便秘一覧

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香味野菜や香辛料、着色料として和食を支える存在でもある紫蘇(シソ)。日本を代表する和精油・国産アロマの1つとして注目される精油はリモネンを含むことから精神安定やリラックス効果が期待されています。またシソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液の分泌を促進し食欲を出させる働きがあり、リモネンと相乗して胃腸機能向上

パセリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

野菜としては独特の香りから嫌われることも多いパセリ。種子から採油された精油(パセリシードオイル)は葉の香りよりも温かさのあるスパイシーな香りが特徴とされています。若干の刺激性・毒性があるためアロマテラピーで用いられることはほとんどありませんが、オーデコロンを始めとした芳香用品に利用されています。また古代エジプトでパセリは利尿薬として用いられていたとも言われており、パセリシードの精油も高い利尿作用を持つと考えられています。そのほか駆風・緩下作用などから便秘・むくみの改善、デトックスに用いられることもあります。精神面に対しては鎮静やクールダウンに有効と考えられていますし、女性ホルモン様作用があるという説もあり女性の美容・健康サポートに

柚子/ユズ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柚子は日本人との関わりが深い柑橘類で、古くは邪気を払う果物と考えられていました。現在も冬至に柚子湯に入る風習が残っていますね。和精油の一つであるユズ精油は、好き嫌いが少なくTPOを選ばすに香らせられる存在。成分としてもリモネンの含有量が高く、鎮静作用を持つシトラールや森林浴・強壮効果があるα-ピネンなども含まれているためリラックスや精神安定に役立つと考えられています。また血行促進を持つとされる成分の含有が多く、冷え性の軽減や風邪予防・ケアなどに、ほっと安らぐ爽やかな香りと体を温めてくれる働きが期待できることからバスオイルとしても用いられています。そのほか柚子精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパイスとしても独特の芳香を持つアニスシード。精油も同系統の甘い香りがあり、柑橘系やスパイス系の香りと相性も良いのでブレンドオイルにもよく使われています。昆虫忌避作用があるので天然成分の防虫剤としても重宝しますよ。アニスも他スパイス系精油と同様にお腹の張りや便秘ケアなど消化器系のサポートが得意な精油とされていますし、鎮静・高揚の両作用からメンタルバランスを整える働きも期待されています。また女性ホルモン様作用を持つとされる「トランスアネトール」を含むため、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性もあると考えられています。そのほかアニスシード精油に期待される作用、使用時の注意点などをご紹介します。

ヒソップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれつと考えられています。名前の由来や聖書に登場することなどから神聖なハーブとして大切にされてきました。中世では教会でストローイング・ハーブとして使われ厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。成分的にも去痰・作粘液溶・殺菌作用があると考えられるため、空気浄化や呼吸器系の不調全般に用いられています。また行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待されていますよ。そのほかヒソップ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

オポパナックス/スイートミルラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはミルラ(没薬)の近縁種にあたる樹木の樹脂を原料とする精油です。別名「スイートミルラ」とも呼ばれるようにミルラと似た香り・性質を持つと考えられ、古くは宗教儀式などで聖なる薫香として扱われていたという説もありますよ。ミルラと似ていると称されますがミルラよりもシャープやさ薬っぽさの少ないマイルドな香りが特徴で、柔らかく甘みのある香りからオリエンタル調の香水などにもよく用いられています。作用についてもミルラと同じく殺菌消毒作用から風邪予防や口臭・口腔・歯茎のトラブル緩和などなどに役立つと考えられています。そのほか精神面への働きかけや肌に対する効果など、オポパナックス精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

パチュリー/パチョリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー精油。マドンナが愛した香りとしても知られ、保留性の長さから香水にも利用されています。精油の働きとしては気持ちを落ち着ける働きがあるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。生理前の食欲、イライラ食い対策にも良さそうですね。またスキンケア面においても柔らかくハリのある肌に導くとされいるほか、殺癬・抗菌・抗真菌作用などで広い皮膚トラブル対策に役立つ精油として注目されています。そのほかパリュリー(パチョリ)精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ナツメグ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

甘さやロースト感のある香りを持ち、ハンバーグなどに使う香辛料としてもお馴染みのナツメグ。アーユルヴェーダや漢方では生薬としても用いられている存在で、古代エジプトで既に利用されていたとも言われています。精油もスパイスと同様に若干のムスク感を含んだ甘くスパイシーな香りで、便秘や腹部膨満感緩和など胃腸機能のサポートに優れた働きが期待されています。体を温める働きがあるほか女性ホルモン(エストロゲン)様作用・精神面への刺激作用があることから、女性領域での不調軽減などにも取り入れられていますよ。そのほか風邪予防・リフレッシュなどナツメグ精油に期待される作用や、皮膚刺激性・高濃度での使用における副作用についてなど使用時の注意点もご紹介します。

Sponsored Link