ウッディー(樹木)系一覧

ローズウッド精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹

ローズウッドはバラに似た香りをもつクスノキ科の樹木。かつてギアナ(カイエンヌ)やブラジルでは精油を採るために大量伐採が行われ、現在は絶滅危惧される種としてワシントン条約の規制対象植物に認定されています。そのため精油は入手困難となっており、環境保護の観点からもホーリーフなどを代用することも増えています。ローズウッド精油の主成分はリナロールで、中枢神経に働きかけることで鎮静・高揚両作用をもたらし心のバランスを整えてくれると考えられています。そのためアロマテラピーではストレス性の不調全般に用いられることが多く、また香料としてやスキンケア用としても需要が高い存在です。また感染症予防や肌のエイジングケア・皮膚炎症のケアなど幅広い効果が期待され

カンファー・ホワイト/楠精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

カンファー系精油の中で毒性の心配が少ないとされるカンファー・ホワイト。日本人ではクスノキ精油として販売されることも多いよう。衣装箱の防虫剤「樟脳」をイメージされる場合もありますが、あの香りはナフタリンによるもの。天然物は染み透るような香りで、刺激と鎮静の両作用から精神面の様々な不調やストレス・心因性の身体の不調改善に役立つと考えられています。呼吸器系・循環器系への刺激作用があるとされ、鼻ずまり・咳・気管支炎などの呼吸器系の不調緩和や風邪のケアにも用いられています。また主成分であるカンファーは昆虫忌避作用が高いので、虫除けスプレーとしても役立ちますよ。そのほかカンファー・ホワイトに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・ディベス/ペパーミントユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・ディベスは別名ペパーミントユーカリとも呼ばれる通り、ペパーミントに似たマイルドさや甘さを感じさせる清涼感ある香りが特徴。樹木系の精油ですが香りとしてはハーブ系に近く、ユーカリの特徴成分とされる1,8シネオールはほとんど含まれていません。かわりにケトン類のピぺリトンやα-フェランドレンなどが含まれており、利尿効果や脂肪溶解作用が期待できるので、むくみ・セルライト解消用のマッサージにも用いられます。スッキリとした香りからリフレッシュにも役立ってくれますし、鎮咳・粘液溶解作用から咳や気管支炎をはじめ蓄膿症など呼吸器系トラブルの軽減にも利用されています。そのほかユーカリ・ディベスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・シトリオドラ /レモンユーカリ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・シトリオドラはレモンユーカリという別名のとおり、レモンに似た甘酸っぱさがあるハーブ系の香りが特徴の精油。ユーカリよりもレモングラスなどに近い印象で、成分としてもシトロネラールやシトロネロールが多く含まれています。このためユーカリ系の精油の中では珍しく鎮静・リラックス効果が期待されている精油でもあり、気持ちを落ち着けることが得意と考えられています。また抗菌・抗真菌・抗ウィルス作用が高いとされていますから、風邪予防や空気清浄用としても役立ってくれるでしょう。昆虫忌避性が高く、好き嫌いのない香りのため虫除けスプレーなどの用途でも人気があります。そのほかユーカリ・シトリオドラに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・ラディアータ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ系精油の中でグロブルスと並んでポピュラーに用いられているユーカリ・ラディアータ。成分構成や効果はグロブルスと似ていますが、香りと作用が穏やなため強い香りが苦手な方、お子様・お年寄りがいる場合にも選ばれることの多い精油です。1,8-シネオールやモノテルペンアルコール類を含むため抗菌・抗ウィルス作用が高いと考えらますから、風邪やインフルエンザ予防に役立ってくれるでしょう。抗炎症作用や免疫系への働きかけが期待できることから、花粉症対策としても注目されています。スキンケア・アロマバスにもよく利用され、傷や火傷・虫刺されのケアなどにも用いられます。そのほかユーカリ・ラディアータに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・グロブルス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・グロブルスは約15種類あるとされるユーカリ系精油の中でも最もポピュラーとされる存在。去痰・鎮咳作用や抗炎症作用が期待される1,8-シネオールを多く含むことから、風邪や花粉症などによる鼻・喉の不調や炎症のケアに多く取り入れられています。風邪予防にも繋がるでしょう。また意識をハッキリと冴えさせ集中力を高める・冷静な思考を取り戻すなど働きも期待できるので活動時の香りとしても適しているでしょう。抗炎症作用から虫刺されやニキビ・湿疹等などのケアにも有効とされていますし、タバコ臭の消臭にも役立つので空気浄化を兼ねたルームアロマとしても活用されています。そのほかユーカリ・グロブルスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

サイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキに似た軽めで爽やかさのある森林系の香りから、ウッディー系の中でも特に好き嫌いが少ないと言われるサイプレスの精油。精油成分としてもα-ピネン含有量が高めのため、香りを嗅ぐことで森林浴状態を作り出しリラックスやリフレッシュに役立ちます。ストレスケアやメンタルサポートに役立つと考えられていますし、セロドールという成分には不眠改善に有効性も示唆されています。また女性ホルモンのバランスを整える・循環系を整える作用などから女性のお悩みの軽減にも広く利用され、セルライト対策やダイエットにも取り入れられています。そのほか呼吸器系ケアやデオドラントなどサイプレス精油に期待されている作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・バージニアン/レッドシダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッドバージニアは名前に“シダー”と付くものの、マツ科ではなくヒノキ科に分類される樹木を原料とした精油です。香りはややバルサミック感のあるヒノキと言った印象で、温かみのある香りは心を落ち着けさせ安心感を与えてくれるとも言われています。肉体面に関してはリンパの流れを良くする働き・利尿作用が期待できることからむくみ改善やセルライトケアなどに取り入れられています。女性ホルモン(エストロゲン)様作用を持つとされるため妊娠中などの使用は出来ませんが、殺菌消毒作用や昆虫忌避作用に優れることからハウスキーピングにも広く用いられています。そのほかシダーウッドバージニア/レッドシダー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link