リラックス一覧

ホワイトチャンパカ/マグノリア精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ホワイトチャンパカ(マグノリア)はシャンパンを連想させる、フルーティーフローラル系の香りから香料として人気のある植物。アロマテラピーなどの自然療法で使われることは少なく、何らかの効果を期待してよりも心地よい香りを楽しむために使われています。使用データが少ないため作用については分かっていませんが、精油成分ではリナロールが多いことからストレス対策にも繋がると考えられています。そのほかホワイトチャンパカ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

パロサント精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

パロサントは浄化作用を持つ「聖なる木」とも称され、ホワイトセージと同様にスピリチュアルな方面でも人気がある中南米原産の樹木。精油は甘めのウッディー調の中に、柑橘系に似た爽やかさを含むことが特徴とされています。フランキンセンスと同科ですし、イメージも似た所がありますね。精油成分としてはリモネンが主成分のためリラックス効果や、風邪予防などに役立つと考えられていますよ。そのほかパロサント精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シラントロ/コリアンダーリーフ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シラントロやコリアンダーリーフとも呼ばれる、タイ料理などでもお馴染みのパクチーから抽出された精油。パクチーと言えば別名“カメムシソウ”とも呼ばれる独特の芳香がありますが、精油はパクチーよりも柔らかく柑橘系っぽさを含む爽やかな香りが楽しめます。精油の歴史が新しくアロマテラピーでは利用されていませんが、モノテルペンアルコール類のリナロールを含むことからストレス軽減やリラックスに役立つのではないかと考えられています。近年はデセナールなどいくつかの精油成分に有害物質・化学物質の解毒や排泄を促す作用を持つ可能性があることも報告され注目されています。そのほかコリアンダーリーフの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ホーリーバジル/トゥルシー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

インドの伝統医術アーユルヴェーダで用いられるハーブとしてや、神聖なハーブ・万能のハーブとして紹介されることもあるホーリーバジル。近年はストレスへの抵抗力を高めてくれるアダプトゲンの一つとしても注目されているハーブの一つで、精油もストレスへの抵抗力を高める働きが期待されています。重めのハーバル調と称される香りですが、主成分はオイゲノールでクローブに似た甘さとスパイシーさを含むことも特徴的です。オイゲノールの働きから消化機能系のトラブル軽減や風邪予防、歯痛・頭痛・関節炎などの痛み緩和にも効果が期待されています。そのほか抗菌・抗カビ作用などホーリーバジル精油に期待される働きや、皮膚刺激性など使用時の注意点についてもご紹介します。

モミ(トドマツ)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年“和精油”の一つとして注目されているモミ精油。モミは狭義で学名Abies firmaを指しますが、精油として流通しているのは北海道に分布しているトドマツを原料としたものが多くなっています。トドマツ精油は軽いカンファー感のある爽やかな森の香りで、ボルニルアセテート(酢酸ボルニル)・α-ピネン・リモネンなどが含まれているためリラックスや安眠サポートにも役立つと考えられていますよ。また抗菌作用を持つ成分を多く含むため風邪やインフルエンザなどの感染症予防に、抗炎症作用を持つカンフェンを含むことから呼吸器系の不調軽減にも効果が期待されています。そのほかモミ(トドマツ)精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ロベージ/ラベージ/ラベッジルート精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロベージは日本ではあまり馴染みのないものの、ヨーロッパでは広く用いられているセリ科ハーブの一つ。葉・茎・種・根とほぼ全てがハーブもしくは野菜として利用でき、古代ギリシア・ローマ時代から利用されていたこのが分かっています。中世には媚薬の原料に使われたため愛のパセリ(Love Parsley)とも呼ばれているんだとか。ロベージの根を原料とするラベッジルート精油はアンジェリカなどに似た重く甘いハーバル調の香りで、鎮静作用や消化器系のサポートに優れた働きを持つと考えられています。そのほかフタライド類を多く含むため抗色素沈着作用・美白効果なども期待されているロベージ精油や成分についてや、使用時の注意・禁忌などをご紹介します。

バルサムペルー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサム・ペルーの精油はバニラを連想させる温かく甘い香りが特徴的。南米原産でバルサムトルーの近縁種Myroxylon balsamum var.pereiraeという樹木の樹脂が原料とされ、香料以外にバルサムペルー樹脂から抽出される精油もしくは抽出物はヨーロッパで傷やかぶれ用の軟膏にも使われています。トルーバルサムよりも甘くお菓子っぽい香りがありますが、同様に消毒・去痰・抗炎症作用などがあると考えられていますよ。ただし接触性アレルギーを起こしやすいことが指摘されている精油でもありますから、使用には注意が必要です。そのほかバルサムペルーの精油に期待される精神面や肌のケアに対しての働き、使用時の注意点をご紹介します。

コウヤマキ(高野槇)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

日本の航空会社がファーストクラスで使用した事が報じられたこともあり、国産精油として注目されているコウヤマキ(高野槙/高野槇)。和歌山県にある真言宗の総本山“高野山”の周辺に多く生えていることが名前の由来とされており、イチョウとともに生きた化石と称される植物でもあります。精油は枝葉から採油されるので木を切り倒す必要はありませんが、採油率が低いので貴重な存在。香りは樹木系経由の中でもシャープな印象で、心身をリラックスさせてくれる働きが期待されていますよ。そのほかストレス性の胃腸トラブルや循環不良改善・免疫力サポートや風邪予防についてなど、コウヤマキ精油に期待される作用や使用時の注意点・精油のブレンド例をご紹介します。

Sponsored Link