便秘

2/3ページ

【アロマ】コリアンダーシード精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

カレーのスパイスとしても知られるコリアンダー。コリアンダーシード(果実)を原料とする精油は甘くスパイシーな香りが特徴で、スパイス系精油の中ではクセがなく使いやすい存在です。鎮静作用を持つリナロールが主成分のため、気持ちの落ち込みを軽減したり不眠対策、消化機能系の不調全般に効果が

【アロマ】ブラックペッパー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

胡椒の実を未熟うちに収穫し乾燥させたブラックペッパー(黒胡椒)。スパイスとしてもお馴染みの存在ですし、抽出された精油は香辛料よりも更に刺激的な香りを持つ香料としても使われています。ドライで刺激的な香りは心を刺激して集中力・やる気を高めたり、血行す働きが期待されていますよ。心身共に

【アロマ】カルダモン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系をスパイシーにしたよう複雑かつ爽やかな香りを持つカルダモン。紀元前から香料・生薬として人々に愛されてきた歴史があり、現在もリラックス効果や1,8-シネオールによる抗菌作用が期待されています。伝統的に消化器サポートに使用されてきたハーブのため胃腸サポートに良いという声もあり

【アロマ】プチグレン精油
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

【アロマ】タンジェリン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

タンジェリンは日本の「みかん」と似た果物で、精油もみかんに似た甘さと爽やかさを併せ持った柑橘系の香りです。精油成分としてはリモネンの含有率が高いことから、気持ちを落ち着かせたり血液循環を整えるサポートにも役立つのではないかと考えられています。そのほか安眠サポートや消化機能

【アロマ】ヤロウ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ヤロウはカモミールジャーマンと同じくアズレン誘導体(カマズレン)を含む濃い青色をしていることが特徴で、抗アレルギー作用・抗炎症作用や皮膚組織再生促進作用など皮膚ケアに役立つ可能性があると注目されています。香りはスパイシーを含んだ濃厚なハーバル調で、重い印象があるので好き嫌いが

【アロマ】ベルガモット精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

柑橘系の爽やかさとフローラル感の混じった、柔らかく上品な香りを持つベルガモット。紅茶アールグレイの香りとしても有名ですね。柑橘類精油では唯一“酢酸リナリル”を含んでおり、精神や神経バランスを整える働きに優れた精油としても注目されています。そのほか消化器トラブル緩和、抗菌・抗ウィルス

【アロマ】スターアニス(八角)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

中華料理のスパイス“八角”とも呼ばれるスターアニス。精油は漢方シロップのような甘くスパイシー香りが特徵で、主成分はトランスアネトール。消化器系のサポートが得意とされているほか、気持ちを高揚させたりリラックスさせる働きがあると言う説も。またアネトールは女性ホルモン(エストロゲン)に似