消臭一覧

ヒバ/アスナロ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バ精油は建材の青森ヒバなどでも馴染みのある、ヒノキ科アスナロ属樹木を原料とした和の精油。近年は「ヒノキチオール」という精油成分に幅広い抗菌作用があること・毒性が低いことが報告されたことで、食品や化粧品などにも添加されています。お部屋の空気や水回りの環境を清潔に整える働きが期待できますし、昆虫忌避作用も認められていますのでご家庭でも天然の抗菌・消臭・防虫剤として役立ってくれるでしょう。カビが気になる時期にもオススメです。檜に似たフレッシュな印象がある森林系の香りはTOPを選ばすに使用しやすく、心の緊張や疲労を軽減する働きも期待されていますよ。そのほかヒバ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

和ハッカ/コーンミント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本のハーブの一つである和薄荷(ハッカ)。日本ではペパーミント・スペアミントと並んで“3大ミント”と呼ばれるほどメジャーな存在で、コーンミントやクールミントと呼ばれることもあります。和ハッカの特徴と言えるのがミント類の中でも特にスッキリとした清涼感で、その元となる精油成分l-メントールの含有率が高いことからリフレッシュ・眠気覚ましなどにも活用されています。近年はヒンヤリと感じる冷感作用から暑さ対策グッズにも活用されていますね。また体臭対策・防虫効果なども期待できることから、夏場に嬉しい精油・和アロマの一つとしても注目されています。そのほか和ハッカについてや、精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シルバーファー/ヨーロッパモミ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

森の爽やかさと温かみのあるバルサム感を含む、落ち着いた印象の香りを持つシルバーファー。リフレッシュやリラックス・神経強壮などメンタル面のサポートに優れた存在とされている他、抗菌・抗ウィルス・去痰・鎮咳作用などもあるため風邪やインフルエンザ予防、呼吸器系の不調緩和などにも利用されています。ルームフレグランスを兼ねた消臭剤や防虫剤代わりとして使うのもおすすめです、そのほかシルバーファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します

ホーリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ホーリーフ精油はクスノキの仲間の「芳樟(ホウショウ)」という樹木の葉から採油される精油で、リナロールによるフローラルな香りが特徴の精油。近年大量伐採により減少しているローズウッドと成分が近く代用品になること、また葉が原料で木を伐採しなくても良いことから環境保護の面でも注目されています。リナロール含有量が高いためローズウッドと同様に精神安定・リラックス・リフレッシュなどメンタル面のサポートに優れた存在であると考えられており、抗菌・抗真菌・抗ウイルス作用による感染症予防や抗炎症効果なども期待されています。そのほかスキンケア用としても注目されるホーリーフ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・ラディアータ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ系精油の中でグロブルスと並んでポピュラーに用いられているユーカリ・ラディアータ。成分構成や効果はグロブルスと似ていますが、香りと作用が穏やなため強い香りが苦手な方、お子様・お年寄りがいる場合にも選ばれることの多い精油です。1,8-シネオールやモノテルペンアルコール類を含むため抗菌・抗ウィルス作用が高いと考えらますから、風邪やインフルエンザ予防に役立ってくれるでしょう。抗炎症作用や免疫系への働きかけが期待できることから、花粉症対策としても注目されています。スキンケア・アロマバスにもよく利用され、傷や火傷・虫刺されのケアなどにも用いられます。そのほかユーカリ・ラディアータに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ユーカリ・グロブルス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ユーカリ・グロブルスは約15種類あるとされるユーカリ系精油の中でも最もポピュラーとされる存在。去痰・鎮咳作用や抗炎症作用が期待される1,8-シネオールを多く含むことから、風邪や花粉症などによる鼻・喉の不調や炎症のケアに多く取り入れられています。風邪予防にも繋がるでしょう。また意識をハッキリと冴えさせ集中力を高める・冷静な思考を取り戻すなど働きも期待できるので活動時の香りとしても適しているでしょう。抗炎症作用から虫刺されやニキビ・湿疹等などのケアにも有効とされていますし、タバコ臭の消臭にも役立つので空気浄化を兼ねたルームアロマとしても活用されています。そのほかユーカリ・グロブルスに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

サイプレス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ヒノキに似た軽めで爽やかさのある森林系の香りから、ウッディー系の中でも特に好き嫌いが少ないと言われるサイプレスの精油。精油成分としてもα-ピネン含有量が高めのため、香りを嗅ぐことで森林浴状態を作り出しリラックスやリフレッシュに役立ちます。ストレスケアやメンタルサポートに役立つと考えられていますし、セロドールという成分には不眠改善に有効性も示唆されています。また女性ホルモンのバランスを整える・循環系を整える作用などから女性のお悩みの軽減にも広く利用され、セルライト対策やダイエットにも取り入れられています。そのほか呼吸器系ケアやデオドラントなどサイプレス精油に期待されている作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ジュニパーベリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ジュニパーはセイヨウネズと呼ばれるヒノキ科樹木で、葉や実などが香料原料として利用されています。ジュニパーベリーの場合は実を原料としていますが、ヒノキに似たライトで甘いウッディー系の香りが特徴です。古代から精神の浄化作用があると考えられ薫香として用いられてきた存在であり、精油もまた心と体を浄化してくれると考えられています。働きとしても気持ちを整えたり負の感情をリセットする効果が期待されていますし、尿・発汗・解毒・老廃物排出促進作用を持つとしてデトックス用としても利用される機会が多いのだとか。そのほか脂性肌・にきび・毛穴の詰まりなどスキンケア面でも利用されている、ジュニパーベリーの精油に期待される働きや使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link