フランジュパニ(プルメリア)・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

フランジュパニは別名“プルメリア”とも呼ばれ、ジャスミンに似た甘くフローラルな香りを持つ熱帯の植物。アブソリュートはより濃密な、南国を連想するような濃厚なフローラル調で、リラックスタイムの演出や香水作りなどに役立ちます。アロマテラピーなどではほとんど利用されませんが、ネロリドールやリナロールなどを含むことから鎮静・リラックス効果や、女性ホルモンのバランスを整える働きなども期待されていますよ。冷所で保存すると固形化する可能性がありますが、ブレンドしやすい香りでもあるのでフローラル系の香りが好きな方には自分へのご褒美として楽しんでみて下さい。そのほかフランジュパニに期待される作用や使用時の注意点などもご紹介します。

タジェット(マリーゴールド)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タジェットは通常マリーゴールドとも呼ばれている、Tagetes(コウオウソウ)属の植物の総称。精油の原料としても何種類かが利用されていますが、日本ではメキシカンマリーゴールド(Tagetes minuta)から抽出されたものが多く使われています。タジェット精油はハーブ調の中に柑橘系に似たフルーティーさを含む濃厚な香りが特徴。作用が強く皮膚感作性や光毒性(光感作性)があるため取扱が難しい精油とされていますが、鎮静作用によるストレス軽減・タコや魚の目のケアなどに取り入れられています。伝統的に殺虫剤として用いられていた事もあり虫除け効果も期待されていますよ。そのほかタジェット精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

カーネーション・アブソリュートアロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

母の日に贈る花として馴染み深く、恋愛運アップに良いとも言われるカーネーション。香料は水蒸気蒸留の精油ではなく、溶剤抽出したアブソリュートが使われています。甘みのあるフローラル感・クローブのようなスパイシー感・草のようなグリーン感を併せ持つ濃厚な香りは香料として高く評価されていますよ。採油率が低いため入手困難かつ高価であり、アブソリュートということもありアロマテラピーでは基本的には使用されていません。芳醇で温かみのある香りはストレス軽減やリラックスに良いという説もありますが、フレグランス作りがメインと言える存在です。そのほかカーネンションアブソリュートに期待される働きや、使用時の注意点などについてもご紹介しています。

カヤ(榧)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

近年和アロマの一つとして注目される榧(カヤ)の精油。木部ではなく果実から抽出されているため柑橘系のスッキリとした香りで、かつ持続性が比較的長いことが特徴です。主成分も柑橘系精油に多く見られるリモネンで、α-ピネンの含有量も多いことから鎮静作用やリラックス効果などメンタル面のサポートにも役立つのではないかと考えられています。爽やかな香りはリフレッシュやルームフレグランスとして空間演出にも役立ちますし、抗菌作用を保つ成分が多いため空気浄化にも繋がるでしょう。また成分的に見て消化器系のサポートや血行促進・風邪予防などにも期待出来るという説もありますよ。そのほかカヤ精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

タイムマストキナ/スパニッシュマジョラム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

タイムの仲間ですが、一般的なタイムより甘さのあるハーバルかつスパイシーな香りが特徴のタイムマストキナ。スペインが原産であり、マジョラムに近い香りがすることからスパニッシュマジョラムとも呼ばれています。日本ではあまり一般的ではありませんが、欧米では口腔洗浄剤やルームリフレッシュナーとしても用いられていますよ。成分的に見ても1.8シネオールが多く含まれているため抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待され、風邪予防や呼吸器系トラブル軽減用に役立つと考えられています。爽やかな香りは気分のリフレッシュにも役立ってくれるでしょう。そのほかタイムマストキナの精油に期待される作用や、使用時の注意点などをご紹介します。

レーバントスタイラックス(蘇合香)精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

レーバントスタイラックスは小アジアが原産の、フウ属の樹木から分泌される樹液を原料とした精油。蘇合香と呼ばれることもあります。ハチミツを連想させるような甘くアンバーな香りを持ち、香りが長く続くことから香料・揮発保留剤としても用いられています。マイナーな精油であり、医学的なデータはもちろんのことアロマテラピーでもほとんど利用されていません。伝統的に呼吸器系トラブル軽減に用いられてきた、その香りからリラックス効果があると言われていますが根拠は曖昧です。手作りの芳香剤や香水作りなど「香りを楽しむ」ために利用するようにしましょう。そのほかレーバントスタイラックスについてや使用時の注意点・オススメのブレンドなどをご紹介します。

スパニッシュセージ/ラベンダーセージ精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

スパニッシュセージは別名ラベンダーセージとも呼ばれていますが、ラベンダー調と聞いてイメージする香りというよりは清涼感が強くローズマリーなどに近い香りを持つことが特徴。また芳香関係ではスパニッシュセージをラベンダーセージと呼ぶことが多いですが、園芸植物としては花の形状がラベンダーに似ている“Salvia cv. Indigo Spires”のことを指すのが一般的のため注意が必要です。精油は1,8-シネオールとカンファーの含有量が高いことが特徴で、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用が期待できる精油として空気清浄・風邪予防にも活用されていますよ。そのほかスパニッシュセージの精油に期待される作用や使用時の注意点などをご紹介します。

トルーバルサム精油アロマ・エッセンシャルオイルと期待される効果効能紹介

クローブ・シナモン・バニラを合わせてスモークしたようなとも称される、独特かつ複雑な甘く香ばしい香りを持つトルーバルサム。日本ではマイナーな精油ですが、欧米では抗菌・抗真菌性が注目されてこともあり、石鹸などにも使われているようです。甘く陶酔感がある香りはリラックスタイムの演出やブレンド用として適していますし、瞑想用として用いられることもありますよ。また抗菌・抗真菌作用や皮膚の治癒を促す働きがあるとして皮膚軟膏やヘアケア商品の原料に使われることもありますが、感作性(アレルギー誘発性)があるため使用には注意が必要な精油でもあります。そのほかトルーバルサムについてや、精油に期待されている作用・使用時の注意点などをご紹介します。

Sponsored Link