便秘一覧

紫蘇/シソ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

香味野菜や香辛料、着色料として和食を支える存在でもある紫蘇(シソ)。日本を代表する和精油・国産アロマの1つとして注目される精油はリモネンを含むことから精神安定やリラックス効果が期待されています。またシソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液の分泌を促進し食欲を出させる働きがあり、リモネンと相乗して胃腸機能向上

パセリシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

野菜としては独特の香りから嫌われることも多いパセリですが、種子から採油された精油(パセリシード)葉の香りよりも温かさのあるスパイシーな香りを持ちます。精神面に対しては鎮静やクールダウンに有効と考えられていますし、高い利尿作用をはじめ、駆風、緩下作用などから便秘・むくみの改善、デトックス用としても利用

柚子/ユズ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

柚子は海外でも「Yuzu」と呼ばれているほど、日本人との関わりが深い柑橘系。親しみある柚子の香りの精油はリモネンの含有量が高く、鎮静作用を持つシトラールや森林浴・強壮効果があるα-ピネンなども含まれているためリラックスや精神安定に役立ちます。また血行促進による冷え解消や便秘改善、風邪予防や症状ケアにも役立つと

アニス/アニシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

独特の甘い芳香を持つアニシード精油。消化器系のサポートに高い効果が期待され、お腹の張りや便秘ケアにも役立つとされています。また精神に対しては鎮静と高揚と両作用を持つと考えられており、ストレス性の不調軽減効果が期待出来るでしょう。そのほか女性ホルモン様作用を持つとされる「トランスアネトール」を含むため、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性の心と体の不調サポートに繋がる可能性も

ヒソップ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りは鎮静作用があり、心を癒し前向きさを取り戻す手助けをしてくれつと考えられています。名前の由来が「聖なるハーブ」を意味する言葉であるとされること・聖書に登場することなどから神聖なハーブとして大切にされてきました。中世では教会でストローイング・ハーブとして使われ厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。成分的にも去痰・作粘液溶・殺菌作用があると考えられるため、空気浄化や呼吸器系の不調全般に用いられています。また行促進・利尿作用から冷え性の改善やむくみの改善にも効果が期待されている精油です。グリーン調の香りを含む精油との相性が良いので

オポパナックス/スイートミルラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはミルラ(没薬)の近縁種にあたるカンラン科の樹木の樹脂から採油される精油で、別名「スイートミルラ」とも呼ばれるようにミルラとよく似た香り・性質を持つと考えられています。ミルラと同じく精神面でも鎮静と高揚の両作用からストレス性の不調や心の疲労などや、消化器系サポートに効果が期待されています。また抗菌・抗真菌・消毒作用から口腔や歯茎トラブル、ニキビや水虫(白癬)などの皮膚感染症にも

パチュリー/パチョリのアロマ(精油):効果効能紹介

マドンナが愛した香りとしても知られるパチュリーは精神状態を落ち着け、リンパの巡りを整える働きが期待出来ます。また「食欲抑制」作用がありダイエット中の方や生理前の食欲、イライラ食いをしてしまう方の強い味方。スキンケアに万能で柔らかくハリのある肌に導く他、殺癬・抗菌・抗真菌作用などで皮膚トラブルの大半を

ナツメグのアロマ(精油):効果効能紹介

アーユルヴェーダや漢方で生薬としても用いられているナツメグ。甘さをもちムスク感のある香りは胃腸への働きかけに優れており、便秘や腹部膨満感緩和にも用いられます。体を温める働きがあるほか女性ホルモン(エストロゲン)様作用があるため女性の不調にも効果が期待。精神面には刺激作用があり、リフレッシュや神経疲労

Sponsored Link