ウッディー(樹木)系一覧

ヒノキ/檜の精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本人にはお風呂や高級建材としてもお馴染みのヒノキ(檜/桧)。精油もどこか懐かしさを感じるような親しみのある木の香りで、芳香商品が苦手な男性やお年寄りにも受け入れられやすい存在とも言われています。成分的にも森林浴効果やリラックス・強壮作用が期待されるαピネンを主成分とするため、ストレス対策としてやリラックス用として優れた働きが期待されています。また血行促進や鬱滞除去作用から女性に多い冷え性・むくみなどの緩和に、防ダニ・抗アレルギー作用からお部屋を綺麗に保つ手助けなど、幅広く活用できる精油と言えるでしょう。そのほか肌・頭皮のケアなどにも利用されているヒノキ精油に期待される様々な働きや、使用時の注意点などをご紹介します。

パインニードル/スコッチパイン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パインは松類全般を指す言葉ですが、精油の場合は単に「パイン」と呼ばれるものはスコッチ・パインを原料としたものを指すのが一般的で、針葉から抽出された精油であることを示すためパイン・ニードルと呼ばれることもあります。スコッチパイン精油はフレッシュでドライな森の香りを持ち、α-ピネンやリモネンの含有が多いことから呼吸器系のケアや風邪予防に有効と考えられています。また刺激作用や強壮作用があり疲れた心のサポートに、肉体面では冷え性の緩和や肩こり・神経痛の緩和などにも用いられています。近年は優れた抗炎症作用を持つ精油として皮膚トラブル軽減用としても注目されています。そのほかスコッチパイン精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

プチグレン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油です。スイートオレンジやレモン、マンダリンもしくはタンジェリンなどの樹の葉から採油された精油も“プチグレン”と総称されることがありますが、成分比率が異なるため注意が必要。ビターオレンジを原料とするプチグレン精油は、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含んだ香りが特徴酢酸リナリルやリナロールが多く含まれるため鎮静と高揚の両作用から精神面をサポートしてくれるでしょう。そのほか自律神経を整える・不眠を軽減する・胃腸機能をサポートする・デオドラントほかプチグレン精油に期待される作用や効果、使用時の注意点をご紹介します。

ティーツリー(ティートリー)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ティートリーはテルピネン-4-オールや1.8-シネオールなどの抗菌・抗ウイルス成分を多く含み、免疫力向上作用もあることから風邪やインフルエンザの予防に有用な精油とされています。加えてニキビ・傷・水虫・真菌性皮膚炎などあらゆる皮膚トラブルのケアにも有効とされていますし、花粉症対策やデオドラント(消臭)剤などにも

Sponsored Link