アロマ・エッセンシャルオイル一覧

ラブラドルティ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラブラドルティは北米周辺が原産とされるツツジ科の樹木。呼び名は厳密には「Labrador Tea」で、ネイティブ・アメリカンの人々が煮出してお茶として飲んでいたことに由来しています。精油としては超が付くほどマイナーで、安全性・毒性等についてのデータがあまりなく解明されていない点も多い存在。ほろ苦さやスパイシーさを持つ個性的なハーブ調の香りですから、手作り香水を作る場合などには良いでしょうが、特に目的がない場合は利用を控えたほうが確実です。成分的に見た場合はα-ピネンなどモノテルペン炭化水素類の割合が高いため鎮静・リラックス効果や不眠症軽減、抗菌作用や抗ウィルス作用が期待できるから風邪・インフルエンザなどの感染症予防などに役立つ可能性

オレンジ・ビター精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

オレンジスイートとグレープフルーツオイルをブレンドしたような渋めの香りを持つオレンジビター(橙オイル)。果実を原料としたオレンジビターの他に花からはネロリ・葉や枝からはプチグレンも採油されますが、この2つと異なりオレンジビター精油はフロクマリン類による光毒性(光感作作用)が強いこと・毒性が指摘されるケトン類などを若干含むことから一般家庭での使用には適さないとされています。成分としてはリモネンが90%以上、加えて酢酸リナリルやリナロールも含まれるため鎮静効果が期待され、気持ちのバランスを整えるのではないかという説もあります。風邪やインフルエンザ予防にも役立つと考えられますが、デイリーに使用したい場合はオレンジスイートの方が適している

アジョワン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クミンやキャラウェイなどと同くセリ科のスパイスであり、アーユルヴェーダを代表するハーブの1つにも数えられるアジョワン。精油はスパイシーさとハーバルさを併せ持つな香りが特徴ですが、モチールなどのフェノール類含有が多く刺激性・毒性が高いと考えられるためアロマテラピーではほとんど用いられていません。しかしフェノール類は高い殺菌作用や抗真菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪やインフルエンザ予防として注目されている存在でもあります。また刺激・覚醒作用があるとされ、気持ちを高めたい時や前向きさを取り戻したい時のサポートに役立つという説もありますよ。そのほかアジョワン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ダグラスファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

北米が原産のベイマツから採油されるダグラスファーの精油は、レモンのような爽やかさを含む清々しい森の香りを持つ精油です。ピネン類が主成分であることから神経系や肉体面の疲労回復や強壮をサポートしてくれると考えられていますし、仕事中のリフレッシュとして嗅ぐことで集中力を高める働きも期待できます。またα-ピネンは免疫機能賦活作用が報告されている成分でもありますし、ダグラスファーには抗菌・抗ウィルス作用を持つ成分も多く含まれているため風邪などの感染症予防・空気浄化にも役立ってくれるでしょう。そのほか血行促進作用による冷え性改善などダグラスファー精油に期待されている働きや、使用時の注意点・オススメのブレンドなどをご紹介します。

タイム・チモール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・チモールはコモンタイムが原料であり、チモール(Thymol)を多く含むケモタイプ精油です。フェノール類を多く含むことから皮膚刺激性・肝毒性があるので取扱に注意が必要とされておりポピュラーではありませんが、高い殺菌・抗菌作用を持つと考えられることから“強力な抗感染剤”として用いられることもあります。またタイムを濃縮したような重い香りで、チモールやパラシメンなどの働きから筋肉・関節などの痛みを軽減にも役立つのではないかという説もあります。精神面のサポートや皮膚利用に用いられることはほぼなく、風邪の流行が気になる時期に一時的に使われることが多いようです。そのほかタイム・チモールの精油についてや、使用時の禁忌・注意点をご紹介します。

タイム・パラシメン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・パラシメンはコモンタイムを原料とし、モノテルペン炭化水素類のパラシメン(P-シメン/p-サイメン)を多く含むケモタイプ精油。香りとしてはシトラス様の甘さ・爽やかさが特徴とされていますが、フェノール類(チモール、カルバクロール)の含有が高く皮膚を刺激する可能性があるため使用には注意が必要な精油の一つでもあります。ただし特徴成分であるパラシメンには鎮痛作用や抗リウマチ作用が、チモールなどのフェノール類には殺菌作用や抗ウィルス作用が期待されている成分でもあります。このため風邪やインフルエンザ対策や関節痛などの軽減に役立つという見解もありますよ。そのほかタイム・パラシメン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイム・ツヤノール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ツヤノールはツヤノールという成分を多く含むタイムのケモタイプ精油です。ミントのような爽やかさとほのかな甘さのある香りが特徴で、刺激性・毒性が強いとされるフェノール類をほとんど含まないためタイム系統の中では扱いやすい精油と言えるでしょう。ツヤノールを筆頭に抗感染症作用や免疫強壮作用などが期待されるモノテルペンアルコール類の含有が高いことから風邪やインフルエンザの予防に効果が期待されています。爽やかな香りはリフレッシュやメンタルサポートにも役立ちますし、肝臓強壮による二日酔い軽減や疲労回復に良いという説もあります。そのほかタイム・ツヤノール精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイム・ゲラニオール精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイム・ゲラニオールはモノテルペンアルコール類のゲラニオールを多く含むタイムのケモタイプ精油。酢酸ゲラニルやリナロールなども含まれており、ハーバル感が強いタイム系精油にはめぐらしく薔薇を連想させるフローラル調の香りが特徴です。ゲラニオールや酢酸ゲラニルなどの含有が高いため鎮静・抗不安作用など精神面のサポートに優れた働きを持つと考えられていますし、女性領域でのサポートも期待されています。また抗菌・抗ウィルス作用を持つと考えられるため風邪などの感染症予防に有効とされ、フェノール類をほとんど含まないことから刺激が低く皮膚利用も可能な精油とされています。そのほかタイム・ゲラニオール精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link