ニキビ一覧

バルサムコパイバ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

バルサムコパイバは南米・熱帯地域に自生する樹木。南アメリカで生活していたインディオ達は古くから貴重な薬用植物として木の中心部にある樹液を利用しており、「天然の秘薬(万能薬)」や「アマゾンの秘宝」とも呼ばています。コパイバの樹脂を原料とした精油は甘めのウッディーさに、胡椒のようなスパーシーさを含む香りが特徴。主成分であるカリオフィレンには抗炎症作用を持つ可能性も報告されていますよ。そのほかコパイバについてや、精油に期待される作用・使用時の注意点などをご紹介します。

レモンマートル精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レモンマートルはユーカリやティートリーと同じく、オーストラリア原産のフトモモ科樹木です。精油はレモンを感じさせるフレッシュな柑橘系の香りが特徴で、シトラール含有率が90%以上と全精油類トップクラス。スッキリとした香りはリフレッシュ用としても活躍してくれますし、リラックスタイムにも活用できますよ。高い抗菌作用や抗炎症・免疫力調整効果なども期待されています。そのほかレモンマートルについてや、その精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ロザリーナ/ラベンダーティトリー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ロザリーナはオーストラリア原産のフトモモ科メラレウカ属を原料とし、ラベンダーに似た香りを持つティーツリーの近縁種のため「ラベンダーティートリー」とも呼ばれています。成分的には鎮静・抗不安作用を持つリナロールと、抗菌・抗ウイルス作用・抗炎症作用・免疫調整作用を持つとされる1.8-シネオールが多く含まれており、リラックスとしてのほか風邪予防にも役立つと考えられています。そのほかロザリーナ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ホワイトバーチ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

白樺エキスが血行促進・老廃物排泄促進に役立つとしてセルライトマッサージオイルなどに配合されたことでホワイトバーチの精油も注目されています。セルライトケアに適しているのは若芽から採油された精油ですが、流通しているものは木部から抽出した天然タールを蒸留したもの。サリチル酸メチルを含むため鎮痛に役立つ反面、注意が必要

バイオレット/スミレ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

西洋ではローズやラベンダーと並ぶ香料として親しまれきた歴史を持つバイオレット(ニオイスミレ)。古くから花の香りによる鎮静効果も知られており、興奮を落ち着けるときや就寝用としても古くから利用されてきたのだとか。花から香りを抽出したバイオレッドアブソリュートは採油量が少なく高級ですし、アブソリュートですのでアロマテラピーとして用いられることは少ない存在。しかし優れた鎮静作用が期待されており、ストレス・怒り・イライラなどの軽減や不眠対策に役立つと考えられています。また穏やかな鎮痛作用や利尿・発汗・循環器系刺激作用からむくみや血行不良・冷え性などに有効とする説もあるバイオレット精油についてや、使用時の注意点などをご紹介します。

ラベンサラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ラベンサラは学名Ravensara aromaticaというマダガスカル固有植物で葉を原料とする精油で、アニスに似た甘さを含むややスパイシーな香りが特徴とされています。長い間ラヴィンサラと混同されてきた歴史があり、名称の混同があったために精油成分・働きについてはまだ曖昧な部分もありますが、鎮静作用・リラックス効果が期待できると考えられています。またリモネンやテルピネン4オールなど抗菌・抗ウィルス作用のある成分を含んでいるため、風邪やインフルエンザなど感染症の予防に高い効果が期待出来されています。そのほかに鎮痛や筋肉の痙攣を抑える働きなど、ラベンサラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

ウインターグリーン精油/冬緑油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

ウインターグリーンは英名チェッカーベリー・和名ヒメコウジとも呼ばれるツツジ科の植物。古くから原産地の人々は鎮痛薬や解熱剤として利用されており、葉や実からは湿布の成分として用いられているサリチル酸メチルが抽出されています。甘さのある消毒液っぽい香りを持つ精油(冬緑油)も、サリチル酸メチルが主成分のためアスピリン様作用=抗炎症・解熱鎮痛を持つと考えられています。そのため痛みの緩和、特に筋肉痛や神経痛の緩和をはじめ、むくみケアなど痩身用としても注目されていますよ。しかし毒性・刺激性が高く、長時間の芳香浴や高濃度での使用は厳禁。そんな取り扱いが難しいウインターグリーン精油ですが、期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

リツエアクベバ/メイチャン精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

リツェアクベバは和名はアオモジ(青文字)というクスノキ科の樹木を原料とする精油で、メイチャンやチャイニーズペッパーなど様々な呼称で呼ばれています。精油は果実から採油され、レモングラスに似たサッパリとした香りが特徴。成分的にはシトラールに加えネラール・ゲラニオール・リモネンなどが含まれているため鎮静と刺激(高揚)の両方の作用を持つと考えられています。ストレス・精神面の不快感サポートに用いられているほか、消化不良・腹部膨満感などの消化器系、風邪予防や気管支炎などの呼吸器系ケアなど幅広い働きが期待されている精油でもあります。そのほか消臭効果についてなどリツェアクベバ精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link