注目されているハーブの一つで、精油もストレスへの抵抗力を高める働きが期待されています。重めのハーバル調と称される香りですが、主成分はオイゲノールでクローブに似た甘さとスパイシーさを含むことも特徴的です。オイゲノールの働きから消化機能系のトラブル軽減や風邪予防、歯痛・頭痛・関節炎などの痛み緩和にも効果が期待されています。そのほか抗菌・抗カビ作用などホーリーバジル精油に期待される働きや、皮膚刺激性など使用時の注意点についてもご紹介します。

モミ(トドマツ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年“和精油”の一つとして注目されているモミ精油。モミは狭義で学名Abies firmaを指しますが、精油として流通しているのは北海道に分布しているトドマツを原料としたものが多くなっています。トドマツ精油は軽いカンファー感のある爽やかな森の香りで、ボルニルアセテート(酢酸ボルニル)・α-ピネン・リモネンなどが含まれているためリラックスや安眠サポートにも役立つと考えられていますよ。また抗菌作用を持つ成分を多く含むため風邪やインフルエンザなどの感染症予防に、抗炎症作用を持つカンフェンを含むことから呼吸器系の不調軽減にも効果が期待されています。そのほかモミ(トドマツ)精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ガランガル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ガランガルはインドネシアやタイなどで香辛料として用いられているショウガ科植物で、月桃と同じくハナミョウガ属に分類されています。精油の原料として使われるのは主に大ガランガルと呼ばれる種類で、やや甘さのある生姜に似た香りが特徴とされています。酢酸ゲラニル・リナロールなど様々な成分が含まれており、リフレッシュ効果や気持ちを前向きにするためのサポートにも役立つと考えられていますよ。また主成分が1,8-シネオールのため風邪予防や呼吸系の不調軽減に、伝統医療における利用の歴史と合わせて消化器系の不調緩和にも効果が期待されています。そのほか疲労回復促進などカランガル精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

カナンガ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カナンガはアジアの熱帯地域に分布するイランイランと非常に近い樹木(花)を原料とした精油で、香りもよく似ています。イランイランの代替品に使われていたり、逆に3級以下のグレードが低いイランイラン精油をカナンガオイルとして売られていたりとグレーな部分も指摘されているため、購入時には信頼できるメーカーを選ぶなど注意が必要。アロマテラピーでは用いられていない精油でしたが、β-カリオフィレンが多いこと・微量成分を含めると100種類以上の芳香成分を含むことからストレスケアなどに効果が期待されています。PMSや更年期障害の精神面のサポートにも繋がる可能性がありますよ。そのほかカナンガ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ターメリック精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやカルダモンと共にカレーの材料として知られるターメリック。ポリフェノールの一種であるクルクミンによる肝臓の保護・回復効果や認知症予防などでも注目されているスパイスです。香辛料としても精油としても一般的に「ターメリック」と呼ばれているものは秋ウコンと呼ばれる種類(学名:C. longa)が使用されています。精油はスパイシーさとウッディー感のある温かい香りが特徴で、心に対しての刺激・強壮作用や消化機能サポートなどに役立つと考えられています。そのほか集中力向上・関節痛や神経痛などターメリックに期待さていれる働き、ケトン類を含むことから指摘されている刺激性・毒性・感作作用などの注意点についてもご紹介します。

ホップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ビールの材料としてお馴染みのホップ。シュメール文明期には既にポップと大麦を使って自然発酵させたビールの原形があったと言われるほどで、嗜好品としてではなく薬としても用いられていたと伝えられています。中世ヨーロッパのハーブ辞典にはホップの鎮静効果も記されており、現在でもドイツのコミッションEなどで認められています。ホップ精油は日本では非常にマイナーな存在ですが、鎮静作用や小鎮痛・抗炎症作用が期待できるとして欧米を中心に取り入れられているそう。ただし香気成分については未解明な部分も多くエストロゲン様作用なども不明瞭であること、常用すると逆に鬱症状の原因となる可能性がある・皮膚刺激性が強いなど注意点についてもご紹介します。

ラブラドルティ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラブラドルティは北米周辺が原産とされるツツジ科の樹木。呼び名は厳密には「Labrador Tea」で、ネイティブ・アメリカンの人々が煮出してお茶として飲んでいたことに由来しています。精油としては超が付くほどマイナーで、安全性・毒性等についてのデータがあまりなく解明されていない点も多い存在。ほろ苦さやスパイシーさを持つ個性的なハーブ調の香りですから、手作り香水を作る場合などには良いでしょうが、特に目的がない場合は利用を控えたほうが確実です。成分的に見た場合はα-ピネンなどモノテルペン炭化水素類の割合が高いため鎮静・リラックス効果や不眠症軽減、抗菌作用や抗ウィルス作用が期待できるから風邪・インフルエンザなどの感染症予防などに役立つ可能性

Sponsored Link