便秘一覧

コリアンダーシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

コリアンダーと言うとカレーのスパイスやパクチーなどの印象を持たれることもありますが、コリアンダーシード(果実)を原料とする精油は甘くスパイシーな香りが特徴とされています。スパイス系に分類されますが、クセがなく使いやすい精油の一つです。成分的にも鎮静作用を持つリナロールが主成分のため、気持ちの落ち込みを軽減するなどの精神安定効果や不眠対策など心のサポートに高い効果が期待されていますし、消化機能系の不調全般にも有効と考えられています。抗菌・抗真菌作用もあるので、お部屋の空気浄化やデオドラントにも役立ちますよ。そのほか血行促進・リフレッシュ・デトックスなどコリアンダーシード精油に期待されている働き、使用時の注意点などをご紹介します。

ブラックペッパー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

テーブルスパイスとしてポピュラーな存在である胡椒。同じ胡椒の果実を原料としていますが、未熟うちに収穫し乾燥させたものがブラックペッパー(黒胡椒)となります。精油はホワイトペッパーやグリーンペッパーからも若干製造されていますが採油量が多いこと・芳香が強いことからブラックペッパーが最もポピュラーで、香辛料よりも更に刺激的な香りが特徴です。また「温める」ということに優れた働きを持つ精油と称されており、心を刺激しやる気を高めたり、血行を促して冷え性の軽減をサポートする働きも期待されていますよ。そのほか消化機能サポート・風邪やインフルエンザ予防などブラックペッパー精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

カルダモン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本ではガラムマサラやカレーなどインド料理に使うスパイスというイメージの強いカルダモン。ユーカリとレモンを合わせたような清涼感をベースに甘さ・苦さ・渋さ・カンファーが入り混じった芳醇で複雑な芳香を持つため「高貴な香り」と称されています。精油成分としては神経バランス調整作用があるとされる酢酸テルピニルや鎮静効果を持つ酢酸リナリルなどを含むことが特徴で、気持ちのバランスを整えてくれる・頭脳を刺激し頭をスッキリとさせるとも言われています。加温作用(体を温める作用)や利尿作用があるとも言われていますし、抗菌作用を持つ成分も多いので風邪予防にも役立ってくれるでしょう。そのほかカルダモンに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

プチグレン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油です。スイートオレンジやレモン、マンダリンもしくはタンジェリンなどの樹の葉から採油された精油も“プチグレン”と総称されることがありますが、成分比率が異なるため注意が必要。ビターオレンジを原料とするプチグレン精油は、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含んだ香りが特徴。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれるため鎮静と高揚の両作用から精神面をサポートしてくれるでしょう。そのほか自律神経を整える・不眠を軽減する・胃腸機能をサポートする・デオドラントほかプチグレン精油に期待される作用や効果、使用時の注意点をご紹介します。

タンジェリン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タンジェリンはマンダリンと植物としてはほぼ同一とされていますが、精油としてはマンダリンよりも優しい「みかん」という印象の香りを持つことが特徴。精油成分としてはリモネン含有率が高く、リラックス・神経疲労緩和などメンタルサポートにも効果が期待されています。お腹の不調、特にストレス性の胃痛・便秘・下痢・食欲不振にも効果が期待できるでしょう。またマッサージオイルとして利用することで血行促進作用を発揮し、末端冷え性などの改善にも役立つと考えられています。クセの少ない爽やかな柑橘系の香りなので、場所やシュチュエーションを選ばず利用できるもの嬉しいところですね。そのほかタンジェリン精油に期待される作用や、光毒性など使用時の注意点をご紹介します。

ヤロウ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

古くから薬草として利用されてきた歴史を持ち、ギリシャ神話の英雄アキレスにちなんだ学名を持つヤロウ。精油はカモミールジャーマンのような濃い青色が特徴的で、アズレン誘導体(カマズレン)による抗炎症作用が期待できることから皮膚トラブル緩和・スキンケア用としても注目されています。スパイシーさを含む薬草っぽい香りには鎮静・高揚両作用があるとされており、精神を整える・直感力を高めるとも言われています。また女性ホルモンのバランスを整える働きから月経トラブルや生理前の不調に用いられる他、感染症予防やむくみ軽減などにも肌広く取り入れられているヤロウ精油について、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介しています。

ベルガモット精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

紅茶の香りとしても親しみのあるベルガモット。300種類以上の化合物が含まれていると言われており、柑橘系精油の中で高い鎮静作用を持つとされる「酢酸リナリル」を唯一含むことも注目されています。香りはフローラル感のある優しい柑橘系で、好き嫌いが少ないとされる柑橘系の中でもオレンジスイートと並んで人気が高い精油ですよ。ベルガモットの精油は鎮静作用・高揚作用を併せ持ち、イライラや欲求不満・ストレス・抑鬱・無気力など幅広い精神面の不調にも取り入れられています。そのほか消化器系の不調緩和や風邪予防・スキンケアまで様々なことに利用されているベルガモット精油期待される作用や、皮膚使用時の刺激や光毒性についてなど使用時の注意点もご紹介します。

スターアニス(八角)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スターアニスは中華料理のスパイスとしてよく利用される八角の別名で、アニスに似た甘さとスパイシーさが入り混じった香りが特徴の精油です。主成分であり甘い香りのもとでもあるトランス-アネトールは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つと考えられているため、月経痛や月経不順・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調緩和に効果が期待されています。そのほか心を刺激し元気を与えてくれるとともに鎮静作用のあるピネンも含む事からメンタル面のサポートに、アネトールとリモネンの働きから胃腸機能サポートに、などスターアニス精油に期待されている働き・妊娠中の使用や皮膚利用についてなどの注意点をまとめてご紹介します。

Sponsored Link