フレンチラベンダー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

花穂の先端にウサギの耳ような二つの花びらがあることが特徴のフレンチラベンダーは、スパニッシュラベンダーや学名からストエカスラベンダーなどとも呼ばれるラベンダーの近縁種。精油はカンファー感のあるハーバルな香りが特徴ですが、神経毒性のあるケトン類を多く含むため取扱の難しい精油でもあります。ただしケトン類による殺菌・抗菌作用や、粘液溶解や去痰作用などが期待できることから風邪・呼吸器トラブルに効果が期待されています。脂肪溶解作用が期待できることからダイエットに役立つ可能性がある精油としても注目されています。そのほかフレンチラベンダー精油に期待されている働きや、オススメのブレンド・使用時の注意点などをご紹介します。

レモンタイム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

名前の通りレモンのような爽やかな香りを持つタイムの仲間、レモンタイム。精油もレモンとタイムを合わせたようなハーバルで優しい香りがあり、コモンタイム類よりもチモール・カルバクロールなどフェノール類の含有率が低いことから作用も穏やかであると考えられています。柔らかくスッキリした香りはリフレッシュやリラックスを手助けしてくれると考えられていますし、抗菌作用や抗炎症作用が期待できる1.8-シネオールやシトラールを含むため風邪予防や呼吸器系の不調緩和にも有効と考えられています。神経強壮や消化器サポートに良いとする説もありますよ。そのほかレモンタイム精油に期待される働きやオススメのブレンド、使用時の注意点などをご紹介します。

チャンパカ(金香木)アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

エキゾチックで甘い香りを持つチャンパカアブソリュート。原料は原産地であるインドなどでは「神聖な木」として大切にされてきた樹木であるキンコウボク(金香木/金厚朴)の花。“世界一高価な香水”『Joy』に用いられたことで香水産業で注目されるきっかけであったとも言われる通り、高価なアブソリュートのためアロマテラピーでは使われていません。しかしリナロールを含んだ華やかな香りはメンタル面のサポートにも役立つとされ、ストレス対策や気持ちの落ち込み軽減をサポートしてくれると考えられています。女性特有の不調にも役立ってくれる可能性もあるでしょう。そのほかチャンパカ・アブソリュートに期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シダーウッド・テキサス精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シダーウッド・テキサスはアメリカ大陸に自生するヒノキ科ビャクシン属の樹木。シダーウッドととは呼ばれているもののヒマラヤスギ(Cedrus)属のホワイトシダーよりもジュニパーに近い存在。精油はバルサミックかつやや甘みのあるウッディーな香りが特徴で、シダーウッド・バージニアンの代替品として使われていることもあります。鎮静作用によるストレス軽減効果や、去痰・粘液溶解作用などによる呼吸器トラブルの緩和が期待されていますが、一般家庭での利用は避けた方が良いという見解もあるほど刺激が強い精油でもあるため注意が必要です。そのほかシダーウッド・テキサス精油に期待される作用についてやブレンドしやすい精油、使用時の注意点などをご紹介します。

シベリアモミ/シベリアンファー精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シベリアモミは名前の通りシベリア原産のモミ属樹木。殺菌作用の高さからロシアでは冬場の風邪予防などに飾られており“伝統療法の万能薬”とも呼ばれているのだとか。精油はカンファー感がありファー系精油の中でも特にスッキリとした香りがありますよ。成分的には他モミ系精油と同様にα-ピネンやリモネンを多く含むことからメンタルバランスを整える働きが期待されており、抗菌作用や免疫力亢進作用が期待できることから風邪・インフルエンザ予防にも役立つと考えられています。血行促進作用を持つ成分も多いので、疲労回復や冷え性軽減にも効果が期待できるでしょう。そのほかシベリアンファー精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

イニュラ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

イニュラはハーブとして使われるエレキャンペーンの近縁種で、デイジーに似た黄色い花が特徴的な植物。精油はカンファー感の強め、かつフローラル感のある奥行きのある香りがあります。日本ではあまりポピュラーな精油ではありませんがアロマテラピーにおいて最も強い粘液溶解作用を持つとも言われており、花粉症対策効果が期待できる精油として近年少しずつ日本でもイニュラの注目度が高まっています。抗菌・抗ウィルス作用なども期待できるので風邪予防としても役立ってくれるでしょう。香りの印象に反して鎮静作用があると考えられているのでストレス対策にも取り入れられていますよ。そのほかイニュラ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

シナモンバーク精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

シナモンリーフよりも甘みがあり、スパイスの“シナモン”に近い香りを持つシナモンバーク。アルデヒド濃度が高いこと・長期間の継続利用で毒性(肝機能障害)の危険があるクマリン類を含んでいることから使用に注意が必要な精油とされていますが、気持ちを高揚させて前向きさややる気を取り戻す手助けをしてくれると考えられています。またシナモンリーフと同様に血行を促し体を温める働き・消化機能をサポートする働きなども期待されていますが、デイリー使いには適していません。ブレンド用としてごく少量加えたり、香水作りなどに活用して下さい。そのほか抗菌・抗カビ特性についてなど、シナモンバーク精油に期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

キンモクセイ・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

秋の風物詩の一つとも言われる金木犀と近い、どこかノスタルジックな甘くスパイシーな香りを持つキンモクセイアブソリュート。あまり流通しておらずアロマテラピーでもほぼ用いられませんが、親しみやすい香りの香料として愛されています。成分的にもリナロールやゲラニオールが含まれていることから鎮静・抗うつ・抗不安などの働きが期待されており、芳香を楽しむことで皮膚に対する抗炎症作用が期待できるという説もあるようです。また食欲を促す物質(オレキシン)を減少させる・香りを嗅いだマウスに体重減少が見られたという報告もあることからダイエットサポートにも注目されています。そのほかキンモクセイについてや、期待される作用や使用時の注意点などについてもご紹介します。

Sponsored Link