ウッディー(樹木)系

5/6ページ

【アロマ】シダーウッド・アトラス/ホワイトシダー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

別名ホワイトシダーとも呼ばれているシダーウッド・アトラス。精油はサンダルウッドをライトにしたような甘めのウッディーの香りですが、ややドライで男性的な印象。ストレス対策や安眠サポートなどに取り入れられている他、リンパの流れを良くする働きが期待されるためむくみ対策・セルライトケア

【アロマ】マートル精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

マートルは地中海沿岸地域が原産の、ティートリーなどと同じフトモモ科に分類される樹木です。精油はユーカリに似た爽やかさをベースに甘酸っぱさを含んだマイルドな香りで、作用も穏やかであることから広く利用されています。成分的にはα-ピネンや1,8-シネオールなどが多く、優れた消毒・抗菌作用が

【アロマ】カユプテ精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

カユプテは近縁種であるティーツリーやニアウリと同様に優れた消毒・抗菌作用が期待され、近年は花粉症の症状軽減などアレルギー対策としても注目される精油。爽やかさの中にフルーティー感のある香りは、お部屋の空気浄化や風邪予防として焚いても違和感が少なくいことも魅力。そのほか鎮痛作用に

【アロマ】ニアウリ・シネオール精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

ニアウリはティートリーなどと同じくフトモモ科メラレウカ属に分類される樹木で、精油で最もポピュラーなのは“ニアウリ・シネオール”と呼ばれる1,8-シネオールを多く含むもの。甘さを含んだ軽めの印象の香りで作用も穏やかなことが特徴とされ、風邪予防や鼻炎・喘息・気管支炎など呼吸器系の不調軽減に

【アロマ】ジュニパーベリー精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

さっぱりとしたウッディ系の香りから、ユニセックスな印象もあるジュニパー精油。古くは肉体や精神を浄化するハーブとして活用されてきた植物でもあり、現在でも抗菌作用など消毒薬の代替え品としての働きが研究されていますよ。そのほか体液循環をサポートする精油としてデトックスや痩身サポート

【アロマ】ヒノキ(檜/桧)精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

日本人にとってはお風呂や寺社を思い出させるようなヒノキの香り。古くから優れた木材として重用されてきた植物で、馴染みの深い日本人にとっては静かで落ち着く印象のある香りでもありますね。成分面からも精神・神経のサポートに役立つと考えられています。空気浄化や防虫、疲労回復やむくみ

【アロマ】パインニードル/スコッチパイン精油
-植物の特徴・期待される効果効能とは?

スコッチ・パインの針葉を原料とした「パインニードル」は、ドライな森の香りを持つ精油。α-ピネンやリモネン含有率がく、リラックス効果や風邪予防・呼吸器系トラブルの軽減が期待できる香りとして用いられてます。近年は優れた抗炎症作用を持つ可能性がある精油としても期待されていますが

【アロマ】プチグレン精油
-植物の特徴・精油に期待される効果効能とは?

プチグレンはビターオレンジの枝葉から抽出された精油。酢酸リナリルやリナロールが多く含まれており、ウッディーさの中に爽やかなフローラル感を含む香りが特徴です。心のバランスを整えるのが得意な精油と考えられ、自律神経の乱れや不眠の軽減にも効果が期待されていますよ。ちなみに他柑橘類の枝

1 5 6