だるさ解消情報集~D長屋~

不定愁訴? 自律神経? なかなか分かってもらえない辛い「だるさ」「重さ」を解消するための体質改善情報

「 精神安定 」 一覧

レモンバーベナ(Lemon Verbena)

レモンバーベナのアロマ(精油):効果効能紹介

「レモンの香り」香料として用いられることの多いレモンバーベナは柑橘系に似た甘みのある香りが特徴です。鎮静作用から副交感神経を活発化させ、ストレス症状の緩和や精神・神経疲労の回復に役立つほか、リフレッシュ・高揚作用、血液やリンパ循環促進から冷えやむくみの解消、消化器系補助、風邪などの感染症予防と幅広く

ベチバー(Vetiver)

ベチバーのアロマ(精油):効果効能紹介

ベチバーの精油は安静のオイル」「静寂のオイル」とも呼ばれるほど高い鎮静効果があり、緊張やストレスで張り詰めた精神や、傷ついた心を癒すことに優れています。心と体両方への強壮作用があり、血行促進や軽い通経作用・貧血予防など女性に嬉しい働きが沢山ありますし、免疫強化にも役立ちます。めまいや疲労感などだるさ

ローズオットー(Rose otto)

ローズ・オットーのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズ・オットーは精神への鎮静効果が高く、肉体面には免疫調整作用や強脾・強肝作用などがるとされ花粉症対策にも効果が期待させています。女性ホルモン調整作用もあり、PMS、更年期障害、月経不順などにも用いられます。水蒸気蒸留のためスキンケア用としても安心感があり、肌タイプを選ばずベストな状態に整えてくれる

ローズアブソリュート(Rose Absolute)

ローズ・アブソリュートのアロマ(精油):効果効能紹介

ローズアブソリュートは鎮静・高揚の両作用があり精神面への働きに優れていることから、心を癒す精油としてアロマテラピーでも用いられます。厳密に言えば精油ではありませんが、溶剤抽出法のため香りは濃厚で催淫や記憶力向上にも効果が期待。ホルモンバランスの調整作用や子宮の強壮作用など、女性領域でも支持を得ている

マンダリン(Mandarin)

マンダリンのアロマ(精油):効果効能紹介

作用が穏やかで、フローラルさの混じった甘い柑橘系の香りが心地よいマンダリン。交感神経を鎮静させることで精神疲労やストレス緩和に役立ちます。消化器系への働きを助ける作用もあるため、リラックス効果と相乗して特にストレス性の胃腸トラブルに有効。血行促進や鬱滞除去作用からむくみ・妊娠線・セルライトマッサージにも

ヤロウ(Yarrow)

ヤロウ精油
アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ギリシャ神話の英雄アキレスにちなんだ学名を持つヤロウ。精油の持つ香りには鎮静・高揚両作用から感情バランスを整える、直感力を高めるとも言われています。また女性ホルモンのバランスを整える働きから月経トラブルや生理前の不調に、感染症予防・消化機能亢進・むくみ改善などにも。カマズレンを含み皮膚トラブル緩和に

クラリセージのアロマ(精油):効果効能紹介

ワインの香り付けにも利用される甘みのある香りのクラリセージ。優れた鎮静作用と高揚作用で精神を安定させたり元気づけてくれ、不眠解消にも役立つ精油です。またエストロゲンと似た構造を持つ「スクラレオール」を含み子宮強壮やホルモンバランス調整にも役立つため女性特有の様々な不調にも利用出来ます。鎮痛や皮脂分泌

ベルガモット(Bergamot)

ベルガモットのアロマ(精油):効果効能紹介

オレンジ・スイートと並ぶ高好感度の香り「ベルガモット」は高い鎮静作用を持つ酢酸リナリルを含む唯一の柑橘系精油。鎮静作用・高揚作用を併せ持ち、イライラや欲求不満・ストレス・抑鬱・無気力など幅広い精神面の不調に有効とされています。またリモネンの働きから消化器系の不調緩和から風邪などの感染症対策にも良いと