便秘

1/3ページ

紫蘇/シソ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

紫蘇(シソ)は香味野菜や着色料として使われる日本を代表するハーブの一つ。和精油・国産アロマの1つとしても注目されており、リモネンを含むことからリラックス効果が期待されているほか、シソ独特の香りの元「ペリルアルデヒド」は胃液分泌を促す働きをもつ可能性も報告されていますよ。共に抗菌作用

パセリシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

野菜としては嫌われることも多いパセリですが、種子から採油された精油(パセリシードオイル)は葉よりも温かみのあるスパイシーな香り。若干の刺激性・毒性があるためアロマテラピーで用いられることはほとんどありませんが、利尿作用や駆風・緩下作用が期待できることから便秘・むくみの改善

柚子/ユズ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユズ精油は馴染みある柚子そのままの香りで、好き嫌いが少なくTPOを選ばない存在です。成分としてもリモネンの含有量が高く、鎮静作用を持つシトラールや森林浴・強壮効果があるα-ピネンなども含まれているためリラックスや精神安定のサポートにも役立ってくれるでしょう。また冷え性の軽減や風邪予防

アニス/アニシード精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アニスシードの精油は甘くスパイシーな香りで、昆虫忌避作用があるので天然成分の防虫剤としても使われています。柑橘系やスパイス系の香りと相性がよく、ブレンド用としても重宝しますよ。お腹の張りや便秘ケアなど消化器系のサポートが得意されていますし、月経トラブルやPMS・更年期障害など女性

ヒソップ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒソップは和名ヤナギハッカというシソ科ハーブで、甘みのあるハッカのような香りが特徴。古くから神聖なハーブとして大切にされてきた存在で、厄除けや魔除けになるとも考えられていたことから「浄化のハーブ」とも呼ばれています。鎮静作用によって心を落ち着けてくれるほか、空気浄化や呼吸器系

オポパナックス/スイートミルラ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オポパナックスはカンラン科樹木の樹脂を原料とする精油でスイートミルラとも呼ばれていますが、香りとしてはミルラよりもシャープやさ薬っぽさの少ないことが特徴。柔らかい香りからオリエンタル調の香料にも使用されており、ミルラと同じく殺菌消毒作用から風邪予防や口臭・口腔・歯茎のトラブル緩和

【アロマ】パチュリー/パチョリ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

墨汁のようなとも称される独特なスモーキー調の香りから、好き嫌いがくっきり分かれるパチュリー(パチョリ)精油。精油は心を落ち着けるサポートに用いられるほか、リンパの巡りを整える・食欲抑制作用が期待できることからダイエット中のサポートにも取り入れられています。またスキンケア面において

【アロマ】ナツメグ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

甘くロースト感のある香りで肉と相性が良い香辛料、ナツメグ。精油もスパイスと同様に若干のムスク感を含んだ甘くスパイシーな香りで、便秘や腹部膨満感緩和など胃腸機能のサポートに優れた働きが期待されています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用が期待から女性領域のサポートに、精神面への刺激

1 3