アロマ・エッセンシャルオイル一覧

オレンジ・スイート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

果物でもお馴染みの、甘酸っぱくジューシーなオレンジの香りを楽しめるオレンジスイートの精油。柑橘系精油の中でも特に好き嫌いが少なく、お子様にも利用できることから、精油の中でもラベンダーと並んで高い人気を誇っています。精油成分の大半はリモネンであり、リラックスしたい時や安眠のサポートに優れた存在と考えられています。またリモネンには消化器系の活動を促す働きがあるとされていますし、抗菌・抗ウィルス作用から風邪やインフルエンザなど感染症予防・血行促進作用から冷え性軽減などにも効果が期待されています。そのほかスキンケアやヘアケアにも用いられるオレンジスイート精油に期待される作用や、皮膚刺激や光毒性など使用時の注意点もご紹介します。

真正ラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ハーブとしても定番であり、アロマテラピーが出来るきっかけになったとも言われるラベンダー。近縁種にはスパイクラベンダーやラバンジンなどもありますが、ハーブとしては真正ラベンダー(Lavandula offinalis)が最も広く用いられています。精油は酢酸リナリルやリナロールなどを含むため、鎮静作用や抗不安・抗うつ作用が期待されています。優れたリラックス効果から安眠サポートとしても用いらるほか、肌を柔らかく潤いある状態へ整えるエモリエント成分としてスキンケアにも取り入れられています。そのほか鎮痛・消化器促進・抗炎症作用・殺菌・免疫力強化など真正ラベンダー精油に期待される働きや、ハーブの紹介・オススメのブレンドについても紹介します。

イランイラン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

呼び名の由来が“花の中の花”とも言われるように、甘く濃厚な香りが特徴的なイランイラン。かつては「貧乏人のジャスミン」とも呼ばれていた時期もありますが、現在では華やかでセクシーかつブレンドしやすいことが高く評価されています。精油は同じ原料から分留されるため、エクストラもしくはスーペリアと呼ばれるものが最高ランク。鎮静・高揚両方の作用を持つため心のサポート役立つと考えられていますし、血行促進作用やホルモンバランス調整作用と合わせて生理痛・月経前症候群(PMS)・更年期障害など女性特有の不調軽減にも取り入れられていますよ。そのほか催淫作用についてやスキンケアへの活用など、イランイラン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

アンジェリカルート/アンジェリカシード精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

アンジェリカはヨーロッパで古くから用いられてきたセリ科ハーブで、日本では西洋当帰(ヨーロッパ当帰)とも呼ばれています。現在でもハーブティーなど様々な形で用いられていますが、精油の場合は「不安と力の精油」とも称され精神面の不調を緩和・解決に優れた存在と考えられています。ルートオイルはやや土っぽい香りですがストレスケアとして広く用いられており、自律神経のバランスを整える働きが期待されるため消化器系など肉体面の不調にも利用されています。そのほか女性ホルモンのバランスを整える作用や加温作用・利尿作用などから“女性の為の朝鮮人参”とも称されているアンジェリカとその精油について、期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link